ブロンプトン旅

迷わず行けよ 行けば迷うさ。(´Д`)

【第6話 鹿児島】屋久島 縄文杉コース トレッキング 後編

2016-10-16 | 【俺の探検道】2016年8月 鹿児島

《2016年8月21日 後半》

縄文杉へとたどり着き、来た道を引き返す俺。



10:41 翁杉

行きの時には気付かなかった。

縄文杉を見た後で今更だが、とりあえず写真に撮っとこう。



行きより早いペースでどんどん進む。

これから縄文杉へ向かう登山客が増えてきて、すれ違う時に気を遣う。

とはいえ、先手必勝で正解だった。

こんな大人数で縄文杉を見たのでは、興ざめもいいとこだ。(||´Д`)


すれ違う登山客の中には、俺を見て驚いている人もいた。

どうやら同じ時間に出発したらしく、あまりの早さにびっくりしたようだった。

せっかちな性分なんで、何やるのも早いのよ。



10:53 モロッコ道の場所まで戻ってきた。


ここから先も結構あるけど、平坦なので楽ちんだ。



すたすたと軽快に進む・・・・・ん?(゚Д゚)



なんだあれはっ!?Σ( ̄ロ ̄|||





ずんじゃんずんじゃんっ!!!





うわ~~~!!!∑(´□`;)








大蛇が牙を剥き、俺の行く手を遮った!!Σ(゚Д゚;)
※このブログはかなりの誇張を含んでいます


俺は大蛇に噛まれないよう、細心の注意を払ってその場を切り抜けた。


ふぅ~。(〃´o`)=3



"正面に見える山が石塚山です"

・・・と看板には書いてある。

なんも見えねぇ~べ。(´△`)



おやっ?(゚Д゚)

猿がいる。

人気がいなくなったところで出てきたの??



11:29 ここにきて、雨が降り出してきた。

森の中なので、別に雨具を着なくともいけるかな?

そう思って歩いていたのだが・・・・・雨足は強まる一方だった。('A`)



念のため準備しておいたサイクルレインジャケットを装備!



殆ど人とは出会さない。

今頃登っても、戻るの大変だしね。



12:02 休憩できそうな場所を見つけ、ベンチに腰掛けて昼飯タイム。

登山弁当を食す♪(´∀`*)

HPが30Pほど回復した。



12:24 雨が止み、今度は晴れ間が覗く。



うっかり足を踏み外したら大変だな。

こんな写真撮ってる時に強風なんぞ吹いたりして。

俺ピ~ンチ、ぷぷぷっ。(´ε`*)



12:47 楽勝気分で歩いていると、スタート地点が見えてきた♪


無事に縄文杉トレッキングを完遂!!(*´ω`*)


往復10時間(距離約22km)のコースを6時間半で歩く俺。


さすオレ♪(〃д〃)
※「流石、俺は凄い!!」の略、自画自賛する時に使われる


本日の探検(登山)

距離 19.2km
最大標高差 726m


さてさて。

登山バスの始発(15:00)まで2時間以上ある。

どうしたものやら?( ´ロ`)


休憩所でエクスカリバーを畳みながら考えていると、

掃除のおじさん(ここの管理人?)が気さくな感じで話しかけてきた。


おじさん「なんならタクシー会社の電話番号教えようか?」


俺「(・・・・・その手があったか!)料金はどのぐらいかかるんですかね?(゚Д゚)」


おじさん「そうだなぁ、(自然館まで)5千円みとけば大丈夫だよ。」


俺「(・・・・・マジかよっ!?)あっ、じゃあいいです、バスを気長に待ってますよ。( ´Д`)」


一瞬、良策かと思ったが、さすがに5千円は出せない。


だって今日の宿代と同じだし。(;´Д`)


そうそう、高速船の会社へ電話せねば!


・・・・・何度電話しても出ない、話し中だ。||| (-_-;) |||


こうなったら、営業所片っ端から電話してやろうか!!


