某月某日山旅漫歩゚「房総・高宕山の天狗面」

某月某日「房総・高宕山の天狗面」

 

房総の九十九谷が一望できる高宕山。その山頂直下の観音堂にはち
ょっと変わった天狗面が飾ってあります。


この面は山の名から似通った京都の、天狗で有名な愛宕山と関係が
ある山だからともいいます。


ここはかつて源頼朝が石橋山の戦いで敗れて逃れ来て、その再起と
武運長久を祈願したところだとされています。


のち、源頼朝が鎌倉に幕府を開いて源氏再興がかなえられると、黄
金の観音像をここに奉納したという伝説もあります。


きょう下界は正月の準備で忙しい大みそか。家族連れで、山の中の
テントで正月を迎えようと出かけました。ザックの中の正月料理が
重い。


観音堂の日だまりはまるで別世界。ここは遊歩道にもなっていて、
近ごろの子供は勇気があるのかヘビを見たことがないのか妙な立て
札が建っています。


だれもいない静かな境内に、岩肌からしたたる水の音だけが響いて
いました。

 

▼恐れ入りますが、コメント頂ける時は下記【本文】ご参照をお願
いします。


▼「イラスト」と説明文は下記からどうぞ。
http://toki.moo.jp/merumaga/yamatabi/yamatabi02.html

 


…………………………………

 

 

【広告】
…………………………………
★【ヤマケイ新書】『日本百霊山』(山と渓谷社)税込950円。書店
 にないときはご注文を。アマゾンなら確実に入手できます。
 詳しくは:http://toki.moo.jp/mybooks/
★【仕事部屋】へどうぞ: http://toki.moo.jp/tacoroom/
★【マイブックス】のページ: http://toki.moo.jp/mybooks/
★【山のはがき画の会】へお誘い:http://toki.moo.jp/haga-kai/
★【グッズマイショップ】:https://suzuri.jp/toki-umoart
…………………………………

 


★おわり
………………………………………………………………………………

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )
« 某月某日 山旅... 山岳伝承はが... »
 
コメント
 
コメントはありません。
コメントを投稿する
ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。
 
この記事のトラックバック Ping-URL
 


ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません
 
※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。