暇人詩日記

日記のかわりに詩を書いていきます。

7月11日:近況とおしらせ

2020-01-08 | はじめに
現在、現地の友達は一人もいませんがとても充実した時間を過ごしています。
友達はいませんが。

具体的に言うと、プロレスとTRPGという
多少の金そして大量の時間をつぎこむような趣味にのめりこんでいます。
あとは仕事の勉強もしなければなりません。比重は圧倒的に少ないのが現状ですが。
TRPGシナリオ作成のために創作はまた始めましたが、
詩を書く機会はなかなかに減っています。

ブログを閲覧していただいている方もさすがに激減しており、
今更ながら、更新頻度にはご期待されない方がいいかと思います。
いい夢を見たり、思いついた時には更新していきますが、
もし更新を期待してくれている方がいらっしゃれば、ご期待に添えず申し訳ありません。

日常はツイッターで更新しています。
正直ツイ廃です。プロレスとTRPGのことが多いです。
@cockegg109というアカウントで、同じく鶏卵としてつぶやいています。
趣味や性癖もありのまま書いているので幻滅しても知りませんが。

何かありましたら、コメントもしくはツイッターアカウントなどにどうぞ。
閲覧いただき、ありがとうございます。
コメント (6)
この記事をはてなブックマークに追加

詩日記を始めるにあたって

2020-01-01 | はじめに
鶏卵と申します。

この暇人詩日記は、ひたすらに節操もなく
詩のみを展開していく所です。
幾年も、推敲を一切していないものを載せてきたため記事数がそこそこ膨大です。
カテゴリ別に閲覧されるといいかもしれません。
カテゴリの解説を掲載します。

年代別:該当年で比較的マシなものの自選集。ただし夢カテゴリ内は自選除外
暗い:救いを特に考えず書いたもの
明るい:救いがありそうなもの
かなしい:かなしさを糧に書いたもの
あたたかい:優しいきもちで書いたもの
つめたい:全員殺すきもちで書いたもの
狂おしい:猟奇的描写の激しいもの
錯乱:情緒不安定の境地で書き散らかしたもの
夢:実際に見た夢の記録、脚色
心から:心から思ったこと
自動筆記:自動筆記

となっています。
カテゴリ詐欺と思われる内容が多々あるでしょうが、
私の中ではそういうことになっているのでクレームは受け付けません。

主にはやや暗めの詩が多く、
科学や数学の世界が入ることもあり、
少なからず人体の部位が表現として使われます。
グロテスクではないと思っているのですが
閲覧の際には今一度お気をつけ下さい。

もし私の詩を気に入られた際には
名無しでも一言でも評価をいただけると
喜びます。
批判も受付中。

コメント及び
トラックバック、
ブックマーク等は
お気軽にどうぞ。
コメント (10)
この記事をはてなブックマークに追加

冬に死んでいく

2017-03-28 | かなしい
肌の突き刺す朝を超え
雪も溶けだす昼を超え
またしんしんと冷えいる夜
おまえはどれほど寒かったろう

臓腑が凍えてしまったのか
ふくよかな尾はあっという間に痩せこけて
腹は膨満しているという
おまえはどこを見ているのだ

手のひらにたやすく乗ってしまうほど
おまえは変わり果てて小さくなった
寒かったろう、苦しかったろう
もはや知る由もなく

緩解していく、春が来る
それでも夜はいまだになお
しんしんと爪先を刺してくる
おまえはどれほど寒いだろう
狭く暗い箱はどれほど
おまえを凍えさせているだろう
はんぶん開いた眼の先は
わたしには何も見えないのだ
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ごちそうさま

2017-01-24 | 狂おしい
肉を食べよう
美味しい肉を
でもお肉は高いので
自分で調達しなきゃいけない
狩るのはもちろん大変だけれど
それより大変なのはあとしまつ
運ぶのはとても疲れるし
血を流さないと獲物の仲間に気付かれる
やっとこさっとこ持ち帰ったら
はらわたを取り出しておかないと
魚のはらわたは簡単にとれても
大きな肉は消化管も頑丈で
外側から外側へ通じる一本の長い管は
スプーンではとれやしない
腹膜を切った瞬間まろびでる
大腸のピンク色を見た時には
そのまま落ちるものとばかり思っていたけど
どこから切り取ればいいのかと途方に暮れつつ
何とか取り出したはらわたは流水に晒し
いよいよ解体に取り掛かる
いくら綺麗に研ぎ澄ましても
包丁では骨なんて切れやしないし
苦心して外した前腕を持つと
肉の重みに驚くほど
電ノコの音と振動は
むしろこちらをばらばらにしてしまいそうで
血抜きしても飛沫が飛ぶし
肉を切断したと思ったら
うっかり1mも飛んでしまったりして
枝肉を解体するころには
少し後悔しはじめている
血のスープを作ろうと
バケツに血を溜めてはみたけど
動物の体は本当に血袋で
とても飲み切れるとは思えない
それでも疲弊が落ち着けば
次にはお腹が空くもので
肉を食べよう
美味しい肉を
バラからヒレまでよりどりみどり
けれどもモツから食べなければ
とても食べられそうにないにおいでも
流水から引き上げれば
きれいな肉の色をしていて
肉はどのみち熟成したいし
しばらくの間食べられないなら
一本の管を何本かに分けて
ぞんぶんに味わってしまえばいい
つるりとした表に切れ込みを入れれば
ぞろりと繊毛が顔を出す
背筋が一瞬粟立つけれど
焼けば煮込めば美味しいごちそう
早く早く食べたいなあ
気が付けばすっかり飢えていて
ぶちぶちと音と感触と生臭さを味わいながら
気が付けば肝にも手を出して
みちみちと断裂する細胞の感触は
ほんの少し病みつきになりそうだ
生臭い、生臭い、ああ生臭い
自分で狩って得た肉は
やっぱりとっても美味しいものだ
下ごしらえが済んだなら
今日は豪華な焼肉だ
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

憎悪

2017-01-20 | 心から
馬鹿なやつらめ
おのれの発言も忘れ
信条もなく
不安に蓋をし
頭をかすめることもなく
悩める人を怠慢と笑い
あるだけの人を知りもせず
責任を口にするかたわらで
たやすく責務すら放棄し
人のせいにしてばかりで
おのれを省みる時には
鬱だなんだと自慰にふけり
仲間を敵と勘違いし
たやすく殺してのけ
殺したという自覚もなく
漫然と生きる
おまえの無自覚な刃物が
数多の人を殺してきたように
ずぶりと刺してしまおうか、
いや、いや、そんなものでは
馬鹿は治りはしないのだ
持っていると自覚すらしない
無防備なその刃をひっくり返し
足をかけて殺すのだ
無自覚に無自覚に死んでいけ
おまえの骸の上で
わたしは存分に笑ってやろうじゃないか
コメント
この記事をはてなブックマークに追加