安房・・・出ない。


宮之浦・・・電話に出た。


俺「今日17時の鹿児島行きを明日の始発へ変更したいんですが。」


高速船「ええ、それは可能なんですが・・・。台風が近づいてましてね、明日の天気予報では波が5mを超えます。そうなると、高速船は運休になるんですよ。それでも大丈夫ですか?」


俺「ああ・・・あの、その、運休なんてあるんですか?過去の経験から言ってどの程度の確率で運休になりそうですか?」


高速船「台風が近づいてますしねぇ、このままなら運休です。そうですね・・・半々といったところでしょうか。確実に帰りたいなら、今日帰る事をおすすめしますよ。」


俺「50%か・・・・・ええと、変更をお願いします。(´ω`)」


高速船「了解いたしました。なお、安房港は波の影響を受けやすいので、場合によっては宮之浦から出ます。それもダメなら運休です。今日の夕方ぐらいには宮之浦から出るか連絡できます。」
※明日始発の便は安房港から出るスケジュール

なんとも釈然としないまま、俺は高速船の変更を終えた。


他にも登山客が降りてくる。


大所帯の家族連れもいる。

その家族連れは、先ほどのおじさんに話しかけられ、タクシーを呼んだみたいだ。

おじさんと家族連れのお父さんが雑談している。

おじさんが話すには、 フェリーはすでに台風の影響で運休している とのこと。


俺の中で、不安がどんどん増大していく。(lll´Д`lll)


このまま屋久島に閉じ込められたら・・・・。

下手すりゃ、何日も高速船が出ないなんてことも・・・・。

お金が勿体無いとかの状況じゃないのでは!?





忙しない動作を繰り返した俺は、意を決して先ほどのおじさんに話しかけた。










30分ほどでタクシーが到着するようだ。


次に宿泊中のホテルへ電話した。

昨日お金は払ったけど、キャンセルだ。

多分全額捨て金になる・・・やむを得まい。(ノД`;)


気を紛らわす目的もあり、先ほどのおじさんと雑談でもすることにした。


続々と他の登山客も降りてくる。


揃いも揃って、俺と同じような反応をしている。


考えもしない事態が発生し、俺は頭が回っていない状況だ。


タクシーが着た。


さあ、ロックンロールの始まりだ!!ヾ(*`Д´)ノ"彡





14:37 自然館へ到着し、未使用の登山バスチケットの返金を済まして、猛ダッシュ中!!

下り坂をすんごい勢いで下っていく。


しっかし・・・・・さっきは大恥を掻いた。||| (-_-;) |||


タクシーに乗り込んですぐ、俺は高速船の会社へ電話した。


17時発の高速船が満席になったら目も当てられない。


俺「あの、その、すいませんが、さっきの変更はなしで、予定通り今日17時の高速船に乗ることにします。」


???「はい??」


・・・・・あれ??


???「あの、どちらにおかけですか??」


なんかちぐはぐで、会話が成立しない。


???「○○様ですよね??」


でも、俺のことは知っているようだ。


俺「そうですよ、だから先ほど高速船の時間変更で電話しまして・・・・・。」











???「ホテルにお電話されてますよ?」






俺「・・・・・っ!?Σ( ̄ロ ̄||| す、すいません、間違えました!!」


電話番号をリダイヤルしたから、誤ってホテルへ電話してしまったようだ。


落ち着け、落ち着け。(´ヘ`;)


もう一度ひとつ前の電話番号へリダイヤルする。



俺「あの、高速船のですね・・・・。」


???「あの、××××ですけど。」


ん?なんだって??


俺「(ああもう・・・・何言ってるか分かんねぇ~よ!)だからですねっ!ヽ(o`Д´o)ノ」










???「安房タクシーですけど。」











何言っているか分からないのは、

むしろ俺の方だった!!!(´゚д゚`)





支離滅裂になりつつ電話を切り、ひと呼吸。

高速船、ホテル、タクシー・・・"0992"で始まる電話番号が羅列し、ワケが分からなくなっている。


ここ数年で、これほど焦ったことがあるだろうか??


落ち着け、落ち着け。


3度目の正直で高速船の会社へ電話し、無事に予定を変更したのであった。




15:28 汗まみれになって爆走中!ι(´Д`υ)アツィー

宮之浦まで4km、余裕をもって到着できるぞ!!


あの後、ホテルへ戻って預けていたTバッグを引き取る。

ホテルの人には、 「無事に高速船の変更は出来ましたか?(笑)」 なんて笑われちゃった。


恥ずかちぃぃぃ。(/-\*)


結果としてホテル代5千円のうち、半額(2,500円)は返金してもらえた。

良心的で良かった♪



激坂が迫ってくる!

