勝利の花を咲かせるぞ!

東海大学山形高等学校ソフトボール部

グラウンドで練習ができた!

2017-02-18 14:25:26 | 練習編
休日は8時から室内練習場での練習をスタートさせています。
11時には野球部の練習が始まるので、3時間限定です。

今日は予想気温の低さを心配していましたが、まずまず心地好い天候♪
室内での練習後、野球場に出て捕球練習をしました!
太陽の下!土の上!幸せです(笑)
2017年、初の外練習を記念しての集合写真。

学校近くの坂道を利用しての、ラントレも再開しました。



ちなみに昨日のソフト場はこんな感じ。

校舎の陰になっているので、なかなか厳しいですね(-_-)
でも、少しずつ春の近づきを感じれて、ワクワクしてきます(^3^)
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

2017 東日本大会組み合わせ

2017-02-14 08:54:15 | 試合編
グラウンドの土が少しずつ見えるようになっても、またどかっと雪か積もる。
このサイクルがずっと続いています( ノД`)…

ということで野球部から間借りしての室内練習場。









野球部の面々は面白いですよ。
私が練習場所の関係で野球部スタッフと打ち合わせしているのを知っているもんだから、
「今日の野球部の練習予定は何ですか?」って、みんな聞いてきますから(笑)
だから、内緒で教えてあげています。

さて、3月末に行われる第47回東日本高等学校女子ソフトボール大会の組み合わせが届きましたので、お知らせいたします。



26日㈰ 監督会議・開会式
27日㈪ 予選リーグ
28日㈫ 予選リーグ 決勝トーナメント組み合わせ抽選会
29日㈬ 1部・2部決勝トーナメント
30日㈭ 1部・2部決勝トーナメント
会場は、東京都江戸川球場、江戸川臨海球場等です。
私が高校1年生だった平成5年3月に全国選抜大会に出場しました。その時代は全国選抜が江戸川での定点開催でした。
私にとっては24年ぶりの江戸川になります。浄水場の上に球場があって風が強く、とても寒かった記憶です。

3年生送別会の日は雪が降り続き、一晩で30センチぐらいの積雪でした。
翌日12日㈰の練習後は、真っ白なグラウンドの上で雪上サッカーを楽しみました。冬練習の定番メニューですね。







ソフト部、誰ひとりインフルエンザにもかからず、みんな元気です(*^_^*)
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

2017 3年生を送る会 そして14年間を考える

2017-02-13 16:12:14 | 部員編

2月11日(土)
ホテルメトロポリタン山形にて、3年生を送る会が行われました。
8月の広島インターハイを最後に現役引退した12人のメンバーとともに3学年が揃う時間もこの日と3月1日の卒業式を残すのみとなりました。



1.2年生の保護者の方々による準備が素晴らしく、卒業のお祝いに相応しい感動的な時間となりました。

県高校総体と県私学大会のダブル優勝旗が花を添えてくれています。

インターハイを決めた激闘の様子をムービーにしてくださいました。
会場で上映され、6月のあの感動の瞬間を再び。

1年生から3年生へ。ステージで踊りまくる(笑)
ももクロだそうです。



2年生から3年生へ。こちらはAKB48。
一人ひとりへのメッセージを添えて。



3年生から仲間へ、後輩へ、私たちスタッフへ、そしてご両親へのメッセージ。
一喜一憂の日々。それを支えてくださったご家族へ送る感謝のメッセージを聞き、涙を止めることができません。



記念品の数々。
OGの彩からもお祝いの品が届きました。彩は、3年生が2年生の時から約半年間に渡り、選手をサポートしてくれた功労者です。

彩と同級生のさくらは、メトロポリタンで働いています。
2年連続で技能五輪レストランサービス部門に出場して、見事に銀賞(^3^)/
サプライズ企画で花束贈呈。さくらの話もまた感動。

