受験の力”TOITAの航空無線通信士受験塾” 第20期(平成29年8月期向け)受講生受付開始!!

分かるから続けられる航空通・受験講座!!2月期合格に向けてご一緒に頑張りましょう。当塾は、合格を目的とした会員制塾です。

TOITAの「航空無線通信士受験塾」第20期法規第6章無線従事者 (3)免許の交付・返納・再交付

2017年05月16日 | 「法規」見本記事

         第6章無線従事者
     (3)免許の交付・返納・再交付等
     赤紫色 の文字は、法規の用語解説
       のページを参照して下さい。

今回は、無線従事者免許について交付から返納迄のお
話をします。
その前に、多分、皆様の多くが、勘違いされていると
思われる点を先にお話しておきます。
無線局の ”免許状” や無線従事者の”免許証”自体を”免
許”と思われていませんか?
結論から先に申しますと、”免許状”や”免許証”は、総
務大臣
が”免許(特別に許した)”した証に当該申請者
申請にもとづき交付するです。

よって、申請がなければ、免許状や免許証は、交付さ
れません。

この事を頭に入れて、後をお読みください。

1.免許の交付
  総務大臣または、総合通信局長は、申請が有った
      場合、
  欠格事由にあたらない場合には、免許を交付しま
  す。

      ※免許と申請の関係を少し詳しくお話しをします
   が、余裕のない方は、ここを飛ばして下さい。
   無線従事者試験に合格して免許申請を行います
   が、申請書が受理された段階では、免許されて
   いません。
   欠格事由に当たらない場合、免許されます。
   そして、申請書が提出されていますので、免許
   された場合、無線従事者免許証が交付されます
   。よって、試験に合格し、免許申請された段階
   では、免許されていません。

  ※無線従事者免許は、終身免許ですので、自動車
   運転免許の様に免許の更新の必要は、ありませ
   ん。
   
2.欠格事由
  
続きは、 5月の「法規」と「工学」のページでお読み
下さい。

 

 

ご注意

  当講座は、会員制です。

  会員以外の方がご覧になれるのは、通常、記事
  の本の一部である 見本だけ
です。
  お早めに、会員登録をお済ませ下さい。
  今、行動をおこさなければ、合格は、ありませ
  ん。

  

 TOITAの「航空無線通信士受験塾」
     会員募集のお知らせ

 当講座は、会員制です。

 記事を全文読んで頂く事を始め、質問をして頂い
たり、受験の相談をさせて頂く方を限定する為、
会員制としています。


参考書を選ぶ極意は、今、ご自分が分からない事
柄をご自分にとって分かりやすい説明であるかを
見極める事です。
講座選びも同じです。
分かりやすいか・分かりにくいか、記事の見本で
ご確認下さい。


入会希望の方は「入会案内書希望」と書いて、以
下のメール・アドレスへお送り下さい。
直ぐに「入会案内書」をお送りします。  
なお、メールには、お名前の記載は、必要ありま
せん。 

また、コメント欄からのお申し込みも受け付けて
います。
コメント内容は、ブログ訪問者の方には、見られ
ない様になっていますが、お名前の記載は、避け
て下さい。
なお、入会案内書の送付先のメール・アドレスは
、必ずお書き下さい。

TOITAの「航空無線通信士受験塾」メール・アド
レス:
toita-aero@har.bbiq.jp
   
   

応援して頂ける方は、「航空」の文字か下のバナー
をクリックして下さい。 

   

  「航空

 

『航空』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 前の記事へ | トップ | 次の記事へ »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。