某月某日「奥多摩石尾根・将門の馬場」


▼某月某日「奥多摩石尾根・将門の馬場」

 

【概略】
奥多摩町棚沢、峰畑、城地区には将門神社があり、とくに棚沢には

「将門」という地名もあります。

埼玉県秩父地方の伝説では、生き残った将門の一族が奥多摩方面に

移住、子孫が繁栄していったとしています。

そのせいか、奥多摩の最高峰雲取山から東へJR奥多摩駅まで伸び

る石尾根には、将門にちなむ地名がならんでいます。

将門七部将が化石になった姿とされる七ツ石山からつづく鷹ノ巣山

東方に(将門の)城山があり、となりには「将門の馬場」というと

ころもあります。

登山道は山頂を通らずいつの間にか過ぎてしまいますが、いわれて

みればなるほど馬場だったかと思わせる平坦な地形です。

「承平・天慶の乱」平貞盛・藤原秀郷の連合軍に討たれるまで、常

に一緒だったという6人の影武者とともに、この地で馬術のけいこ

に励んだのでしょうか。
……【さらには】→
 http://toki.moo.jp/merumaga/yamatabi/yamatabi03.html

 

…………………………………

 

 

【広告】
…………………………………
★【ヤマケイ新書】『日本百霊山』(山と渓谷社)税込950円。書店
 にないときはご注文を。アマゾンなら確実に入手できます。
 詳しくは:http://toki.moo.jp/baiten/mybooks/
★【仕事部屋】へどうぞ: http://toki.moo.jp/tacoroom/
★【マイブックス】:http://toki.moo.jp/baiten/mybooks/
★【山岳はがき画の会】:http://toki.moo.jp/haga-kai/
★【グッズマイショップ】:https://suzuri.jp/toki-umoart
…………………………………

 


★おわり
………………………………………………………………………………

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )
« 某月某日「東... 某月某日「神... »
 
コメント
 
コメントはありません。
コメントを投稿する
ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。
 
この記事のトラックバック Ping-URL
 


ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません
 
※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。