もう余裕だ、気合で上りきってやるぜっ!!!(゚皿゚)


夢中で坂を上っていたが、いつまで経っても高速船ターミナルへ着かない。


・・・・・どうしてかしら??(;´Д`)


スマホでチェック。











・・・通り過ぎちゃった。(´゚д゚`)



バカバカバカ~~、俺のバカ~~~!!!!!。・゚・(ノД`)・゚・。





16:07 心身ともに疲弊しつつ、なんとか高速船ターミナルへ到着!(ヽ´Д`)



本日の探検(安房~宮之浦)

距離 27.9km (実際の走行距離 35.31km・・・早朝のホテル~屋久杉自然館までの走行含む)
最大標高差 178m




無事に手続きを済ませ、モナカとムギチャで一休み。

もう支離滅裂でどうしたものやら・・・。(´;ω;`)


今から乗る高速船さえ、"条件付き運行"のようだ。




16:58 "条件付き運行"

・・・つまりは、 波の状況によって屋久島へ引き返す可能性があるということ。


ここまできて冗談じゃないよ!ヽ(o`Д´o)ノ


無事に鹿児島へ到着することを心から祈りつつ、俺は高速船に乗り込んだ。


ああ、そうそう、今日宿泊するホテルを予約しなきゃ!ヽ(´o`;


慌てて"じゃらん"で検索して、無事に予約を済ませる。

安けりゃもうどこでもいいわ。


高速船はかなり揺れ、俺をより一層不安にさせた。((((;´Д`))))




19:20 急遽予約した宿 ビジネスホテルオリエンタルいづろ  へ到着(3,300円 朝食付き)!


良かった、無事に鹿児島市街へたどり着いた!(´Δ`*)



荷物を降ろし、シャワールームへ直行!

未だに思考は回っていないけど、やっと戦闘態勢を解除できる。


そういやこのホテル・・・・4年前に鹿児島旅行した際、友人Hと泊まったホテルだな。


「安いホテル」で検索してるから、必然的にそうなるのかな?

あの時も台風が来てしまい、このホテルの部屋で友人Hと決断した記憶がある。

んで、「まどか✩マギカ」の映画を観に行ったと・・・わざわざ鹿児島で。


シャワーを浴び、やっとリラックスモードへ突入。(〃´o`)=3 フゥ

さすがに今夜は外で飲みたい。

財布とスマホを持って、外出する。



う~~む、4年前に友人Hと行った居酒屋はお休みのようだ。(´~`)



・・・・・このラーメン屋でいいか。

考えるのも面倒だ。



おいしそうなラーメン(980円)♪

それとムギチャを2杯。

後で知ったけど、ガイドブックにも載ってる有名なラーメン屋さんだったらしい。



20:20 ほろ酔い気分で、天文館の街をふらつく。




John Coltrane 『Say It (Over and Over Again)』



・・・・・コンビニでつまみとアルコホールを買って戻るか。(〃´`)




20:40 男のゴールデンタイムへ突入!(´∀`*)

今日は目まぐるしく状況が変わって、疲労困憊な一日だったなぁ。


散財したとは言え、予定通り鹿児島市街へたどり着けて良かった。


アホな間違い電話はしちゃったけど、その場で適切な判断を下せたと思う。


さて・・・・・明日の話だが。


昨晩の考えと少々理由が異なるが、佐多岬には行かない。


台風が近づいているならなおさらだ。


フェリーの乗り継ぎができるか分からない。

おまけに明日の最高気温は37度。

岬へ行くから激坂祭りは必至。

走行距離は130~140km。


もうね、本当に気が狂ってるとしか言いようがない。


『ブロンプトン旅』が最終回を迎えるわ。

管理人死亡による未完でね。('A`)



現実的かつ興味があるところで、知覧、指宿を探検することにしよう。

知覧の「武家屋敷庭園」、「特攻平和記念館」、

指宿の「池田湖」、「長崎鼻」、「フラワーパーク」。

どう考えても、こっちの方が楽しそうだ♪


22:30 酔いが回ってきたので寝る。

グッナイ、チタンくん♪

明日も頑張るぞぉ~。ヾ(*´Q`*)ノ


第7話 『7.知覧』 へつづく。


✔爆走チタンくん、熱風555キロ!!
 0.計画  1.桜島一周  2.種子島一周(前)  3.種子島一周(後)  4.屋久島一周  
 
5.屋久島トレッキング(前)  6.屋久島トレッキング(後)  7.知覧  8.指宿  9.鹿児島


ブロンプトン旅の目次へGO♪(´ε`*)

『サイクリング』 ジャンルのランキング
Comment   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 【腕時計関連】腕時計のお手... | TOP | 【資格・検定】俺、ビジネス... »
最近の画像もっと見る

post a comment


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

Related Topics