26年ぶりのインターハイ出場を決めた学年です。
私が母校の監督になって14年かかりました。その間、毎年毎年全国大会を目指す選手を迎え入れ、使命感を持って生きてきました。
2016年、インターハイを決めた喜びは、その後勝てない13年間分のOGへの詫びの思いと重なりました。
果たせなかった夢を後輩達に託し卒業していった多くのOGの思いに報いることができたとしたら、それこそありがたいことです。
後輩達の頑張りを讃え、喜びの思いを伝えてくれた多くの卒業生に感謝します。

さて卒業式は3月1日。
最後まで我が校の模範となるべく、しっかりと生活してくださいね。
感動の時間をありがとう。この出会いに感謝します。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ソフトボールを考えて、学ぶ時間。

2017-02-06 15:46:08 | 練習編
1月18日(水)
山形県運動部活動指導者講習会(ソフトボール習熟度別)に参加してきました。
中学校、高校の先生方が一堂に会しての講習会は初めてです。
講師は東北福祉大学の舟山監督、サポートに国体少年男子コーチの鈴木先生と福祉大学4年の高橋さん(明新館卒)。
そして、山形県ソフトボール協会から鈴木先生、山形クラブ監督の榎本さん。





受講者は老若男女?とあって、ゆったりペースで進み、その都度質問に対応してくださいます。
何度もおっしゃっていたのは、様々な指導法があるので何が正しいということは断言できないということ。
指導者自身の「感覚」に合うものをチョイスすべきということでした。
「感覚」とい言葉をよく使われており、机上の理論も大事ですが、実際に自分自身も動いてみて感じることを大事にしなければならないと感じました。

それぞれの学校の環境整備も大事だと。施設等の環境もそうですが、組織の中でどのような位置づけを築いていくかということ。
つまり応援してもらえる集団作りが大事だということ。
 

トレーニングの基礎知識を学ぶ時間。
メディカルフィットネス+スパLa Vita≪ラ・ビィータ≫にて。
人の縁が、このような素晴らしい機会をもたらしてくれました♪
トレーニングの理論から正しい方法まで。
学校にはウェイトトレーニングの設備が整っていないので、ある物を使って今後も続けていけるメニューを。











レッスンをお受けいただいた服部さん、サポートしてくださった松田さん、ありがとうございました。
(松田さんのお姉さんはソフトボールプレーヤー♬私よりグッとお若いですが、一緒のチームでプレーしたことも!これもご縁)
初レッスンからもうすぐ1カ月たちます。
正しくやれているか、パワーアップできているか、もう一度チェックしてもらえるような時間をお願いしてみようと思います。

冬期間は、中学生との合同練習が目白押し。
校舎建築の影響でピロティーがなくなり、室内練習場を野球部と共用する形ですので、合同練習もなかなか難しい状況です。
朝の8時から練習が始まるというハードスケジュールですが、多くの中学校が意欲満々で足を運んでくださいます。



教わる立場と教える立場。教えることの難しさにぶつかりながら、中学生と向き合う時間はとても貴重です。
端から見ていると、動ける選手(気づける選手)と動けない選手がよくわかります。

1月20日(金)
村山地区のソフトボール部顧問の先生方と慰労会でした。
部長として力を注いでくださった上山明新館高校の寒河江先生のご退職お祝いも兼ねて。



寒河江先生から、地区高校総体の優勝カップを寄贈していただきました。
2017年5月の地区高校総体でお披露目ですね♪

寒河江先生とお話をしていて、私の恩師である山口先生との思い出話になりました。
山口先生は平成5年に監督を退いてから校長先生になり、その一度部長としてご活躍されましたが、ご退職後はソフトボールとの関わりはありません。
その山口先生のことをご存じで、現場で昔話を共有できる方々は殆どいなくなってしまいました。
そんな寒河江先生もご退職という事で、その夜は時代の流れに寂しさが重なってしまいました。
多くの先駆者たちの積み重ねを大事にしていかなければなりません。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

2017鏡開きとバスケ部コラボ

2017-01-23 17:54:04 | 練習編

また雪ですね。
週明け月曜日の雪は、なかなかツラいです。
1月も後半突入。ぐぐっと振り返ってみます。

1月14日(土)
恒例の餅つき大会!
校舎建築に伴って学校施設が使用できず、近くのコミュニティセンターをお借りしての開催です。









臼と杵でついた餅は、やっぱり粘りが違う!もちもちでとても美味しかったです。
力餅。粘り強い戦いができるようにと念じていただく。

1月12日(木)
糸井先生率いる女子バスケ部とのコラボ練習。
最初は室内練習場でソフト部メニューを。





腕がツラい~(。>д<)
息があがる~(。>д<)
その後は体育館に移動してバスケ部メニュー!





