勝利の花を咲かせるぞ!

東海大学山形高等学校ソフトボール部

東日本大会の振り返り②

2017-04-18 14:11:02 | 試合編
1敗1分で終えた予選リーグ。当然ながら2部トーナメントです。
2次抽選会で東北の先生方とお話をしていたら、組み合わせが近くに寄ってしまうという現象が起きて、
せっかく東京まで来てるんだから、関東のチームと試合したかったよね―…と。
初戦は秋田県の能代松陽さんと。監督さんが3月末で転勤が決まっていて、この大会が最後の采配ということでした。



















先の記事でゲームの流れのことを書きましたが、流れっていったい何なのか?
選手たちの心理が作り出す正負の感情の表れだと思います。

「あぁ、ピンチだ…」
「チャンスが来た」

と、そのチームの大半の選手がそう思ったときに
その「流れ」が生み出されるものだと思います。

チャンスをものにする「正(プラス)」の感情。
ピンチを「負(マイナス)」の感情ではなく「正」にとらえる強い心。

そんなことが如実に見えた試合でした。
流れを変えたプレー、流れが変わった場面が決定的だったという事です。

この試合を振り返って、
自分たちのゲームの流れは自分たちが引き寄せるしかないのだと感じてほしい。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

2017地区春季リーグ戦組み合わせ

2017-04-18 13:31:16 | 試合編

週明け、山形の桜は満開に🌸
でも…昨夜からの雨、そして今週は雨天予報が続きます。
今週末に予定されている村山地区春季リーグ戦の動向も心配です。
リーグ戦は予備日が設定されていないので、2日開催の1日でも雨天となれば大会自体が中止扱いに。
数年前は雪で中止になったこともありました。

2017シーズンの幕開けです。なんとか天気が好転しますように!
さて、組み合わせをお知らせいたします。
咋秋のリーグ戦で不出場だったチームや合同チームを編成していたチームは3部からのスタートになります。

大会会場は、山辺町町民グラウンド及び野球場。
1部⇒山辺町民多目的広場南側
2部⇒山辺町民野球場
3部⇒山辺町民多目的広場北側
です。
2017シーズンも東海大山形ソフトボール部に力強い後押しいただきますよう、よろしくお願いいたします。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

東日本大会の振り返り①

2017-04-13 07:39:49 | 試合編
雨天により、予選リーグは2日日程から1日に。
試合も4試合から2試合へと変更になりました。
いずれにせよ、なんとか試合数を確保したいとご尽力いただきました東京都高体連、他関係者の方々には感謝いたします。
予選リーグは大田原女子(栃木)と常葉菊川(静岡)との試合。























3点勝ち越している試合で終盤に追い付かれての同点。
変化球多投のピッチャーを攻略できずに完敗。
どちらも不甲斐ない内容になってしましました。

試合には確実に「流れ」というものがあります。
それをいかにものにするかが勝利へのカギになります。
「流れ」は作り出すものであり、読み取るものであり
天から降ってくるのを待っていたのではいっこうに勝利は見えてきません。

自分たちのゲームの流れは自分たちが引き寄せるしかない。
そんなことを考えさせられた試合でした。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

2017東日本大会開会式

2017-03-26 17:41:04 | 部員編
大都会東京は雨です。
昨日から降り続いた雨が止まず、しとしと…しとしと…

監督会議で、明日の午前中は中止になることが決まりました。
午後に試合が出来るかどうかの判断は明朝7時。
降水確率も下がってきたので大丈夫ではないかと念じております。
予定されていた予選リーグ4試合が3試合になってしまいますが、この状況で3試合できれば良しとしなければならないと思います。

明日、明後日の試合順と場所が変更になっていますのでお知らせします。
27日(月) 午後は、
28日(火)第1試合及び第2試合に予定されていたゲームを行う
(東海は江戸川臨海球技場)
28日(火)は、
27日(月)に予定されていた4試合を行う
(東海は江戸川河川敷ソフトボール場)

14時半から開会式が行われました。







私たち東北人にとっても寒いと感じる体育館内。
東北の先生方で、ジェットヒーターって東北の学校にしかないのかな?なんていう会話(笑)
それぐらい寒かったです。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

2017 球春

2017-03-24 21:42:23 | 練習編
トレーニング講座の第2弾。
ラ・ビィータの服部さんと松田さんのレッスンです。
筋肉をほぐすストレッチタイムは、私にとっても至福の時間でした♪







前回よりも更にハードに!刺激的な時間。

教わったことを学校に帰ってからも、しっかりと。

ザ・階段トレーニング(笑)

