腕時計修理専門店・トゥールビヨン店主のブログです
腕時計の修理の詳細や腕時計のトリビア、店主の個人的な趣味の話などを気の向くままに書いております。
 



何か今日のブログのネタはないかと朝刊をパラパラめくっていると...


ドーン!と『007/スペクター』の広告が載ってました。

なになに?
今日10月5日はジェームズ・ボンドの日?

シリーズ1作目の『007/ドクター・ノオ』が53年前の10月5日にロンドンで初公開されたことから、この日を“GLOBAL JAMES BOND DAY”と定められたらしい。

シリーズ24作目となる最新作『007/スペクター』が12月4日に公開されるのに先立って、今夜20時56分頃に60秒本編映像が特別公開されるらしいが、これを見ちゃったら映画館で観た時のハラハラ・ワクワク感が薄れる気がするんじゃないかと思うのは店主だけか?


007シリーズ大好きです。

ま、ジェームズ・ボンドに憧れない男の子はいないわな。


歴代ボンドで一番好きな役者さんは初代のショーン・コネリーかなぁ...

ピアース・ブロスナンもスタイリッシュで良かったが。

いや、やっぱり店主のティーンエイジ心をがっしりと掴んだロジャー・ムーアだろうか。

飄々としていて、英国人特有のウイットに富んだ話し方や仕草が本当にMI6の工作員にいそうなタイプに思える。

この頃の007シリーズはちょっとコミカルなタッチで、ドラえもんの秘密道具よろしく毎回出てくるQの秘密兵器やボンドカーに一喜一憂した。

『007/私を愛したスパイ』と『007/ムーンレイカー』の2作にしか登場しないが、リチャード・キール演じる殺し屋ジョーズとのやり取りも好きだった。


今のダニエル・クレイグのボンドも良いんだが、派手なカーアクションや格闘シーンに重点が置かれているようで、ジェイソン・ボーンシリーズやミッション・インポッシブル、はたまたジェイソン・ステイサム、リーアム・ニーソンあたりの映画とカブってしまってるように思える。

もっと「そんなの出てくんの!?」と思わせるようなQの秘密兵器が見たいし、笑いの要素が欲しい。

ま、時代が違うのかなぁ...

笑えるスパイ映画となると完全に振り切った『ジョニー・イングリッシュ』や『ゲット・スマート』、『スパイキッズ』みたいになっちゃうもんな。


とにかく最新作の公開が待ち遠しい。

それと、ジェイソン・ボーンが新作の撮影に入ったと小耳に挟んだが、こちらも待ち遠しい限り。


では、修理品のご紹介。
こちら↓
オメガ シーマスター120 自動巻き

大阪府大東市在住のY様所有。
リュウズ交換、ケースパイプ交換、パッキン交換、防水検査を行いました。

2010年3月にOHさせていただきましたが、今回はリュウズがねじ込めなくなったということで2度目のお預かりとなりました。
いつもご贔屓にありがとうございます。
リュウズがしっかりとねじ込められていないと防水が効きませんので、水回りでご使用の際はご確認ください。
Y様大事にお使いくださいませ。


60秒の特別予告編は観ないつもりの腕時計修理専門店トゥールビヨン店主
チラチラッと観るかもしれない。

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )


« ♪踊るアホウに見... 今年こそ »
 
コメント
 
コメントはありません。
コメントを投稿する
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。