☆心に留まった光景☆

ちょっと興味が行った景色、出来事を載せてゆきたいです。

烏丸御池界隈散歩、御金神社、堀川、イノダコーヒ本店

2017年08月09日 | Weblog

法事の為のホテルを地下鉄烏丸御池駅そばに取りました。
早く起きたのでこの烏丸御池界隈を散歩しました。
烏丸通や御池通りの表通りはビルで囲まれていますが、
一歩裏に入ると京都はまだまだ低層の家並で、ホッとする柔らかい雰囲気に出会います。
低層の住宅の中にまだ所々格子戸のある古い町屋があります。 
朝のゆっくり散歩だったのでこういう古い町家の前を通る度に写真を撮りました。

     
そして起きてすぐか家の前の掃除をされている方が多く、京都の道路がきれいな事が分かりました。

           
古い町屋もどんどん減っているのでしょうか?
間口が狭くて奥が長い京都の独特の敷地の空き地がありました。
あんなに玄関から家の端まで長いのだとびっくりしました。
きっと家の持ち主が変わると住みやすい家に建て直すのでしょうね。ちょっと残念です。
   
昔からのお店屋さんや、町屋を利用したお店屋さんも多いなと思いました。
  

ホテルの人に二条城まで行く間に見る所をたずねると御金神社を紹介され、行きました。
名前のようにお金に縁がある神社のようで、鳥居が黄金色なのに驚きました。
小さな敷地で今日は夏祭りのようでした。
この神社のイチョウの木のお札があちこち山盛りに吊るされている、その量に驚きです。
   
ここでお札を買ったのに、夫は家に着くと5000円残っているスイカのカードが無くて、家までの道中探したりして、
この神社の御利益な無いと怒っていました。
しかし次の日遊びに来た2歳の孫がそのスイカのカードを持っていたので目が点になりました。
夫が着替えたりする時に胸ポケットから家の中で落としたようです。御利益はあったのかな?

二条城の手前で階段を降りると堀川があります。
川が流れているだけで涼しく散歩している人がいます。
平成になってから堀川は再現されたようです。
今日から竹と光により「京の七夕」を表現されるお祭りがあるようです。
   

階段を上ると目の前は堀川通です。この通りを渡ると二条城です。
城の周りをマラソンをする人が一杯いました。

今日の朝食はイノダコーヒ本店のモーニングセットをいただきました。
「ミルクと砂糖入りでよろしいですか」と聞かれてとっさに「いえ別でお願いします。」返事してしまいました。
しかし周りをみると、砂糖とミルクいりのイノダ風のコーヒーを頼んでいました。
分厚いカップがコーヒーの冷める速度を遅くするようで、我々はコーヒーをブラックで少し飲んでからミルクと砂糖を入れて飲みました。
ミルクと砂糖を入れてもしっかり美味しいコーヒーの味がして良かったです。
    
お店の門構えがレトロで渋い暖簾が掛かっています。
トイレへ向かう通路。3種類のインコが鳴いています。
     

ジャンル:
ウェブログ
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 京料理 | トップ | 東寺と鴨川沿い »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (aki)
2017-09-08 23:12:33
京都の大通りを少し入るとまだこのような家がありますよね。
京都へ来られるたびにあちこち見学されて、昔と変わっていますか?あまり変わっていませんか?
道路に面した間口を平等に割り振った街並みなんですね。
琵琶湖疎水も大掛かりな大工事ですよね。
京都も広いですね。
akiさんへ (kamy)
2017-09-10 22:39:01
両親の法事でちょくちょく京都に行くようになってから、京都の町を知りました。
昔京都府知事に蜷川さんと言う人がいて、高層ビルを建てず京都が古い町のまま残ったような事を聞きました。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

Weblog」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。