今春入学予定の新入生も合流しています。





日々筋肉痛と戦っているらしい。
ご飯も食べずにひたすら寝てるらしい。

19.20日に参加したスプリングカップの様子は次回。
明日から東日本大会に出掛けます。応援よろしくお願いしますm(__)m
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

2016 卒業証書授与式

2017-03-08 09:22:27 | 学校編
3月1日 卒業証書授与式が挙行され、ソフトボール部の3年生12名も巣立っていきました。
悲願であった26年ぶりのインターハイ出場を決めた学年です。
それぞれが歩みを進める道を前に、晴れやかな顔が印象的でした。

前日の表彰式で12名は、
松前重義賞奨励団体賞と校長賞奨励賞を受賞しました。
いずれも、全国私学大会とインターハイへの出場が評価されての授与です。
代表として主将の油井明日香が壇上へ!!!



受賞式終了後、全員に副賞のTOKAIバスタオルを渡して集合写真(*^_^*)

賞状とトロフィーと東海ブルーのバスタオル。


卒業式終了後、雪が解けたグラウンドに出て、ソフト部3学年31名大集合♪
花束の他にも、後輩からサプライズプレゼントもあったようで、束の間の友和の時間。名残惜しい時間。

2016年度、最後の集合写真。



卒業後もソフトボールを続ける3人組と1枚。
油井は佐川急便で。
辨野と髙桑は東海大学で。

就職3名、医療系専門学校3名、4年制大学6名。
いつまでも応援してっから♪頑張れよ♪
卒業おめでとう。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

グラウンドで練習ができた!

2017-02-18 14:25:26 | 練習編
休日は8時から室内練習場での練習をスタートさせています。
11時には野球部の練習が始まるので、3時間限定です。

今日は予想気温の低さを心配していましたが、まずまず心地好い天候♪
室内での練習後、野球場に出て捕球練習をしました!
太陽の下!土の上!幸せです(笑)
2017年、初の外練習を記念しての集合写真。

学校近くの坂道を利用しての、ラントレも再開しました。



ちなみに昨日のソフト場はこんな感じ。

校舎の陰になっているので、なかなか厳しいですね(-_-)
でも、少しずつ春の近づきを感じれて、ワクワクしてきます(^3^)
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

2017 東日本大会組み合わせ

2017-02-14 08:54:15 | 試合編
グラウンドの土が少しずつ見えるようになっても、またどかっと雪か積もる。
このサイクルがずっと続いています( ノД`)…

ということで野球部から間借りしての室内練習場。









野球部の面々は面白いですよ。
私が練習場所の関係で野球部スタッフと打ち合わせしているのを知っているもんだから、
「今日の野球部の練習予定は何ですか?」って、みんな聞いてきますから(笑)
だから、内緒で教えてあげています。

さて、3月末に行われる第47回東日本高等学校女子ソフトボール大会の組み合わせが届きましたので、お知らせいたします。



26日㈰ 監督会議・開会式
27日㈪ 予選リーグ
28日㈫ 予選リーグ 決勝トーナメント組み合わせ抽選会
29日㈬ 1部・2部決勝トーナメント
30日㈭ 1部・2部決勝トーナメント
会場は、東京都江戸川球場、江戸川臨海球場等です。
私が高校1年生だった平成5年3月に全国選抜大会に出場しました。その時代は全国選抜が江戸川での定点開催でした。
私にとっては24年ぶりの江戸川になります。浄水場の上に球場があって風が強く、とても寒かった記憶です。

3年生送別会の日は雪が降り続き、一晩で30センチぐらいの積雪でした。
翌日12日㈰の練習後は、真っ白なグラウンドの上で雪上サッカーを楽しみました。冬練習の定番メニューですね。







ソフト部、誰ひとりインフルエンザにもかからず、みんな元気です(*^_^*)
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

2017 3年生を送る会 そして14年間を考える

2017-02-13 16:12:14 | 部員編

2月11日(土)
ホテルメトロポリタン山形にて、3年生を送る会が行われました。
8月の広島インターハイを最後に現役引退した12人のメンバーとともに3学年が揃う時間もこの日と3月1日の卒業式を残すのみとなりました。



1.2年生の保護者の方々による準備が素晴らしく、卒業のお祝いに相応しい感動的な時間となりました。

県高校総体と県私学大会のダブル優勝旗が花を添えてくれています。

インターハイを決めた激闘の様子をムービーにしてくださいました。
会場で上映され、6月のあの感動の瞬間を再び。

1年生から3年生へ。ステージで踊りまくる(笑)
ももクロだそうです。



2年生から3年生へ。こちらはAKB48。
一人ひとりへのメッセージを添えて。



3年生から仲間へ、後輩へ、私たちスタッフへ、そしてご両親へのメッセージ。
一喜一憂の日々。それを支えてくださったご家族へ送る感謝のメッセージを聞き、涙を止めることができません。



