集成・兵隊芸白兵

 平成21年開設の「兵隊芸白兵」というブログのリニューアル。
 旧ブログ同様、昔の話、兵隊の道の話を続行します!

霊魂の鐘を打つ人・杉田屋守伝(第5回・来日と荒れ狂うオッチャン)

2016-10-30 17:55:47 | 周防野球列伝
 オッチャンが来日した大正9年当時、当然のことながらハワイ―日本間に航空便など存在しません。
 ハワイ―日本間には日本郵船とアメリカの海運会社が太平洋航路を乗り入れており、それに頼る以外ありません。

 大正末期、ホノルル~横浜間は、日本郵船の太平洋航路客船を使って7日間ほどかかりました。運賃は最も安い三等船室で片道51円(最も高い一等は250円)。現在の貨幣価値で30~40万円ほどでしょうか。決して安くはないお金です。

 横浜に到着後、山口県岩国町までの移動手段も、当時はまだ船が便利だった時代。
 岩国出身の大作家・宇野千代は岩国の装束港から東京行きの船に乗ったことを自著に記していますが、オッチャンはその逆コースで東京から岩国に乗り込んできました。
 総行程10日弱の長い長い旅を経て、オッチャン、山口県玖珂郡岩国町(当時)にようやく到達です。

 岩国にやってきたオッチャンは「兄杉田屋」こと父の兄夫婦の養子となり、地元の尋常小学校4年に編入されます。
オッチャンが12歳で尋常4年という、当時の学制から勘案してもかなり年齢不釣り合いな学年に編入された原因ですが、これはハワイの日本人学校に4年時まで在学していた、ということが直接の原因であると思われます。
 
 ここで当時の学制について簡単に触れておきます。
 当時は満6歳の年齢になったら、6年制の尋常小学校に入学します。ここまでは現在と同じですが、以後が現在とは、随分と異なります。
 家に経済的な余裕があり、しかもお勉強ができれば、男は5年制の中等学校、女は4~5年制の高等女学校に入学します。
 成績が普通~イマイチであったり、家に経済的余裕がない場合は、尋常6年を修了後、2年制の高等小学校に進学し、そのあとは社会へ…という流れがあり、当時はこっちが一般的でした。
 昭和11年現在、中学・高女進学組は21パーセント。尋常卒でいきなり働く極貧家庭が13パーセント。高等小学校から社会へという組は実に66パーセント!
 いちおう向学心溢れる貧しい子弟のため、今の大検に相当する中等学校入学資格「専検」というものがあったりはしましたが、大正時代、中等学校への進学は、現代人が考える以上に困難な道のりでした。

 来日当時のことについて、オッチャンは自著で「風俗習慣の相違のため最初は実に閉口しました」とだけ述べています。
 アメリカンナイズされた12歳のオッチャンにとって、岩国での生活がカルチャーショックの連続であったであろうことは、想像に難くありません。

 大正12(1922)年、尋常の課程が明けた14歳のオッチャンは、県立岩国中等学校(現・岩国高校)に入学します。
 この入学に際しては、オッチャンの年齢、そして爾後の進学状況に照らし合わせて考えると、1学年に新入したのではなく、2学年に編入したのではないかと考えられます。
 当時は高等小学校からの編入組を筆頭に、年かさの新入生をいきなり2年に編入することは、結構普通に行われていました。
 そうした措置で2年編入した著名な事例を挙げますと、戦前無敵を誇った「鬼の柔道」木村政彦先生。木村先生は高等小学校2年から、私立鎮西中学2年に編入しています。それはさておき。

 県立岩国中学は明治13年創設。山口県でもトップクラスの歴史を誇る名門校。
 当時の山口県の「中小学章程」という、いわゆる当時の官立小・中等学校の運用規定によると、当時山口県は、県をタテに4つ割った学区で構成されており、その学区内に設立できる県立中等学校は1つか2つ、という構成になってました。
 そのため岩国中学には、岩国近郊のみならず、玖珂郡、熊毛郡、大島郡という、山口県の東4分の1を占める広大な地域から、えりすぐりの俊才が集まって来ていました。
 ちなみに余談ですが、岩国中学のあった学区における私立中等学校は、大正中期、岩国地区にできた高水中と、柳井地区にできた周東中(のちの県立周東中とは無関係)の2校のみ。
 とはいえ、当時の私立中学は、入学することこそカンタンなのですが、おおむね公立中学の2倍の授業料を取られ、しかもやれバザーだ、寄付金だ、教師への付け届けだと、折に触れてはお金が必要でしたので、よほどの金持ち以外は進学不可能でした。

 12歳までハワイで教育を受けつつも、来日後わずか2年でいきなり山口県トップクラスの進学校に入学したわけですから、オッチャンの学力はとびぬけて優秀であったことがわかります。
 しかし、「風俗習慣の相違」のためか、ハワイ出身という出自が奇異の目で見られたためか、岩国中学時代のオッチャンは、非常に荒れた、粗暴な言動が目立ったようです。

 「柳井高等学校野球部史」にオッチャンの長男・卓さんが寄せた回想文にはこのように記されています。
「何かが満たされない日々であったのかもしれない。(岩国)中学時代は荒々しい乱暴な行動が目立ったようである」

 何かに苦しみ、何かを求めて、荒れた日々を送る若き日のオッチャンでした。

【参考文献】
・「杉田屋守 私の野球生活」杉田屋守著 杉田屋卓編 私家版
・「柳井高等学校野球部史」柳井高等学校野球部史編集委員会
・「戦前の少年犯罪」管賀江留郎 築地書館
・日本郵船株式会社公式HP「時の羅針盤」
 

 
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 霊魂の鐘を打つ人・杉田屋守... | トップ | 今日は通常営業…「私は勝つ方... »

コメントを投稿

周防野球列伝」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。