受験の力”TOITAの航空無線通信士受験塾” 第20期(平成29年8月期向け)受講生受付開始!!

分かるから続けられる航空通・受験講座!!2月期合格に向けてご一緒に頑張りましょう。当塾は、合格を目的とした会員制塾です。

TOITAの「航空無線通信士受験塾」第20期工学第7章電源 (2)鉛蓄電池の動作

2017年05月19日 | 「工学」見本記事

          第7章電源
      (2)鉛電蓄電池の動作

今回は、 電気を蓄える事が出来る 二次電池の内の鉛蓄
電池のお話をします。
数年前の年末、古くからある TVのクイズ番組を見てい
ましたら、答えが二次電池と言う問題が有りました。
答えたのは、現役のパイロットの方でした。
多分  航空無線通信士の試験勉強の時に覚えられたので
はと思って見ていました。
ちなみに  使い捨ての電池は、充電出来ませんの一次電
と言う事は、前回、お話しをした通りです。

皆様は、想像がつくと思いますが、航空局は、地上にあ
りますので発電所から送られて来る電気を使って管制装
置や無線装置を動かす事が出来ますが、空を飛んでいる
航空機は、発電所からの電力の供給を受ける事が出来ま
せん。
そこで、自前で発電する事になります。
それでは、航空機の何処で発電するかと言えば、エンジ
ンです。
エンジンで推力を得ると共に、エンジンで発電機を回し
て電力を得ています。
発電された電気は、電池に蓄える必要があります。
エンジンを動力源として同時に 発電機を回し、 その電
気を電池に蓄えると言うのは、自動車と同じ事です。
それでは、なぜ、電気をそのまま、使わないで蓄えるか
と言う事ですが、 勿論、発電しながら使っていますが、
エンジンが回っている時、止まっている時、エンジンの
回転数が高い時、低い時と言う様にエンジンの状態は、
様々です。
よって、発電量も違いますので、安定した電力を得る為
には、機内で余り電気を使わない時には、 蓄えておき、
使用量が増えた時にエンジンでの発電量の不足を補う必
要があるからです。

それでは、気分を受験モードに戻し鉛蓄電池のお話を致
します。
鉛蓄電池については、1回又は、2回おきに出題される
問題です。
問題が各回似ていますが、問題文が似ていても否定文で
書かれている時と肯定文で書かれている時がありますの
で問題文と答えを暗記すのでなく理解しておく必要があ
ります。
理解しておけばどの様に問われても解答出来ます。
要点は、 沢山ありませんし 得点し易い所 ですのですの
で、試験において僅かな得点差で不合格にならない様に
する為
にも重要なポイントとなります

鉛蓄電池をご存じない方もいらっしゃるかと思いますが
、自動車のボンネットを開けると見られる電池で充電式
です。(電気自動車の電池は、種類が違います。)
充電出来る電池二次電池
充電出来ない電池一次電池と言います。
鉛電池は、自動車や小型機等の移動体の電源として、ま
た、非常用電源として停電時等に使用されます。

I、鉛蓄電池の充電時の状態(新設問題

続きは、 5月の「法規」と「工学」のページでお読み
下さい。

 

 

ご注意

  当講座は、会員制です。

  会員以外の方がご覧になれるのは、通常、記事
  の本の一部である 見本だけ
です。
  お早めに、会員登録をお済ませ下さい。
  今、行動をおこさなければ、合格は、ありませ
  ん。

  

 TOITAの「航空無線通信士受験塾」
     会員募集のお知らせ

 当講座は、会員制です。

 記事を全文読んで頂く事を始め、質問をして頂い
たり、受験の相談をさせて頂く方を限定する為、
会員制としています。


参考書を選ぶ極意は、今、ご自分が分からない事
柄をご自分にとって分かりやすい説明であるかを
見極める事です。
講座選びも同じです。
分かりやすいか・分かりにくいか、記事の見本で
ご確認下さい。


入会希望の方は「入会案内書希望」と書いて、以
下のメール・アドレスへお送り下さい。
直ぐに「入会案内書」をお送りします。  
なお、メールには、お名前の記載は、必要ありま
せん。 

また、コメント欄からのお申し込みも受け付けて
います。
コメント内容は、ブログ訪問者の方には、見られ
ない様になっていますが、お名前の記載は、避け
て下さい。
なお、入会案内書の送付先のメール・アドレスは
、必ずお書き下さい。

TOITAの「航空無線通信士受験塾」メール・アド
レス:
toita-aero@har.bbiq.jp
   
   

応援して頂ける方は、「航空」の文字か下のバナー
をクリックして下さい。 

   

  「航空

     

『航空』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 前の記事へ | トップ | 次の記事へ »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。