記念品の数々。
OGの彩からもお祝いの品が届きました。彩は、3年生が2年生の時から約半年間に渡り、選手をサポートしてくれた功労者です。

彩と同級生のさくらは、メトロポリタンで働いています。
2年連続で技能五輪レストランサービス部門に出場して、見事に銀賞(^3^)/
サプライズ企画で花束贈呈。さくらの話もまた感動。

26年ぶりのインターハイ出場を決めた学年です。
私が母校の監督になって14年かかりました。その間、毎年毎年全国大会を目指す選手を迎え入れ、使命感を持って生きてきました。
2016年、インターハイを決めた喜びは、その後勝てない13年間分のOGへの詫びの思いと重なりました。
果たせなかった夢を後輩達に託し卒業していった多くのOGの思いに報いることができたとしたら、それこそありがたいことです。
後輩達の頑張りを讃え、喜びの思いを伝えてくれた多くの卒業生に感謝します。

さて卒業式は3月1日。
最後まで我が校の模範となるべく、しっかりと生活してくださいね。
感動の時間をありがとう。この出会いに感謝します。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ソフトボールを考えて、学ぶ時間。

2017-02-06 15:46:08 | 練習編
1月18日(水)
山形県運動部活動指導者講習会(ソフトボール習熟度別)に参加してきました。
中学校、高校の先生方が一堂に会しての講習会は初めてです。
講師は東北福祉大学の舟山監督、サポートに国体少年男子コーチの鈴木先生と福祉大学4年の高橋さん(明新館卒)。
そして、山形県ソフトボール協会から鈴木先生、山形クラブ監督の榎本さん。





受講者は老若男女?とあって、ゆったりペースで進み、その都度質問に対応してくださいます。
何度もおっしゃっていたのは、様々な指導法があるので何が正しいということは断言できないということ。
指導者自身の「感覚」に合うものをチョイスすべきということでした。
「感覚」とい言葉をよく使われており、机上の理論も大事ですが、実際に自分自身も動いてみて感じることを大事にしなければならないと感じました。

それぞれの学校の環境整備も大事だと。施設等の環境もそうですが、組織の中でどのような位置づけを築いていくかということ。
つまり応援してもらえる集団作りが大事だということ。
 

トレーニングの基礎知識を学ぶ時間。
メディカルフィットネス+スパLa Vita≪ラ・ビィータ≫にて。
人の縁が、このような素晴らしい機会をもたらしてくれました♪
トレーニングの理論から正しい方法まで。
学校にはウェイトトレーニングの設備が整っていないので、ある物を使って今後も続けていけるメニューを。











レッスンをお受けいただいた服部さん、サポートしてくださった松田さん、ありがとうございました。
(松田さんのお姉さんはソフトボールプレーヤー♬私よりグッとお若いですが、一緒のチームでプレーしたことも!これもご縁)
初レッスンからもうすぐ1カ月たちます。
正しくやれているか、パワーアップできているか、もう一度チェックしてもらえるような時間をお願いしてみようと思います。

冬期間は、中学生との合同練習が目白押し。
校舎建築の影響でピロティーがなくなり、室内練習場を野球部と共用する形ですので、合同練習もなかなか難しい状況です。
朝の8時から練習が始まるというハードスケジュールですが、多くの中学校が意欲満々で足を運んでくださいます。



教わる立場と教える立場。教えることの難しさにぶつかりながら、中学生と向き合う時間はとても貴重です。
端から見ていると、動ける選手(気づける選手)と動けない選手がよくわかります。

1月20日(金)
村山地区のソフトボール部顧問の先生方と慰労会でした。
部長として力を注いでくださった上山明新館高校の寒河江先生のご退職お祝いも兼ねて。



寒河江先生から、地区高校総体の優勝カップを寄贈していただきました。
2017年5月の地区高校総体でお披露目ですね♪

寒河江先生とお話をしていて、私の恩師である山口先生との思い出話になりました。
山口先生は平成5年に監督を退いてから校長先生になり、その一度部長としてご活躍されましたが、ご退職後はソフトボールとの関わりはありません。
その山口先生のことをご存じで、現場で昔話を共有できる方々は殆どいなくなってしまいました。
そんな寒河江先生もご退職という事で、その夜は時代の流れに寂しさが重なってしまいました。
多くの先駆者たちの積み重ねを大事にしていかなければなりません。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加