ブロンプトン旅

迷わず行けよ 行けば迷うさ。(´Д`)

【時計関連 上級CWC編4】俺、上級ウォッチコーディネーターになる♪

2017-04-29 | 【俺の時計道】それは真実の愛

《2017年4月27日》

日本時計輸入協会から、やっとレターパックが届いた。






上級CWC認定書






認定バッジ


これで俺も上級CWCになった♪(〃д〃)


会員資格は5年間(平成34年4月19日まで)有効だ。


CWC資格取得時から2年更新となったが、ただの自己満足なので、今後の更新予定はない。( ´Д`)




今回は「輸入時計を中心とした時計業界動向」という資料が同封されていた。



これで記事を終わらせるのも味気ないので、

「時計業界動向」の抜粋に照らし合わせて、

俺の時計嗜好の変遷(2011年~現在)について書き綴ろう。




【2011年】

レトロデザイン、薄型デザインが再発見・再評価された年

《トレンド》
・クラシックでレトロなデザイン
・薄型&シンプルなデザイン


《2011年のデータ》
・スイス時計の海外輸出額・・・総額181億スイスフラン
・スイスから日本への腕時計総輸出額・・・総額1,138億1,044万4,000円
・国産腕時計の国内出荷額・・・679億円(前年同等)


《代表的な腕時計》
・ブレゲ Ref.571 クラシック オーラ・ムンディ
・カルティエ ロトンド ドゥ カルティエ アストロレギュレーター
・ジャガー・ルクルト グランドレベルソ ウルトラスリム
・タグ・ホイヤー マイクロタイマー フライング1000 コンセプトクロノグラフ


《俺が購入した腕時計》
なし


マイトレンドは、白文字盤、ステンブレス、デイト付きの機械式時計。

ブランド、中の人(ムーブメント)に拘りなし。

2010年12月に普段使いとして"ラクロアちゃん"を購入しており、1本で満足だった時期。



【2012年】

中国経済圏へのスイス時計輸出額が50%を超えた年

《トレンド》
・クラシックでレトロなデザイン
・GMTウォッチ


《2012年のデータ》
・スイス時計の海外輸出額・・・総額202億スイスフラン
・スイスから日本への腕時計総輸出額・・・総額1,367億8,777万9,000円(前年比+20%)
・国産腕時計の国内出荷額・・・787億円(前年比+13%)


《代表的な腕時計》
・A.ランゲ&ゾーネ ダトグラフ アップ/ダウン
・オーデマピゲ ロイヤルオーク 40周年記念モデル
・IWC マークXVII
・リシャール・ミル RM056


《俺が購入した腕時計》
パテック フィリップ ノーチラス 3800/1A "のーちらす" (2012年12月)


マイトレンドは、ラグジュアリースポーツウォッチ。

2012年12月、数年前から購入を検討していたPP ノーチラス 3800/1Aと運命的な出会いを果たし、

2週間迷った後、購入に踏み切る。

AP ロイヤルオーク 14790、 VC オーバーシーズもいずれ揃えたいと考えていた時期。



【2013年】

アベノミクス開始で株価上昇、市場もさらに好調に

《トレンド》
・クラシックでレトロなデザイン
・新世代のコンプリケーションモデル
・新素材採用モデル
・機械式レディスモデル


《2013年のデータ》
・スイス時計の海外輸出額・・・総額206億スイスフラン
・スイスから日本への腕時計総輸出額・・・総額1,691億2,063万円(前年比+23%)
・国産腕時計の国内出荷額・・・897億円(前年比+14%)


《代表的な腕時計》
・カルティエ トロンド ドゥ カルティエ ミステリアス ダブル トゥールビヨン
・オメガ シーマスター アクアテラ "15000ガウス"
・パテック フィリップ Ref.5227 カラトラバ
・ロジェ・デュブイ エクスカリバー クアトゥオール


《俺が購入した腕時計》
ロレックス エクスプローラー 114270 "探検くん" (2013年12月)


マイトレンドは、気兼ねなく使える万能型スポーツウォッチ。

俺の人生最悪の時期であり、少しでも気分を紛らわす対象として、腕時計に傾倒していく。

1998年以降、いつか手に入れたいと思っていたエクワンをついに購入!

