トジハジ日記

山行記録がメインですが、家族への発信用としても利用していますので内容はいろいろです。

2016.8.1-3槍ヶ岳

2016-09-15 14:24:13 | 日記

槍の穂先へ向かうAさんとOさん。バックは笠ヶ岳

<編集中>

コースタイム:

Aさん、Oさんと3人で北アルプスの槍ケ岳へ行ってきました。槍ヶ岳は四季を問わず少なくとも20回以上は登っています。厳しい冬の南岳南西尾根や中岳西尾根の登攀ルートから登った槍、子供たちと西鎌尾根縦走途中に登った槍、妻が水俣乗越の下りでばてて足が棒のようになってしまった槍、北鎌尾根や最難関の硫黄尾根からの槍、白馬から西穂縦走中に登った槍など、槍ヶ岳に関する思い出は山ほどあります。槍のピークに立つたびに過去の山行が思い出され胸が熱くなります。今回もこの年齢でまた無事に登れたことに感謝。そして同行してくれたパートナーにも感謝の気持ちでいっぱいです。

今回は三人での初のテント泊縦走ということでしたが、やたらザックの重い人がお見えで、あえなく槍平ベースにグレードダウン。結局、軽装で槍から南岳縦走ということになりました。天候は曇気味でしたが無事、槍の穂先に立ち、南岳まで縦走を楽しみ、そこから槍平っへ下りました。

コメント:南岳の下りはもっと楽な記憶がありましたが、あまり一般的とは言い難いです。恐らくルートが変わった。冬のルートに近い感じがしました。足に疲れが出てきたシニヤには勧められません。この時期、中岳の水場は涸れています。中岳の登りには梯子がありました。以前、槍ヶ岳には梯子がなく右から回り込むようにして頂上に立ったのですが、今ではこの中岳のようにどこでもちょっとしたところに梯子や設置され安全になっています。南岳のテン場も水はなし。思い出しましたが南岳で幕営を申し込む場合、遅い到着は小屋の人に怒られます。去年、横尾左股からキレツト最低鞍部に抜けて小屋に着いたとき18時頃でしたのでかなり怒られました(これは昔からの自分の登山スタイルなのですが)。


ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 2016年7月4日松本市鉢盛山 | トップ | 2016.7.22-24高妻山、火打、... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

日記」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。