ブロンプトン旅

迷わず行けよ 行けば迷うさ。(´Д`)

【第7回 群馬県】四万温泉へ行こう! 前編

2017-05-14 | 【俺の探検道】ふらふらと群馬県

来月にGWを控えた4月。


現実逃避を兼ねて、今週末は近場を探検したい。


3年ぶりとなる群馬県がよいと思った。


伊香保温泉草津温泉ときて、今回は四万温泉にしよう♪(*゚ー゚*)


四万温泉の探検スポットは少ないけど、悪くない選択だろう。


朝・夕食付きの旅館を予約できたので、のんびり過ごすだけでも十分目的になる♪


そうと決まったところで、今週も頑張ってお仕事を乗り切ろう!



《2017年4月15日 前半》

5:13上野駅発の電車に揺られ、高崎駅へ向かう。


もう慣れてるんで、苦でも何でもない早朝出発。



7:03 2時間弱で高崎駅へ到着!( v^-゚)

チタンくん(ブロンプトンP6R-X)を展開し、さっそく走り出す。



7:53 国道406号を走る。

しばらくは、この道をひたすら走るのだ!


・・・ああ、なんかだんだん記憶が蘇ってきたぞ。


道幅が狭いのに交通量は多い、自転車で走っていて嫌になる道だ。(´ω`)



今日の天気予報は晴れ、最高気温20度、降水確率0%。

わりと暖かく、すぐに汗ばんでくる。



案の定、つまんない道だなぁ。(;´∩`)

伊香保温泉、草津温泉へ行く際も、この道を通ったっけ。

激坂ではないけど、ほどほどに上りが続く。



文句言っても益はない。

淡々と走るのだ。



9:40 中之条まで18km。

午前中に四万温泉へ着いてしまう。

時間があり余りそうな予感。



左折すると須賀尾峠。

草津温泉へ行く際に通った峠道だ。

今回は右折するから少しは楽チンかな?( ´З`)



前方に岩櫃山が見える。

岩なんとか山。

ええ、漢字が読めません。
※"いわびつやま"と読むらしい

マークシートの選択問題なら、正解を選び出すのだがな。( ´∀`)



気温は23度を記録!(=´Д`=)

俺の大好きな魂の季節が、ひしひしと近づいてきた♪

早く連日35度を超えてくれ!!



10:54 国道353号を北上してると、四万湖を発見!

ここまでの走行距離は55.91kmだ。



中之条ダム



ダムに興味も無いけれど、ダムでも眺めるか。

お~、ダムダムしいなぁ。

っていうか、むしろダムってるわ。( ´З`)



湖の色が青い。

なんで青いんだろう。

青いって良いよな。


今年のトレンドはムーンフェイズ、青、スモールサイズ、復刻版あたりだな。


・・・・なんのこっちゃ??



ゆる~い坂が続く。

こりゃあ、高崎へと戻る明日は超楽勝モードだろう。



この先、メロディーライン



40kmで走行すると






『いつも何度でも』が流れます
※千と千尋の神隠しのテーマ曲


ふ~~ん。


まっ、チタンくんで40kmは無理だしぃ。(´Д`)


車道を走る抜ける自動車頼みで、微妙に音程がずれて流れるBGMを聴く。


ふふひひほぉ~ はひほぉ~♪♪ヽ( ´Д`)ノ


歌詞を知らないので、ハ行だけで歌ってみた。




11:13 「四万温泉 情報ぽけっと」なる場所で四万温泉の情報をチェックする。


やべぇ~、マジで何やるもない。(;´Д`)


せめて夕方近くまでは時間を潰したいよなぁ。



11:24 数少ない探検スポット、「四万の甌穴」へやって来る。

四万温泉入口近くで見られる県の天然記念物だ。


四万のなんとかけつ。( ´Д`)

ええ、漢字が読めません。
※"おうけつ"と読むらしい

マークシートの選択問題なら、俺、きっと当てちゃうよ♪( ´∀`)



"甌穴"が何か分かんないけど、探検するか♪



ここに佇んで、時の流れに身を任すのも、心が安らぐ。


もしもあなたと~ 逢えずにいたら~ わたしは何を してたでしょうか~♪ヽ(* ´Д`)ノ


アルコホールばっか飲んで、何もしてねぇ~んじゃね??




しばし周辺を歩いてみようか。



ガイドブックによると"甌穴"とは、川底が丸く削られている地形のことで、

何万年もの歳月をかけ作られた自然の芸術とのこと。



多分、この川底の丸い窪みのことなんだろう。

珍しいのかどうか、俺には判断付かんがな。( ゜Д゜)


んじゃ、次行くか。



11:44 滝を見つけたので立ち止まる。

いや、頻繁に立ち止まらないと、時間調整が・・・・・。(;´▽`A``



桃太郎の滝

滝の落下する形が桃の実の形に似ているので、この名が付けられたとのこと。

とてつもないレベルの故事付けだ。



11:48 ゆっくりスペースで走っていたが、四万温泉街へ入る。

そうかぁ、とうとう入ってしまったかぁ。

いや、別に悪いことではないのだが、時間調整が・・・・・。(;´∩`)



少し前から曇り空だったが、小雨がぱらついてくる。(´◇` )



今日は終日晴れのはずでは!?(´−ω−`)



ただでさえ盛り上がりに欠けるのに、一雨振られると成す術なしだ。



ところで、腹も減ってきた。(ヽ´Д`)



入りやすい食堂無いかなぁ。

敷居高そうなの苦手なんで。



この坂を降りれば温泉街の中心地だろうか?

