受験の力”TOITAの航空無線通信士受験塾” 第19期(平成29年2月期向け)受講生受付中!!

分かるから続けられる航空通・受験講座!!2月期合格に向けてご一緒に頑張りましょう。当塾は、合格を目的とした会員制塾です。

TOITAの「航空無線通信士受験塾」第19期電波法規第4章業務書類 (2)業務書類の記載事項

2016年10月16日 | 「法規」見本記事

                第4章業務書類
           (2)業務日誌の記載事項他
           斜体 文字は、法規の用語解説
             のページを参照して下さい

前回、 航空機局 と 航空機地球局 に備付けるべき業務書類の
お話を致しました。
ここで大切な事は、 航空局 及び航空地球局では、ない事です。
昔と違い、 今は、無線局の種別により添え付けるべき業務書類
が違います。

さて、 今回は、 これまた、重要な 業務日誌の記載事項のお話と
無線局免許の掲示のお話をいたしますが、その前に前回お約束
いたしました、世界協定時刻のお話をいたします。

1.世界協定時刻
   時刻は、私達が生活する上で必要です。 その時刻の考え方に
 は、2つ有ると思います。
 1つ目は、私達の生活のリズムに合っている時刻。
 これは、明るくなったら起き、暗くなったら寝ると言う事ですが、
   これは、私達の本来の生活のリズムとは、合っていますが、季
 節により昼間と夜の時間が違いますので 時刻も季節により 変
 わります。農業従事者だけでしたら、理想的かも知
 れませんが、世の中には、色々の仕事があります。 例えば、
   航空機の運行等は、同じ、時刻でも、季節によって違う様では
   、北半球と南半球の人の間で同じ時刻でも違いが出て
   きてしまいます。 

 時間とは、時刻と時刻の間の長さです。
 そして、時刻は、正に、その一瞬一瞬を指します。
 2つ目は、何時(いつ)でも変わらない時間です。
 1つ目程では、ありませんが、 星の動きを元にしたGMT(グリニ
   ッジ標準時)と言うものがあります。
 経度 0度に有るロンドンの グリニッジ天文台の時刻を標準とし
 たもので日本とは、9 時間の時差を持ちます。
 GMTの場合、 地球の自転が変化しますので、 いつでも同じ時
   間では、 ありませんが地球の1回転が1日ですから1つ目の考
   え方には、近いものです。
 2つ目の考え方に合うものは、原子時計です。
 しかし、原子時計の時刻とGMTの時刻の間には、永い間には、
 大きな差となって、朝の8 時でも真っ暗と言う事にもなりかねま
 せん。
 そこで、原子時計の刻む時間と GMTが刻む時間との差が 0.9
 秒になった時、閏秒を入れたり、引いたりして GMTの時間と合
   合わせたものを世界協定時UTC)と言います。
 1つ目と2つ目の考え方を合わせたものと言えます。
 世界協定時は、世界の時間の標準となっています。
 日本の標準時のJSTは、世界協定時を元にしたもので世界協
 定時とは、9時間の時差があります。
 
それでは、今回の本題です。

2.無線業務日誌の記載事項


続きは、10月の「法規」と「工学」のページでお読み下さい。

 

 

 

     ★★★受験塾からのお知らせ★★★

無線工学は、”理解できないもの”とあきらていませんか
当講座で無線工学が難なく理解出来るようになります。

電波法規を暗記ものと思っていませんか
法律の文書は、呪文の様です。
「暗記するしかない。」と思っていた法規が 楽しい読み物に
なります。

目からウロコの当講座は、会員制です。
質問や受験相談をさせて頂く方を限定する為、会員制 とさ
せて頂いています。

参考書を選ぶ極意は、今、ご自分が分からない事柄をご自
分にとって分かりやすく説明しているかを見極める事です。
講座選びも同じです。
1回の記事は、7000から10000文字で書かれています。
今、皆様がご覧になっているのは、ほんの一部です。
だんだん難しくなっていきますので今の内から全文をお読
みになってください。

好評を頂きました「お試し会員」は、9月末日をもって終了さ
せて頂きました。沢山のご応募、誠に有難う御座いました。
引き続き、会員登録を済ませて記事の全部をお読み下さい

入会ご希望の方は、 以下のメールアドレスへ「入会希望」と
書いてメールしてください。。
すぐに、当塾の資料をお送りします。

資料請求メール・アドレス:toita-aero@har.bbiq.jp

  

 応援して頂ける方は、 「航空」の文字か下のバナーをクリッ
クして下さい。 

 

 

 「航空

 

 

 



『航空』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 前の記事へ | トップ | 次の記事へ »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。