アジリティ系のメニューをリクエスト。
バスケの子と比べると、なんて鈍くさいのでしょうか(-_-)
ストップ→リスタートがあぁぁぁ…遅い

いい光景♪
互いに刺激しあって、励まし合える関係であってほしい。


清野姉妹。
姉ちゃんはたった3人だけの学年で苦労が多く、でも、最後には準決勝で明新館を破っての準優勝!
そんな姉ちゃんの姿を見て、妹も入部。奇しくも、妹の代も準優勝止まりという。
懐かしいな~♪そんな積み重ねの上に26年ぶりのインターハイがあるのだとしみじみ。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

2017 今年もよろしくお願いします。

2017-01-11 14:19:12 | 部員編

すでにチームは始動しておりますが、今年も東海大学山形高等学校ソフトボール部をよろしくお願いいたしますm(__)m

例年にない雪の少なさで、8日(日)にはグラウンドで練習することができました。
こんなことは人生で初めてかもしれません。しかし、翌日には雪そして雨…
1日1日、天候の具合に左右されてはいますが、グラウンドが使える!外を走れる!という喜びの中でやれるなんて幸せです。
そんな楽しみも含みながら、校舎練習も頑張っています。

年末年始、たくさんのOGが帰省の挨拶、進路報告と足を運んでくれました。

成人式の学年が勢揃い♬新成人おめでとう(^^♪ 

就職の内定報告!近況報告!国家試験がんばれ~!!! 

勤めてみて初めて気づくことも多く。
今後の人生を考えて、方向転換するのもよし!決めたらやるだけ!応援してます。
 
学校は13日㈮に推薦入試&学業奨学生入試を控えています。
入試に伴い入校禁止の期間があり、変則的な日程になります。
チーム練習ができない中、自分時間をどのように過ごすかということの行動選択に期待したいと思います。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

2016 皆さまのご支援に感謝いたします

2016-12-29 21:50:22 | 部員編

今年はなんと言っても、26年ぶりのインターハイ出場に沸いた一年でした。
華やかな全国の舞台を目の当たりにして、再びあの舞台へ立つのだという強い思いを抱いた時間でもありました。

秋シーズンは県のトップを獲ることができずに涙を流し、来春に向けて心身共に鍛え上げの時期に入っています。

24日(土)、25日(日)
群馬県の高崎健康福祉大学高崎高等学校へ。











練習試合やトレーニングもありがたかったですが、
投手、捕手、野手、スラップの各分野に分かれての講習会がとても充実していました。
目から鱗とはこういうことを言うのだと思います。











山形に戻れば、限られたスペースでの練習。
健大で教わってきたトレーニングをみっちりやっています。
正直、去年の冬とは比較にならないほどガッチリやっていると思います。

29日がバット納め。5日間のお正月休みです。
例年はみんなで年越しそばを食らうのですが、
調理室が使用できずに、苦肉の策。
年越し玉こんにゃくです(笑)

一緒に写真撮りましょう~とお誘いを受けました(笑)眩しい。

改めまして、
今年一年の皆さまのたくさんのご支援に感謝したします。ありがとうございましたm(__)m
2017年は4日が練習始めです。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

2016親子レク ボウリング大会

2016-12-21 20:17:00 | 部員編
例年より雪が少ない12月を過ごしています。
今日は奇跡的にグラウンドの端っこを使うことができました。



それでもグラウンド全面が乾くのは、なかなか難しいような状況です。
校舎内の廊下や室内練習場を間借りしての練習。
限られたスペースですが、逆境こそ力に変えて戦える集団でありたいものです。



