こぶちっ子の天天向上

平々凡々の日常生活の中にも日々の活動、眼にふれたこと、体験したこと等を日記として記録しています。

漢詩(李白)

2017-03-19 19:25:36 | 学?

今日は図書館で、昨日の漢詩講座で学んだ「李白」の本を読みましたわ~

その「李白」代表作品でとてもロマンチックな漢詩を読みました。

タイトル:酒を飲みながら月に問う

翻訳:青空に月というものがあらわれてからどの位年月がたるのであろうか 私は今、盃を運ぶ手を止めて月に尋ねてみたい 

人間が月までよじ登ることはできないが、つきの動きはいつも人間についてくる 夕方の月は白く澄んで、空飛ぶ鏡が朱塗りの宮殿の前にのぞむように 緑色の靄が消えつくしたとき、清らかな光が生ずる 春の宵の口に海上から昇って来るのは見えるが、夜明けに雲の中へ沈んで、それからどのようになるかは誰も知らない 月の中では白い兎が春と秋を繰り返しながら、いつまでの薬をつしている コウガ(不老長寿の薬を飲んで地上に戻れなくなった月の伝説の女性)は一人住まい 誰と付き合っているのだろうか。 現代人は昔の月を見られないが今照る月は、かつて昔の人をてらしたのだ

昔の人も今の人も流れるように去ってしまえば二度と帰らない ただ、人間は昔も今も、私がこうして眺めているように誰もが明月を眺めたのだ。私の願いはただ一つ、音楽に耳を傾けつつ酒を飲むとき、月光がいつも黄金の酒壺の中に差し込んでいてほしいということだ

飛鏡=月 丹闕(たんけつ)=夕焼雲 孤棲(こせい)=一人住まい 対酒当歌=歌を聴きながら酒を飲む・・・対酒当歌、人生幾何ぞ、例えば朝霧のように

 

李白のこの漢詩を読みなんともロマンチックな男性を想像しました。750年から800年の時代に活躍した人です。このロマンチックな男性は家族は無視して生きたようです。

 

 

ジャンル:
おもしろい
コメント (1)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 漢詩講座 | トップ | 春爛漫の薬師池公園 »
最近の画像もっと見る

1 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
初めまして! (鼓けいすけ)
2017-03-20 22:11:05
十年前は、元気でしたが、脳内出血を発症しました物がうんともすんとも、駄目でした。(中略)パソコンで検索して下さい。「鼓けいすけのブログ。」をやっています。僕は、短歌を詠んでます。稚拙ですが、…宜しくお願いします。月曜日から金曜日までブログ更新をやっています。宜しくお願いします!!。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。