こぶちっ子の天天向上

平々凡々の日常生活の中にも日々の活動、眼にふれたこと、体験したこと等を日記として記録しています。楽しく元気に!

中国人が一度は行きたい日本

2016-09-19 21:13:00 | 旅行

今日はネットニュースで中国人が一度は行って見たい日本についての記事を読みましたわ~

その記事の内容:

10月1日から7日間、中国は国慶節。「どうして一生に一度は日本に行くべきなのか」という記事。日本には中国国内にいては見たり感じたりすることのできない事物が多数存在するという観点で「一生に一度は日本に行くべき」としている。

日本ならではのものは、「ごみ箱のない街」、「ゆるキャラ」、「田んぼアート」、「ドクターヘリ」、「メイドカフェ」、「神社」、「温泉の多さ」、「目薬の豊富さ」、「ディスペンパック」、「トイレ専用スリッパ」、「正方形のスイカ」、「タクシーの自動ドア」、「青木ヶ原樹海」、「大人なしで通学する小学生」、「足湯つき新幹線」。

純粋な観光名所と言えるものから、日常でありふれた光景など、バラエティに富んだ様々な物が取り上げられている。「ディスペンパック」は、アメリカンドッグなどを買うとついてくる、真ん中で折るとケチャップとマスタードが一緒に出てくる容器のことだ。子どもが保護者の付き添いなく自分たちだけで登校する光景が「日本に行くべき理由」の1つというのは、日本人からしてみると実に奇妙である。

日本を訪れた中国人観光客の感想にしっかりと耳を傾けることなのである。

 

以上の記事を読んで、日本人の私でさえどうしてこのようなことに興味を持つのかも理解できませんね。特に「トイレ専用スリッパ」は当然と思っているのですが。中国人からすれば家の中でも外履き用の靴ですごすからです。家にスリッパなどはありません。勿論、トイレ用のスリッパも無いんです。

「タクシーの自動ドア」中国では「手動」なんですよ。それも乗客がドアを開けるんです。

また、「大人なしで通学する小学生」は中国では当たり前のことなんです。

以前、北京へ旅行に行った際、小学校付近を通りかかった際、下校時に校門前ではお迎えの大人が勢ぞろいしていました。日本人の私からすればこのような様子は実に奇妙な出来事でした。この質問を北京人に質問したところ「これから学習塾に行くのでお迎えに来ています。また、人さらいに遭わないように保護を目的としてお迎えに大人が行くそうです

それぞれの国文化の違いにただだた驚いたこともありました。

 

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« よさこいRANBU! | トップ | OBの一言近況 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。