勝利の花を咲かせるぞ!

東海大学山形高等学校ソフトボール部

2017 3年生を送る会 そして14年間を考える

2017-02-13 16:12:14 | 部員編

2月11日(土)
ホテルメトロポリタン山形にて、3年生を送る会が行われました。
8月の広島インターハイを最後に現役引退した12人のメンバーとともに3学年が揃う時間もこの日と3月1日の卒業式を残すのみとなりました。



1.2年生の保護者の方々による準備が素晴らしく、卒業のお祝いに相応しい感動的な時間となりました。

県高校総体と県私学大会のダブル優勝旗が花を添えてくれています。

インターハイを決めた激闘の様子をムービーにしてくださいました。
会場で上映され、6月のあの感動の瞬間を再び。

1年生から3年生へ。ステージで踊りまくる(笑)
ももクロだそうです。



2年生から3年生へ。こちらはAKB48。
一人ひとりへのメッセージを添えて。



3年生から仲間へ、後輩へ、私たちスタッフへ、そしてご両親へのメッセージ。
一喜一憂の日々。それを支えてくださったご家族へ送る感謝のメッセージを聞き、涙を止めることができません。



記念品の数々。
OGの彩からもお祝いの品が届きました。彩は、3年生が2年生の時から約半年間に渡り、選手をサポートしてくれた功労者です。

彩と同級生のさくらは、メトロポリタンで働いています。
2年連続で技能五輪レストランサービス部門に出場して、見事に銀賞(^3^)/
サプライズ企画で花束贈呈。さくらの話もまた感動。

26年ぶりのインターハイ出場を決めた学年です。
私が母校の監督になって14年かかりました。その間、毎年毎年全国大会を目指す選手を迎え入れ、使命感を持って生きてきました。
2016年、インターハイを決めた喜びは、その後勝てない13年間分のOGへの詫びの思いと重なりました。
果たせなかった夢を後輩達に託し卒業していった多くのOGの思いに報いることができたとしたら、それこそありがたいことです。
後輩達の頑張りを讃え、喜びの思いを伝えてくれた多くの卒業生に感謝します。

さて卒業式は3月1日。
最後まで我が校の模範となるべく、しっかりと生活してくださいね。
感動の時間をありがとう。この出会いに感謝します。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ソフトボールを考えて、学ぶ... | トップ | 2017 東日本大会組み合わせ »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

部員編」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。