腕時計修理専門店・トゥールビヨン店主のブログです
腕時計の修理の詳細や腕時計のトリビア、店主の個人的な趣味の話などを気の向くままに書いております。
 



突然ですが、将棋はそこそこ強い方です。

親父が無茶苦茶強くて、小学生の時に鍛えられました。

親父と対戦する時は飛車角落としはもちろん、香車、桂馬も落としてもらってほぼ互角。

なのでクラスではほぼ無敵の強さになりました。


高校卒業して台湾に渡った後、ルームメイトのマレーシア人のサイモンに中国将棋を教えてもらい、そこそこ打てるようになりました。

が、今ではすっかりルールを忘れてしまった。

チェスもちょっと齧ったが長続きせず。


長いこと将棋を打ってないが、流石に打ち方忘れてません。


そんな将棋界が最近荒れているそうで。

日本将棋連盟は三浦弘行九段を将棋ソフトの不正使用の疑いで12月31日までの出場停止処分にしたと発表した。

一手打つ度に席を外してどこかへ行き、暫くして戻ってきて打ち、また席を外す...

席を外す度にスマホでカンニングしていたんじゃないかと疑念を持たれているそうで。

そんなことできます?

いや、物理的にはできても道徳的にできるかどうかですよ。

九段というと最高段位。

10手先や20手先はもちろん、時には50手くらい先まで読む。

そんな天才がトイレに隠れてコソコソと(トイレに隠れてたかどうかは知らないが)将棋ソフトを参考にします?


コンピューターチェスは人間よりもやや先に行ってるとは知っていたが、コンピューター将棋も九段が参考にしたくなるほど強くなってるってことだなぁ。

いや、参考にしたかどうかは不明だが。

コンピューター囲碁もまだまだ人間にはかなわないと思われていたが、あっという間に追いついてきたし。


もうコンピューター(いや、人工知能と言った方がいいのか)は遥かに人知を超えてしまってるんだと痛感します。

怖い世の中です。



では、修理品のご紹介。
こちら↓

ROLEX GMTマスター Ref.1675 自動巻き

大阪府富田林市在住のT様所有。
分解掃除、ゼンマイ交換、風防(プラ)交換、テンプ調整、パッキン交換、防水検査を行いました。

赤い針が24時間表示で、第2時刻が読み取れるワールドタイム機能を備えているGMTマスター。
固有番号から1977年~78年に製造されたモデルと判明。
初代GMTのRef.6542はプラスチック製のベゼルだったんですが、2代目のこのRef.1675から耐久性を高めるためにステンレス製のベゼルに変更。
リュウズガードも付いて頑丈さもUPしています。
赤/青のツートンカラーのベゼルが一般的なのですが、上写真は珍しい黒ベゼル。
T様大事にお使いくださいませ。


自分の将棋の実力が何級位なのかちょっと知りたい気がする腕時計修理専門店トゥールビヨン店主
ということで、明日は定休日です。

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )


« ドナルド・マ... チャカ チャ... »
 
コメント
 
コメントはありません。
コメントを投稿する
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。