☆心に留まった光景☆

ちょっと興味が行った景色、出来事を載せてゆきたいです。

掛け軸

2017年03月06日 | Weblog

2月になって親の法事で京都、その後に子供家族と沖縄の旅、さらに甥っ子の結婚式で名古屋へと忙しく過ぎました。
この2年で親達3人が亡くなり、そしてその孫たちの結婚式が続いてありました。
私の子供も入れてみな良い伴侶を得て素敵な結婚式を上げているのがうれしいです。
そして我々世代が一番年上の世代になりました。
心は若いつもりですが、鏡を見るとその年齢の顔でシュンとなります。
甥っ子の結婚式の帰りに実家に寄って、亡くなった両親の残した掛け軸もらいました。
実家では季節ごとにいろいろな掛け軸を掛けていました。
古く黒くなった木の箱に入った掛け軸やもうし新しい軸等が色々ありました。
たくさんあるので一つ一つを箱から出して広げて、どんな絵が入っているかを見るのにも時間が掛かりました。
今の私の家の床の間は、その幅に合わせて買った箪笥が入っています。
でも夫の父が描いた墨絵の掛け軸もあり、
これからは床の間に飾ってゆきたいと思います。
床の間がない家が多くなり、掛け軸を飾る事が無くなってきてます。
でも昔の日本の絵も広げてみるとそれなりに良いなと思います。
   
ほとんどが古くて表面が所々シミがあります。
掛け軸をまく時にやはり手袋をした方が、シミになりにくいのかなと思います。

ジャンル:
ウェブログ
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 沖縄④ 首里城・楽しい旅にな... | トップ | 大寒桜 »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (くせ毛のアン)
2017-03-07 22:53:46
素敵なお軸ですね。
昔は季節に合わせてかけていたんですね。
我が家も床の間に箪笥を置き始めて2年がたちました。
くせ毛のアンさんへ (kamy)
2017-03-08 14:37:27
実家に帰ると色々な軸や花瓶や香炉が飾ってたなと思います。
床の間に飾るという住まいの風習が今の生活では必要で無いのかな。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。