ブロンプトン旅

迷わず行けよ 行けば迷うさ。(´Д`)

【雑記】俺、『深海2017 ~最深研究でせまる“生命”と“地球”』へ行く

2017-07-23 | 【俺の戯言道】わりとどうでもいい

《2017年7月17日》

3連休初日の『ギガ恐竜展』後、なんとなく迎えた最終日。


う~~ん、特にやることもないなぁ。(;´∩`)


とはいえ、終日自宅に引きこもるのも忍びない。


気軽に行けそうなイベントとかないだろうか?


ネットでぐぐる。


上野の国立科学博物館で開催されている、

深海2017 ~最深研究でせまる“生命”と“地球”』というのが面白そうだ。


開館に合わせて今から出よう。


いつものように、さっと見て、さっと戻ってくるか♪ヾ(*´Д`)ノ"彡




9:11 と、気軽な感じで上野に到着したのは良いのだが・・・・・。

びっくりするほどの長蛇の列!!Σ(゚Д゚;)

開館前の8時40分ぐらいに着いたのに。

汗が止めどもなく流れ落ちてくる。ι(´Д`υ)アツィー



一瞬、すぐさま自宅へ引き返そうと思ったが、渋々並ぶことにする。(´◇` )


幸いにして列の進みはスムーズだ。



9:15 やっと中へ入れるぞ・・・・・と思ったが、ここから先も列はひたすら続く。

もはや抜けるに抜けられない。||| (-_-;) |||



9:48 やっと中へ入る。

チケット代(1,600円)はネットで購入済み。

結局、1時間ぐらいかかっちゃったな。(´ω`;)




第1章 深海とは


よ~し、ブログに書くため、出来るだけ写真を撮っておくぞぉ~♪(=´Д`=)

と気合が入ったのも一瞬。


館内はとんでもない大混雑であった。(º∀º;)


あ~~あ、やる気が急速に失せていく。



展示物なんてまともに見れやしないよ。


入場制限してくれよぉ~。(ノД`;)


このエリアはスクリーンの映像と、ホルマリン漬けにされた標本が展示されている。


考えてみれば、ここは博物館であって水族館じゃないし、

そもそも、深海のなまものなんて飼えないだろう。



デメニギス



おもろい見た目の深海魚だ♪( ´艸`)



デメニギスの標本

頭には透明の膜でできたドーム状の構造物があり、

内部は液体で満たされている。

目は筒状で先端に緑色のレンズがある。


標本はグロきもいだけだがな。



チョウチンアンコウの標本


深海魚の中でも知名度の高い種のひとつ。

チョウチンは獲物を誘うための誘引突起と先端の擬餌状態からなる。


・・・・・ダメだ、こんなグロきもいもの写真に収めてもおもろくないし、

激混みでそれさえも困難だ。(´-`;)



あっという間に疲れて、てきとーになってきた俺。




カグラザメの歯

世界中の深海に生息し、全長5mにも達する深海ザメ。

水深2000mあたりの深海で暮らしているそうだ。





ユメザメの標本

漆黒の体と大きな目が特徴のユメザメ。

うろこ1枚1枚が大きく硬く、敵に簡単に喰い破られない体表。


死んだ魚のような目をしてやがるぜ。



ムラサキギンザメの標本

大きな胸びれで海底付近を優雅に泳ぐ姿が印象的。

強い顎を持っている。


強い顎・・・・・みは~る・しゅ~まっは~~♪ヽ( ´Д`)ノ



あっ、でかいイカ・・・・・のおぶじぇ。(´Д`)





オンデンザメの標本

巨大深海ザメを代表する種のひとつ。

皮膚は柔軟で背びれや胸びれが小さい。

海底に横たわる大型哺乳類の死骸なども食べる。


まあ、こいつ自体が死骸な訳だが。



ダイオウイカの標本

世界最長の無脊椎動物で、とくに獲物を捕らえる際に使う触腕が長い。

ほかの深海性のイカ類と同様に体にアンモニアを含むことで、浮力を得ている。


美味いんかな?

メッチャ食いごたえがありそうだけど。


帰りにサイゼリヤで、真イカのパプリカソース食いたい。



っていうか、もうここから出たい。(´ρ`;)




第3章 深海と巨大災害


2章飛ばしてない?ヽ(´o`;


さっきのサメとかイカのところ?

