受験の力”TOITAの航空無線通信士受験塾” 第20期(平成29年8月期向け)受講生受付開始!!

分かるから続けられる航空通・受験講座!!2月期合格に向けてご一緒に頑張りましょう。当塾は、合格を目的とした会員制塾です。

TOITAの「航空無線通信士受験塾」第20期工学第3章半導体・電子管・電子回路 (7)オペアンプその1

2017年04月19日 | 「工学」見本記事

       第3章半導体・電子管・電子回路
         (7)オペ・アンプその1

今回と次回の 2 回に分けてオペ・アンプのお話をいた
します。
今回の最後には、  前回出題致しました演習問題の解答
を行います。 

オペ・アンプは、その名の通り、日本語で演算素子と言
います。皆様は、信じられないかも知れませんが、ウン
十年前には、アナログの計算機が有りました。
一般的では、在りませんでしたが電気関係の高校や大学
には、有りました。私も、一度、実験で使用した記憶が
有ります。
そんな昔から有った物ですが、現在は、IC化されていま
すので まさに1つの部品として扱われていますので図-7
の様に1つの部品として回路記号で描かれています。
現在は、オペ・アンプを使う事により、今まで、複数の
部品を組み合わせて作っていた増幅回路や発振器回路等
が簡単に作れる様になりました。
 
入力は、2つ有り、”-”と書かれた方から入力しますと、
出力は、入力に対して180度位相がずれます。
”+” と書いてある方から入力しますと入力と出力の位相
差は、有りません。
オペ・アンプは、差動増幅器 と言いまして、
2つの入力
の差
を増幅
します。

オペ・アンプの重要な性質を以下にまとめます。

 (1)入力インピーダンス Z1 と Z2 が無限大です。
   (入力への電流の流れ込みが無いと言う事です。)
 (2)出力のインピーダンス Zo が”0”です。
 (3)増幅度無限です。
  (数mV の入力が数万Vになると言う事では、有りま
      せん。)
   出力の電圧は、電源電圧以上には、なりませんので
   逆に言いますと、オペ・アンプの入力に入って来た
       信号のレベルを観ますと1/(無限大)ですから”0
       ”になっています)
   

 

続きは、4月の「法規」と「工学」のページでお読み下さ
い。
 

ご注意

 当講座は、会員制です。

 会員以外の方がご覧になれるのは、通常、記事
 の本の
一部である 見本だけ
です。
 お早めに、会員登録をお済ませ下さい。
 今、行動をおこさなければ、合格は、ありませ
 ん。

  

 TOITAの「航空無線通信士受験塾」
     会員募集のお知らせ

当講座は、会員制です。

記事を全文読んで頂く事を始め、質問をして頂い
たり、受験の相談をさせて頂く方を限定する為、
会員制としています。

参考書を選ぶ極意は、今、ご自分が分からない事
柄をご自分にとって分かりやすい説明であるかを
見極める事です。
講座選びも同じです。
分かりやすいか・分かりにくいか、記事の見本で
ご確認下さい。


入会希望の方は「入会案内書希望」と書いて、以
下のメール・アドレスへお送り下さい。
直ぐに「入会案内書」をお送りします。  
なお、メールには、お名前の記載は、必要ありま
せん。 

また、コメント欄からのお申し込みも受け付けて
います。
コメント内容は、ブログ訪問者の方には、見られ
ない様になっていますが、お名前の記載は、避け
て下さい。
なお、入会案内書の送付先のメール・アドレスは
、必ずお書き下さい。

TOITAの「航空無線通信士受験塾」メール・アド
レス:
toita-aero@har.bbiq.jp
   
  

 

応援して頂ける方は、「航空」の文字か下のバナー
をクリックして下さい。 

  

  「航空

 

『航空』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 前の記事へ | トップ | 次の記事へ »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。