よしっ、降りてみよう♪ヾ(*´Д`)ノ"彡



ここが「落合通り」という場所か。(゚Д゚≡゚Д゚)


・・・・・チタンくんを押して歩こう。



あっ、これが積善館か!(´∀`*)

本館の赤い慶雲橋は「千と千尋の神隠し」のモデルとなったらしい。

四万温泉のトレードマークっていったらこれだな!(?)



チタンくんを停めて記念撮影♪( v^-゚)



なんてやってはいたが、雨足が次第に強まってくる。

さてどうしたものやら・・・・・。(´ρ`;)



「落合通り」まで戻り、インスピレーションで食堂を選択。

まずは昼飯だ!


入った瞬間、おばちゃん集団の劈くような笑い声が俺の鼓膜を刺激する。


うわぁ~~最悪だわ。(´゚д゚`)

もう出るに出れないので、おばちゃん集団のとなりの席にぽつりと座る。


今この瞬間、俺は貝になりたい。(´ω`)


・・・・・ええ、貝になったら昼飯食えませんよね。



12:22 そば定食(1,360円)を注文♪

わかめご飯はおかわりできるので2杯食す。

おばちゃん集団には辟易したが、食堂の選択に誤りはなかったようだ。


外に出て、再びチタンくんで走り出す。


もう奥四万湖しか行くとこ思いつかない。( ´ロ`)



熊出没注意

母熊は特に凶暴です


とか言われてもなぁ。(;´Д`)

熊に追いかけられたら、チタンくんで逃げ切れるものなのだろうか?

俺、ちょっと分かんないなぁ。


ぐぐってみたら、熊の走る速度は時速60km(ヒグマは50km)らしい。


激坂の下りで、全身全霊でチタンくんを漕いだら逃げ切れるかも知れない。

まっ、いずれにせよ死亡フラグ点灯だろう。



う~~ん、雨が小降りから本降りっぽくなってきた。(´ω`;)


万事休すか?



13:02 四万川ダムへ到着!\(^ω^)/



奥四万湖を眺める俺の体を雨がしっとりと包む。


・・・・・風邪引いちまうがな。(||´Д`)o




チタンくんを駐輪して、徒歩で奥四万湖を一周するつもりだったんだが・・・。(´ヘ`;)

さてどうすっぺ。



ほんの少し進むと、「こしきの湯」を見つけた。


そしてここにきて、急速に雨足が弱まってきた♪(=´Д`=)



13:03 うむ、やれるかも知れない!( ´∀`)


「こしきの湯」の軒下にチタンくんを駐輪し、予定通り奥四万湖を一周してみないか?


んで、一周後に「こしきの湯」で俺のお色気入浴シーンが始まるの♪( ´艸`)


うまくいけば、2時間はここで過ごせそう。



ナイスな計画だ♪


そうと決めたら即行動!ヾ(*´Д`)ノ"彡


時計回りに奥四万湖を歩き出す俺であった。


ところで、なんでさっきから俺の顔の回りにちっちゃい虫が飛び交っているのだろう?


両手で振り払ったり、

顔をブンブンさせながら歩いているので、

傍から見たら基地の外だと思われてしまう。


俺、ちょっとよく分かんないなぁ。(´Д`)


まあいいや、とりあえず歩こうぜ。


こ~へん へつづく。


ここまでの探検

距離 72.4km (実際の走行距離 70.13km)
最大標高差 703m


ふらふらと群馬県
 1.高崎  2.伊香保温泉(前)  3.伊香保温泉(後)  4.草津温泉(前)  5.草津温泉(後)  
 6.富岡製糸場  
7.四万温泉(前)  8.四万温泉(後)


ブロンプトン旅の目次へGO♪(´ε`*)

『サイクリング』 ジャンルのランキング
Comments (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 【俺の国産腕時計1】アラーム... | TOP | 【腕時計関連】ダイバーズウ... »
最近の画像もっと見る

2 Comments

コメント日が  古い順  |   新しい順
昼飯で (Singa)
2017-05-15 10:37:22
そば定食にビールを飲まないのが、偉いですねぇ~。ちゃんと観光するのがえらいなぁ。
俺なら、そば定食にビール、焼酎をあけて、こしきの湯でいっちょ上がりとなって、宿に流れ込むのに。苦笑
ビールではなくムギチャ (俺)
2017-05-16 21:29:38
Singaさん、

もっと運動しないと、ムギチャも美味しくないのです。

こしきの湯でまったりして、まずはムギチャを飲むのです。

宿にチェックインして、ほっとしてムギチャを飲むのです。

宿の温泉に入って、湯上りにムギチャを飲むのです。

宿の夕食を食べながら、まったりムギチャを飲むのです。

食後に夜景を眺めながら、黙々とムギチャを飲むのです。

疲労と睡魔に襲われながら、意識が遠のくまでムギチャを飲むのです。

post a comment


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

Related Topics