集成・兵隊芸白兵

 平成21年開設の「兵隊芸白兵」というブログのリニューアル。
 旧ブログ同様、昔の話、兵隊の道の話を続行します!

通常営業・「武闘派にチャンスを与えよ」

2017-06-19 21:03:57 | 兵隊の道・仕事の話
 まず冒頭、1冊の本をご紹介させていただきます。
 「戦争にチャンスを与えよ」(エドワード・ルトワック著 奥山真司訳 文春新書)。なかなか挑戦的なタイトルですが、その記載内容は実に真理を突いており、非常に目からうろこな名著です。皆様も書店でお見かけの際は、ぜひご一読下さい。

 同著は非常に秀逸なフレーズが多かったのですが、そのなかでヒザを打って「そのとおり!」と最も同意したのは、下記の一節です。
「どの国の軍隊に対しても、武器を与えるのは難しいことではない。訓練を施すのも、それほど難しいことではない。しかし『戦闘する意思』まで植え付けるのは、極めて困難だ。『戦闘する意思』というのは、外から注入できるものではないのだ。」

 このフレーズはもちろん、同著が一貫して主張する「戦争は可能な限り避けよ」「消耗戦をするな」といった、戦争に対する留意事項と一対を成すものであり、「やみくもに『戦闘する意思』をむき出しにせよ」ということでないのは当然のお話です。
 しかし「『戦闘する意思』にもとづく戦闘力」は、「その国の文化や長年の教育の成果としてあらわれる」(同著より)ものであり、「『戦闘する意思』にもとづく戦闘力」を、必要な時にすぐに抜き出すためには、永くたゆまぬ教育と訓練が必要なのです。
 これは当たり前のことのようであって実はそうでなく、モノのわかる人間がつねに気を付けてやらせるべき事項なのです。
 以下、それを「当たり前のこと」と思ってないがしろにし、恥をさらしている職場の話を致します(;´・ω・)。

 私はこの春まで、わが社の瀬戸内海支社というところに勤務していましたが、その支社の社員の9割以上に決定的に欠けているのが、「『戦闘する意思』にもとづく戦闘力」でした。

 私の勤める会社はいわゆる「タイーフォ術」(仮)を行使したり、あるいは「武器」(仮)と呼ばれるものを運用したりできる会社なのですが、この瀬戸内海支社というところは、地理的にいわゆる「外敵」が来ない支社であるため、瀬戸内海支社の社員のほとんどは「戦闘する意思にもとづく戦闘力」を一切持たないアゴマッチョばかりでした。
 瀬戸内海支社の職員はおおむね、「タイーフォ術」(仮)をマッサージの仲間か何かと勘違いしており、「武器」(仮)を持たせれば、前後をさかさまに持つようなバカタレが掃いて捨てるほど存在。「税金ドロボウ」の名に恥じない無知無能ぶりを露呈しておりました。私も何度もその実害を受け、何度ブン殴ってやろうかと思ったかわかりません。
 
 「タイーフォ術」(仮)はわが社の社員なら、その程度の高低はともかく、必ず履修しなければならないもの(わが社の履修認定では、授業を35時間受けることとなっている。なので「知らない」「わからない」という言い訳は通用しない)であり、「武器」(仮)もまた同様です。しかし瀬戸内海支社は、道具を持ち、訓練も受けていながら、それをだれ一人「戦闘する意思に基づく戦闘力」に昇華できていない。

「戦争にチャンスを与えよ」著者は、「戦闘する意思に基づく戦闘力」を持たない国として、アラブや東ヨーロッパ、アフリカにあるいわゆる「難民ずれ」した国家とも言えない国家を挙げていますが、瀬戸内海支社は決してそれらの国の兵隊を哂えないでしょう。ことと場合によっては、それらの国の土人兵より、瀬戸内海支社の社員はレベルが低いかもしれません。

 「戦争にチャンスを与えよ」という挑戦的なタイトルの裏には「戦争は武器を用いる外交のいち手段なのだから、そのアプローチさえ間違えなければ、大きな平和をもたらすチャンスともなりうる。それを偽善・欺瞞に満ちた外力により無理に止めると、戦争をするよりより悲惨な結果をもたらす」という、逆説的でありつつ、実にまっとうなメッセージが隠されています。
 瀬戸内海支社は「うちは口先だけで警備ができる。汗をかいて相手を制するのはバカだ」という、シナ人のような誤った発想を根拠に「戦闘する意思に基づく戦闘力」を涵養することをないがしろにし、バカにし続けてきました。その結果、鉄砲の前後もわからんバカを多数育成するに至り、詳細は話しませんが、そこらじゅうで制圧対象者にナメられ、バカにされています。
 これは私が思い込んでいる話ではなく、私が実際に制圧した悪人がそう言っていましたから、間違いありません。
 その悪党はこうも言っていました。「オマエの会社に、オマエみたいなヤツがいるとは思わんかった。失敗した。」
 この何気ない一言に、瀬戸内海支社の社員の平均的資質が見事に表現されています。

 今の私は、瀬戸内海支社の社員じゃありません。
 しかし、数か月前までそうであった身としては、瀬戸内海支社は「武道派にチャンスを与えよ」を積極推進すべきであり、同支社の社員が一人でも多く「チャンス」の負託に応えるられるようになるべきだ、と祈るばかりです。
 「税金泥棒」と言われないためにも。
ジャンル:
ウェブログ
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 通常営業・シナの「捏造史」... | トップ | 霊魂の鐘を打つ人・杉田屋守... »

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (老骨武道オヤジ)
2017-06-20 21:20:17
武道(空手)を趣味?とするものはスポーツ性も建前として提唱しますが、その主目的は武道を護身術として身につけ、自らの周辺に異変があった場合、その悪人、テロリストどもを血祭にあげることではないかな・・?。もう素性はバレてるかもしれませんが空手の脇の締りは銃器の命中精度にも直結し、他の警棒の操作にも有効であることを“知人”は言っておりました。多少なりとも老骨オヤジの趣味が公安の役に立つことが出来て嬉しく思いますが・・あかん税金泥棒どもには困ったものですな・・
ありがとうございます! (周防平民珍山)
2017-06-22 20:00:10
 老骨武道オヤジさま、いつもありがとうございます!
 本当に、税金泥棒には困ったもので…私がこのたび、沖縄県に期間限定ではありますが、出稼ぎに出かけた理由は「本稿に記したような社風に心底嫌気がさした」です。
 沖縄に来て数か月、こちらの状況を見るにつけ、本当に瀬戸内海支社は異常であったと思い、本稿を記載するに至りました。

 今後ともよろしくお願いいたします!

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。