暇人詩日記

日記のかわりに詩を書いていきます。

7月11日:近況とおしらせ

2020-01-08 | はじめに
現在、現地の友達は一人もいませんがとても充実した時間を過ごしています。
友達はいませんが。

具体的に言うと、プロレスとTRPGという
多少の金そして大量の時間をつぎこむような趣味にのめりこんでいます。
あとは仕事の勉強もしなければなりません。比重は圧倒的に少ないのが現状ですが。
TRPGシナリオ作成のために創作はまた始めましたが、
詩を書く機会はなかなかに減っています。

ブログを閲覧していただいている方もさすがに激減しており、
今更ながら、更新頻度にはご期待されない方がいいかと思います。
いい夢を見たり、思いついた時には更新していきますが、
もし更新を期待してくれている方がいらっしゃれば、ご期待に添えず申し訳ありません。

日常はツイッターで更新しています。
正直ツイ廃です。プロレスとTRPGのことが多いです。
@cockegg109というアカウントで、同じく鶏卵としてつぶやいています。
趣味や性癖もありのまま書いているので幻滅しても知りませんが。

何かありましたら、コメントもしくはツイッターアカウントなどにどうぞ。
閲覧いただき、ありがとうございます。
コメント (6)
この記事をはてなブックマークに追加

詩日記を始めるにあたって

2020-01-01 | はじめに
鶏卵と申します。

この暇人詩日記は、ひたすらに節操もなく
詩のみを展開していく所です。
幾年も、推敲を一切していないものを載せてきたため記事数がそこそこ膨大です。
カテゴリ別に閲覧されるといいかもしれません。
カテゴリの解説を掲載します。

年代別:該当年で比較的マシなものの自選集。ただし夢カテゴリ内は自選除外
暗い:救いを特に考えず書いたもの
明るい:救いがありそうなもの
かなしい:かなしさを糧に書いたもの
あたたかい:優しいきもちで書いたもの
つめたい:全員殺すきもちで書いたもの
狂おしい:猟奇的描写の激しいもの
錯乱:情緒不安定の境地で書き散らかしたもの
夢:実際に見た夢の記録、脚色
心から:心から思ったこと
自動筆記:自動筆記

となっています。
カテゴリ詐欺と思われる内容が多々あるでしょうが、
私の中ではそういうことになっているのでクレームは受け付けません。

主にはやや暗めの詩が多く、
科学や数学の世界が入ることもあり、
少なからず人体の部位が表現として使われます。
グロテスクではないと思っているのですが
閲覧の際には今一度お気をつけ下さい。

もし私の詩を気に入られた際には
名無しでも一言でも評価をいただけると
喜びます。
批判も受付中。

コメント及び
トラックバック、
ブックマーク等は
お気軽にどうぞ。
コメント (10)
この記事をはてなブックマークに追加

川が汚い

2017-06-06 | 明るい
潮風がぬるく肌を撫でる
冷えかけた夕暮れの大気
目と目の隙間から温度は抜ける

濁った水面を橋の上から
見下ろしている

淀んだ流れはともすれば
立って歩くことさえできそうだ

吹き上げる臭気に鼻を押さえ
歩きながら見下ろしている

浮かんで沈むあのブイは
いつからブイだと認識されたか

排水口の中にいるような
汚濁は海へ流れていくのだ
ごうと横殴りの風が吹く
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

心に残る罵倒の数々

2017-05-28 | 暗い
ぼくはたとえば人形のようだと
あざけるひとがいた
それはあながちまちがいでもなく
きみとて人形にちがいなかろうと
ぼくはあざけりかえしてやった

そんなぼくのことだから
友達なんてひとりとしておらず
それゆえさらにあざけるひとへ
そうさ友達などいないと
へいきなかおでいってやった

するとぼくのかおをみて
ないてわめくものがいるのだ
そのばはきみょうにこおりつき
おまえに人の心はないのかと
くちぐちにぼくはののしられる

(夜、チクタクと音が聞こえる、
脳髄に潜む花から聞こえてくるのだろう、
鼻を啜るのは糸を切ろうとするからだ、
目を濡らすのも糸を切ろうとするからだ)

ぼくはたとえば人形のようだ
ぼくにうらぎられた友達をみても
ぼくのくちはうごきやしない
よもやまさに人の心はないのかと
はやがねをうつむねをまさぐる

きみたちだって人形のようなものだ
おたがいにおたがいのふしぶしへ糸はつながり
うごけばとなりもみぎならえ
かたかたしゃべればみんなもしゃべる
つながりからまったあやつり人形

なかないでおくれ友達よ
そういったならまんぞくするかい
人形のぼくはむねをつかむ
だれもぼくのまねなどすることもない
糸はどこにもつながっていない
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

原点回帰

2017-05-22 | 明るい
わたしはにんげんになりたかったのです。
当たり前に日々を暮らし、
他愛もない話に興じ、
色恋沙汰に心をうわつかせ、
仕事をきちんとこなすような、
あたりまえのにんげんになりたかったのです。

そのためには今のままではいけないと感じました。
尽きない泥を掬っては壁に投げつけている、
心を疲弊させては喘ぐ今のままでは。
わたしにはにんげんたる資格がない、
精一杯な日常をいとなめるような、
創作にのめりこむあまり食事もろくに摂らず、
痩せこけながら、妄想をとりつかせながら、
呪いをかけた心のままではいけないと。

休むこともせず、勤勉にはたらき、
人の会話をすこやかに聞き、
すべてを肯定して生きるのだ。
そのためには創作を、
ある程度捨てる必要がありました。

わたしはにんげんになれているのでしょうか。
何をもってしてにんげんであるのか、
わたしにはいまなおわからないのです。
ときどき、わたしの称するかれらにんげんが、
おぞましい怪物に見えるのです。
わたしはこれになりたかったのでしょうか。
吐きそうになりながら会話を聞いています。
にこにこと笑いながら、おそれおののいています。
当たり前に日常を過ごしていても、
非日常にばかりのめり込んでいることに気付きます。

わたしは怪物になりたかったのではない、
人間になりたかった。
かれらもまちがいなくにんげんであるはず。
だけれど、わたしは、
わたしのなかの人間とを履き違えていたことに、
あまりに遅く気付きました。

ひとを最初からばかにするような、
特徴だけで善悪を決めてかかるような、
そのようなひとたちをにんげんとするならば、
わたしはきっと一生、かれらにとってかいぶつに見えるのかもしれません。

わたしは人間になりたかったのです。
ことばは、わたしを、人間にしてくれる。
あるいは、わたしが、かいぶつになりたがっている。
わたしは、人間になりたいのです。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加