購入直後に人生最悪の山場を迎え、激動の2014年へ突入していく。

"のーちらす"、"探検くん"ともに売却せねばならない将来も予測していた。



【2014年】

消費税アップの駆け込み需要に湧いた年

《トレンド》
・薄く小さくクラシックスタイルのモデル
・職人の手作業による希少で芸術的なダイヤルやケースが特徴のアートウォッチ
・天文コンプリケーションモデル


《2014年のデータ》
・スイス時計の海外輸出額・・・総額210億スイスフラン
・スイスから日本への腕時計総輸出額・・・総額2,044億1,879万1,000円(前年比+20.8%)
・国産腕時計の国内出荷額・・・1,069億円(前年比+19%)


《代表的な腕時計》
・A.ランゲ&ゾーネ リヒャルト・ランゲ・パーペチュアルカレンダー "テラ・ルーナ"
・ブルガリ ブルガリ オクト フィニッシモ
・ピアジェ ピアジェ アルティプラノ P900
・ヴァン クリーフ&アーペル ミッドナイト プラネタリウム


《俺が購入した腕時計》
ジャガー ルクルト レベルソ・デュオ "じゃがりこ" (2014年4月)


マイトレンドは、角型、GMT機能、クラシカルなデザイン。

ここにきて、少し変わった腕時計が欲しくなってくる。

2013年の地獄からV字回復し、公私ともに勢いづいた年。

人生の転機を記念して"じゃがりこ"を購入し、より一層腕時計へはまっていく。


パネライ ルミノールマリーナ PAM00283 "マリーさん" (2014年8月)


マイトレンドは、青文字盤、チタン素材、普段遣いできるスポーツウォッチ。

時計熱はとどまる事を知らず、購入意欲に歯止めが効かなくなる。

なお、このあたりから中の人(ムーブメント)にも興味を持ち始める。


オーデマ ピゲ エクストラフラット "ピゲみん" (2014年12月)


マイトレンドは、薄く小さくクラシックスタイルのシンプルモデル。

ここにきて、ステンブレスへの執着が薄れ、状況による腕時計の使い分けを意識してくる。

今まで眼中に無かった2針のドレスウォッチが欲しくなり、偶然出会った"ピゲみん"を衝動的に購入。


時計関連の書籍、CWCの勉強を通し、時計の知識が少しずつ身についてきた時期。



【2015年】

インバウンド需要で輸入時計市場がさらに拡大

《トレンド》
・新世代コンプリケーションウォッチ
・アヴァンギャルドなデザインのスケルトンモデル
・クラシックデザインの新定番モデル


《2015年のデータ》
・スイス時計の海外輸出額・・・総額202億スイスフラン
・スイスから日本への腕時計総輸出額・・・総額2,408億1,998万円(前年比+17.8%)
・国産腕時計の国内出荷額・・・1,290億円(前年比+20.6%)


《代表的な腕時計》
・カルティエ ロトンド ドゥ カルティエ コンプリケーション
・フレデリック・コンスタント オルロジカル スマートウォッチ
・ジャケ・ドロー アトリエ・オブ・アート コレクション チャーミング・バード
・オメガ コンステレーション グローブマスター


《俺が購入した時計》
IWC マーク12(Mark XII) "マーク隊長" (2015年6月)


マイトレンドは、パイロットウォッチ、ミリタリーウォッチ。

陸・海ときて、今度は"空"が欲しくなった。

"ピゲみん"購入直後から、次のモデルとして狙っていたマークXIIの購入に踏み切る。

時計関連の情報を断ち切り、これで最後、もう2度と買わないと心に誓った時期。

また、NATOストラップ、革ベルトへの付け替えなど、所有時計のイメチェンに励んだ時期。



【2016年】

好況から一転、日本でも世界でも時計需要がマイナスに

《トレンド》
・定番のリニューアル&進化版モデル
・価格以上の価値を実現した戦略的なニューモデル
・職人の手作業が凝縮されたアートウォッチ
・新趣向のコンプリケーションウォッチ


《2016年のデータ》
・スイス時計の海外輸出額・・・総額194億スイスフラン
・スイスから日本への腕時計総輸出額・・・総額2,081億1,998万円(前年比-13.6%)
・国産腕時計の国内出荷額・・・1,162億円(前年比-10%)


《代表的な腕時計》
・ブライトリング スーパーオーシャン ヘリテージ クロノワークス
・パテック フィリップ ワールドタイム・クロノグラフ Ref.5930
・タグ・ホイヤー タグ・ホイヤー カレラ キャリバー ホイヤー 02T
・ヴァン クリーフ&アーペル レディ アーペル ロンド デ パピヨン