17日は親子レクの第2段。ボウリング大会でした。





投球時の足が反対の人がいます。
さて誰でしょう?(笑)
たまたま撮った私の写真が奇跡的な瞬間でした。









X'masパーティーも兼ねて♪
楽しい一時。

今日から冬休みに入りましたが、進学講習や救急法講習がありますので、
全員が揃っての練習は難しい状況ですね。
まずは、限られた時間、限られた場所ですが、しっかり練習に取り組んでいきたいと思います。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

東北私学大会の振り返り 2位トーナメント編

2016-12-15 09:32:31 | 試合編
全国私学大会出場に近づくためには、予選トーナメントで1位になり、決勝トーナメントに進出する事でした。
ここの1位と2位が持つ、意味合いの大きな差を強く強く感じなければなりません。

奇しくも2位トーナメントには山形の代表校である学院、東海、米沢中央が顔を揃えることになり、
これまた他県と山形の差を痛感させられることになりました。

2位トーナメント1回戦 対山形学院































県新人戦決勝と同カードとなったこの試合。
相手ピッチャーの乱調にも助けられる形で辛くも勝利することができましたが、
初回のチャンスをしっかり得点に繋げておかなけらばならない試合でした。
攻撃の噛み合わせが悪く、反省点多数あり。

2位トーナメント決勝 対弘前学院聖愛

















この大会、2回目のタイブレイカー。
ランナーを出しながらも、強打を誇る弘前聖愛さんを相手に7回までに1失点に抑えることが出来たのは評価。
8回表、1アウトランナー3塁の場面で、相手のサインプレーを見ぬきながらもしっかり外しきれずに転がされての1失点。
その裏、同様の場面から3塁ランナーを生還させることができず2アウト。最後は空振り三振で試合終了です。
長打、強打がなくても、しっかり点に結びつけることができる攻撃パターンが必要ですね。

東北私学大会をもって、2016年の公式戦をすべて終えました。
3月には東京都の江戸川区球場を中心に開催されます「第47回東日本高等学校女子ソフトボール大会」に出場予定です。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

東北私学大会の振り返り 予選トーナメント編

2016-11-28 15:46:40 | 試合編
4日(金)の監督・主将会議の中で組み合わせ抽選が行われました。
参加チームは、
青森:弘前聖愛、八戸聖ウルスラ
岩手:花巻東、専修大学北上
宮城:東北生活文化大学、聖和学園、東北、明成
秋田:明桜
山形:山形学院、東海大学山形、米沢中央
福島:帝京安積、福島東稜、福島成蹊、学法石川
です。
全16チームを4チームずつの4ブロックに分ける抽選です。
抽選により聖和学園と1回戦、勝ち上がりで花巻東と福島成蹊の勝者との対戦に決まりました。

5日(土)
予選トーナメント1回戦 対聖和学園























2対2から延長に突入してしまったこの試合。
2点先制しながらも、その裏に簡単に同点に追いつかれてしまう。
その後も勝ち越すチャンスがありながら、攻めきれない。
ここぞという場面での勝負強さが…弱いですね。
キャプテンが守備でも打撃でも、きっちり堅いプレーをしてくれて、そのおかげでチームは大崩れしなかった。
延長8回、相手の攻撃を封じて1点取ればサヨナラという緊張感のある場面で、しっかり決めれたことは良かったです。

予選トーナメント決勝 対花巻東













今秋、岩手県を制した花巻東さんですから強いのはわかっていました。
だからこそ、どこまで食いつけるかが私たちの大きな目標。
序盤なんとか失点せずに乗り切りたいと思っていましたが、あっさり初回で決まってしまいました。
ゲームの入りでこうなると、今のチームがそこからの大量得点はやっぱり難しいです。
強いチームの「際」のプレーをまざまざと見せつけられたというか、見ることが出来たというか。
この差をこの冬でつめていかなければなりません。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加