戻って写真撮る気にもならんがな。



有人潜水調査船「しんかい6500」 1/2模型

1989年に建造され、全世界の海の98.%で調査ができる。

現在までに世界中の深海で通算1,500回を超える調査潜航を行っている。


船内にはトイレが無いため、簡易トイレを持ち込む。

食事は各々が弁当やサンドイッチなどを持ち込む。

以前は万が一、事故などが起こり生還が絶望的になった場合に備えて、

最期に飲むアルコホールが持ち込まれていた。


俺、最期になる前に全部飲んじまうよ。( ´∀`)




第4章 深海資源



・・・・・たりぃ。(´ω`)



光る花?(゚Д゚)



あっ、光ってる♪(´∀`*)


光る花は、一瞬だけ俺の心を和ませた。




第5章 深海と地球環境



もはや素通り。



深海 第2会場




第6章 深海を調査する機器



なんか丸いやつ。


看板に「もっと深く。」とか書いてあったが、大して深くはなかった。



ミュージアムショップ


うっひゃああ!


早く脱出したい!!(ノД`;)




10:45 外へ出てくる。


うんざりとしか言いようが無い。



入場口の待機列


次から次へと人が押し寄せる。


あまりに混雑が酷くて、このイベント自体を堪能できない。

よって正当な評価もできないというのが本音。


まっ、ちょっとした暇つぶしにはなったし、良しとしよう。


それにしても今日も半端なく暑い。ι(´Д`υ)アツィー

ジリジリと俺の熱き魂を焼きやがるぜ(?)。


このまま家に帰って、終日引き篭るとしよう。

結局・・・・・そうなるのよね。(´・ω・`)


建物の構造が複雑で、脱出するのに数十分かかった俺であったとさ。


ブロンプトン旅の目次へGO♪(´ε`*)

『イベント』 ジャンルのランキング
Comments (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 【雑記】俺、『ギガ恐竜展201... | TOP | 【資格・検定】俺、(医薬品... »
最近の画像もっと見る

2 Comments

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (60oyaji)
2017-07-25 14:46:22
初めまして、ぷち輪バッグの記事を調べていましたら
こちらに辿り着きました。

釣りが趣味の65歳ですが、運動目的で
ternを購入。数回輪行したのですが年寄りには少し重く、
ウルトラ7を最近追加し、遊んでおります。
風呂に入れば、加齢臭を出さないよう
或る場所より耳の後ろを重点的に洗い
鼻毛・耳毛は毎日処理して気を使っている年寄りです。
よってスルーしないでください(笑)
ぷち輪バッグは、ウルトラ7号でもピッタリでした。
情報、有難うございました。
面白くて、殆どの日記を読ませて頂きました。
書く方も大変でしょうが、ホント読む方はもっと大変でした(笑)
おかげで睡眠不足気味です。
責任とってください。
旅の最後に出てくるビル群の景色、そしておそらく
車窓に写る自分を見ながら素に戻っていく「俺」さん。
その姿を想像していると素敵です。
アニメと時計の事は、さっぱりわかりませんが、
俺様の更なる冒険を期待しています。


ウルトラマン的な響き (俺)
2017-07-28 19:10:26
60oyajiさん、

コメントありがとうございます♪(*´ω`*)
当アホブログを気に入って頂けたとのことで、とても光栄に思います。

果たして俺はどうなるのか!?
第○話 へつづく!!!( ・`ω・´)

とか煽っても、大抵の人は続きを見てくれません。
しょっぱい世の中です。( ´ロ`)

確かに読む方も、無駄な気合と根気が必要でしょう。
自慢にもなりませんが、他所の自転車旅ブログと比して、ボリュームは圧倒的でしょうし。

釣りとかも良い趣味ですね。
俺はやったことがないのですが、物静かで一人が好きな自分に合ってる気がします。(*´ -`)

ウルトラ7って、ルノー ULTRA LIGHT 7のことでしょうか?
重量7.4kgには惹かれます。
ブロンプトンはわりと重いので・・・・・俺、腰と膝が悪いし。(;´∩`)

最近は仕事で疲れ気味なので休日は無気力だったのですが、ようやく重い腰を上げ、8/11から一週間の探検に出かける予定です♪\(^ω^)/

炎天下の中、マゾっ気たっぷりのコースを必死になって走りますので、可哀想な目で見守ってくれると幸い(?)です。(=´Д`=)

post a comment

Recent Entries | 【俺の戯言道】わりとどうでもいい