局の道楽日記

食道楽、着道楽、読書道楽  etc
生活色々を楽しんで暮らしている日々の記録です

男の子のバカは可愛いんだけどね…

2017-05-05 22:45:50 | 家族あれこれ(犬も含めて)
一昨日の朝、オットと朝食後のコーヒーを飲んでいるとき、珍しくドラ(息子)から家電がかかってきた。
慌てた声の彼曰く
「今、○君(孫ちん)が鼻の中にちっちゃいレゴいれちゃったんだ。今日これからM子のうちに出かけるんだけどさ、オヤジ、どうにかならないかな?」

なぬっ?!
一大事ではないか
オットに慌てて電話をかわると

状況を説明され、なにか指示しながら、
「えっ出てきたか、よかったなぁ」

固唾を飲んで聞いてた私もほっとしたが、次のオットの一言を聞いて

「よかったよかった 誉めてやれよ」

次の瞬間、怒ったワタクシ。

「そこで誉めてどーすんのよっ!またやったら困るでしょ!ここは叱らなきゃっ」

恐れをなしたのか、オット、
「じゃ、おまえ言えよ」と受話器を渡されたのだけど…

いずれにせよ大事にならずによかった。

しかし、鼻の中になぜ?

男の子ってのはどうして無目的にバカなことをやるのであろうか?

団地ともおってアニメにもなった漫画があり、私は結構愛読していたのだけど、あの無目的なバカさ加減てのは、男の子特有なもので、あの漫画の雰囲気は、団地とも子では成り立たないと思う。

漫画の登場人物や他人の子だったら、また男の子がバカやってるよ、でも可愛いなぁですむんだけど

はからずも、我が孫ちんも十分にともおの部分があることを知ってしまった。
分別がつくまで無事に育ってくれることを祈るわぁ
ジャンル:
ウェブログ
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 交流二つ | トップ | 雨模様の銀座で »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
団地ともこ (YUMAMA)
2017-05-07 12:03:12
お久しぶりでござます。
やっと残業地獄から抜け出し、会計係長とどっちがズル休みが多くとれるか競争しております( ̄∇ ̄)

鼻の穴にレゴブロックですかあ…あのイケメンくんが…クスって笑っていられない母心、わかります。

かつて、団地に住んでいたワタクシ、幼い妹の鼻が変形していることに気づき、なんかへんだよ、と言ったところ、母も父も大慌て。何やら詰まっている様子。どうやったのかわかりませんが、なんとか取り出したのは蜜柑のヘタ。しかし、まだなんだか様子がおかしい。嫌がる妹をねじ伏せて、取り出した蜜柑のヘタはなんと5個。

何故何を考えて蜜柑のヘタを毟り取り、鼻の穴に詰めたのか全くわからず。

母が「買い物に行くけど一緒に行く?」と聞いても絶対行かない!ときつく断るくせに、母が角を曲がって見えなくなると、団地中に響く声で泣きわめく妹についたあだ名が「暴れ牛サンチョ」(丑年3月生まれ)略して暴れサンチョでした。

まさしく団地ともこ、あらため団地サンチョでございましたな。面倒見なきゃならない姉としては笑えなかったけど
( ̄∇ ̄)

(しかして成長後、他の二人の姉妹は教職を取っても先生と呼ばれず、この人だけは教職も取ってないのに先生と呼ばれ、アメリカに自力で留学し、転職してはテレビでナビゲータを務めるスーパーウーマンでございます。昔は団地ともこだったくせに、今は美人で優秀なんぞと言われているちっとも似ていない妹ですが、団地ともおにも、団地ともこにも、開ける未来があるのかもしれませんぞ。おこぼれに期待しましょう!)
YUMAMAさん (朱鷺局)
2017-05-11 01:33:47
年度末の地獄のお勤め、無事に乗り切られて良かったですね。
これからはしっかり有休とって遊んでくださいっ!

そうですか、妹さんは団地ともこさんでしたか。
YUMAMA家の教養にあふれた美貌の姉妹にともこがいらしたとは・・・

まんざらともお ともこってのは多大なる好奇心から出る事象と考えれば
大物になる萌芽からなることかもしれませんね。

家のオットは、小学生の時に、ダルマ落としの下の輪っかの部分の穴に指を入れたら取れなくなって
そのまま小学校に行ったという過去があるそうです。
彼は大物じゃないですけど、曲がりなりにも人様のためにはなってますもんねぇwww

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。