おこげ二つ

 無印10%オフ週間ですね♪
 
 私はもともと、飯炊き鍋持ちなのですが、新米の時期に合わせたという「伊賀焼土鍋おこげ」が大小復活していました。
 というわけで新たに3合炊き、オフ週間を待たずに買ってしまいました。以前より持っている1.5合炊きとデザインは変わらず。

 この1.5合炊き、相変わらず一番!というほどに重宝しています。
 小さいから扱いが楽なのと、炊くのが簡単だということ。
 朝、炊き立てご飯を食べたいときは、30分前に起きて、トイレに行くついでに『ピピっとコンロ』で12~17分タイマーをセットして、また二度寝ができます笑。
 二合炊きの幸村めし鍋は「噴いてから12分」と火力調整が必要なので(『ピピっとコンロ』の「炊飯モード」では失敗する)、そうはいかない。

 焼きが甘く、端はそげるように何か所か欠けているけど、全然問題ないです。ヒビが貫通してぽたぽたコンロに滴ってしまった時期がありましたが、おかゆを炊いたら無事ふさがりました。その後もバリバリ使ってます。
 娘は小食だけど、さすがに三年の息子は食べるようになってきたので、1・5合だともう4人の食卓には足らなくなっています。だから3合炊きが復活することがあったら絶対買おうと決めていました。

 お弁当作りは最近、5合炊きライスポット(「炊飯モード」で上手に炊ける)では足りない日が多く、「5合鍋×2ラウンド」炊きなどやっていますが、3合炊きを買った今は、「5合鍋+3合おこげ」でちょうどいい日もあって、重宝しています。
 3合分を炊けるクリステルもあるけど、そちらは他の調理に必要なので、炊飯専用鍋が便利。三合炊きおこげは、中火で17分そのまま蒸らしておけばいい。5合以上炊く日は、飯を冷ますおひつが足らないので、炊いて蒸らし後、布巾を噛ませてそのままにしています。


 でも、正直、小さい1.5合炊きの方が美味しく炊ける気がします。
 3合だと、水分の飛びがいまいちで、なんだかべちゃっとするみたい。重たいし・・・
 以前書いたように、この鍋はおこげが分厚くできるので(焦げなくても底には分厚く硬い層が1センチほどの厚さでできてしまう)、自家消費には全然オッケーなのですが、お弁当に使用するには歩留まりが悪いんです。

 説明書にはおひつ代わりにもなると書いてはいますが、素焼きでないからちょっと無理がある。

 炊き立てすぐを食べるのがいいのかもしれません。三合炊きは、家族分もついでに握る、毎週日曜の息子の野球のおにぎりつくりにはちょうどいいです。


 

 この鍋敷きは日本の古いもの。大小揃いですごくかわいいでしょ。藁ではなく籐で編まれています。おこげ大小にピッタリです。キッチンカウンターにぶらぶらぶら下げています。
 まあ、トップ画像のように、おこげを大小同時に使うことはありませんけどね笑。
コメント ( 2 ) | Trackback ( 0 )
« 免疫力アップ... 朝日と冷え取り »
 
コメント
 
 
 
偶然です ()
2011-11-20 16:05:37
同じ日に、「おこげ」のアップしていました(笑)。
まだ「おこげ」のよさがたいしてわかっていない私ですが、工夫してみます。
 
 
 
春さん。 (toki-sapp)
2011-11-21 19:15:39
ああ、この記事を先に読んでいたら、春さん買わなかったかも・・・
おこげ、小さい方が美味しく炊ける気がします。
 
コメントを投稿する
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。
 
この記事のトラックバック Ping-URL
 
 
※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。