《俺が購入した時計》
ジラール ペルゴ リシュビル 2710 "ぺるちゃん" (2016年3月)


マイトレンドは、クラシカルなクロノグラフ。

前回のマークXII同様、狙い撃ちでリシュビル 2710を購入する。

ちなみに楽○市場にアップされてから、購入に至るまでの時間はたった数分だった。

欲望に抗えず、本数が増えていくことに罪悪感を覚えつつも、どこか開き直ってきた時期。






・???????????? "○○○さん"(2016年11月)


マイトレンドは、昭和が香る腕時計。

ついに国産時計が興味の対象となる。

当初は現行のグランドセイコー SBGW035を検討していたが、流通量、資産価値の観点から購入には至らず。


国産腕時計セイコー―クラウン・クロノス・マーベル
長尾 善夫,本田 義彦
トンボ出版

むしろ調べるにつれ、60年~70年代の国産時計に魅力を感じ、


国産腕時計セイコー自動巻
森 年樹
トンボ出版

個性的な機能を持つモデルを1本購入。

購入価格の2倍の代金を支払って、オーバーホールに出した。

ちなみに、かなり安価なアンティーク時計なので、"俺の腕時計"枠から外す。

今後、同年代で数本購入する可能性は否定できないが、現時点でさして入れ込んでいない。



【2017年】

《俺が購入した(する?)時計》



・???????????? "○○○大統領"(2017年1月)


マイトレンドは、"究極の外し"へと移行する。

時の流れを確認するのではなく、時の流れを楽しむ。

時間なんて大体分かれば良いと達観してきた今日この頃。


・???????????? "○○○○"(2017年?月)

現在のマイトレンドは、原点回帰のダイバーズウォッチ。

今年のバーゼル・フェアで発表された新モデル

5月の新作発表会で、実物を見てから決断しよう。






俺のへっぽこ時計道は留まる事を知らない。ヽ( ´θ`)ノ


上級CWCにはなったけど、俺はあくまで購入する側。
※そんで買いもせずに勝手にうんちく垂れる側


これからも一消費者として、時計ライフを楽しんでいく所存♪(*^ー゚)b


上級ウォッチコーディネーター資格検定
 試験概要   受験   結果  資格取得

ウォッチコーディネーター資格検定
 試験概要   受験   結果   実技実習  資格取得



上級ウオッチコーディネーター検定テキスト
日本時計輸入協会
日本時計輸入協会


ノーチラス旅の目次へGO♪(*`ー´)

ブロンプトン旅の目次へGO♪(´ε`*)

ジャンル:
受験
Comments (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 【第17回 静岡県】今度こそ伊... | TOP | 【第18回 静岡県】今度こそ伊... »
最近の画像もっと見る

2 Comments

コメント日が  古い順  |   新しい順
ジェラールペルゴの後って (Singa)
2017-05-02 09:29:24
俺さん、
○○○さんと大統領の2本の記事って…まだないっすよね?苦笑

俺のチタン君はシンガポールで購入したので、シンガポールしか知らないんですよね。勿論。
シンガポールで無心で走っていたら、大陸の方々(シンガポールは移民の国なんでほぼ、大陸の方)に撥ねられますよぉ。マレーシアも治安はよくないし。
日本の河川敷が懐かしいです。いつかはヨーロッパで走ってみたいな。

ところで、飛行機を乗る時あると思うんですが、チタン君はカウンター預けになると思うんですが、いつものナイロンのバックで特に補強とかしないで手荒に扱われて壊れたりしないものなんですか?

GWの旅行記楽しみにしてます。
○○○さんと○○○大統領 (俺)
2017-05-02 21:41:38
Singaさん、

自転車旅の記事はパターンが出来ているので書き易いのですが、時計記事は書くのが大変なのです。(;´∩`)

っていうか、俺のブログは旅ブログだよ、なんで時計ばっかアクセス数多いんだよって感じです。

俺、東南アジアはフィリピンしか行ったことないです。
まあ、轢かれそうな感じですな。
ヨーロッパ良いですね、いつかスイスへ行ってみたいです。
ええ、時計目当てで。(〃д〃)

飛行機での輪行は、特に心配ないです。
通常、到着時は手渡しですし、どこか破損して走行不能になったこともありません。
まあ、日本は良い国ですよ。

明日から、GWの探検が始まります♪
この5日間は楽しく過ごしたいです。

リアルタイムにツイッターは更新します。

post a comment


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

Related Topics