某月某月「長野、新潟県境・雨飾山の伝説」


長野、新潟県境・雨飾山の伝説



この山は雨や天をまつる山の意だともいわれています。山頂は双耳
峰で、北峰には、石仏が4体とつぶれた石の祠が新潟県向きになら
んで建っています。


江戸後期に、長野県小谷村中土で山頂に十三仏を担ぎ上げたという
話があり、その古文書も発見されています。


十三仏を担ぎ上げたその時、すでにいまの祠があったというから相
当古い祠であること以外、何をまつった祠かなど詳しくは不明です。


先の古文書のもうひとつに「雨錺(かざり)山蘇鉄ガ岩洞の縁起」
というのもあります。


この「蘇鉄が岩屋」という洞窟は奈良時代、行基菩薩がこもって修
行したところという。


中谷集落の人たちはその洞窟を探しに行ったことがあるという。そ
して難行苦難の末、岩屋を見つけたいう。


しかしいまではその場所はどこにあるのか、地元の人も詳細は不明
なのだそうです。
・新潟県糸魚川市と長野県小谷村との境。



▼「イラスト」と説明文をどうぞ↓
http://toki.moo.jp/merumaga/uusangac/uusangac03.html






★おわり
………………………………………………………………………………
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )
« 山の伝承『日... 山里はいかい... »
 
コメント
 
コメントはありません。
コメントを投稿する
ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。
 
この記事のトラックバック Ping-URL
 


ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません
 
※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。