十一椿(toi tsubaki)

人生の半分 洋裁にどっぷりつかり 毎日 ミシンと布と格闘の日々・・そんなたわいもない洋裁人生をつづったブログです。

簡単 針山!

2017年06月18日 | 洋裁のコツあれこれ

洋裁道具の中に 必ず 入っているのが 針山。

 

小学校の時の最初のお道具箱のなかに入っていた丸い針山を今も大切に使っている方は

多いと思います。

40年前の針山の中には 真っ黒い・・髪の毛・・らしきものが詰め込まれていて

驚いた経験をされた方も多いのでは・・。

 

今は、コーヒーかす などを乾燥させて詰め込んだりしますが

もっと簡単に お手軽針山 作ってみたいと思います。

 

材料は・・使っていないミシン糸。

 

ミシン糸は、絹糸で 約5年。

ポリ系の糸でも 約10年ほどで 糸が切れやすくなります。

手で引っ張って ぷち・・っと切れるようであれば 使わないほうがいいですね。

洋服を仕立てた後に、縫い目の糸が ぶちぶち・・っと切れてしまうことがあります。

 

そんなもう使わない糸を使います。

今回は、おばあちゃんの針箱からみつけた 古いアンティークなミシン糸を使います。

 

その糸に ただ ちょっと 太めの糸を巻いていくだけ。

 

 

 

30番くらいの糸(ステッチ糸)か刺繍糸でもいいですね。

 

ぐるぐる~っと巻いて・・

 

 

はい。できあがり。

 

 

 

 

 

予備の針山でもっておくと便利。

 

ちょっと 縫い物をしたい時、

裾のほつれをまつったり・・

ボタンをつけたり・・・

 

 

そんな時に さっと とりだせて 手元においても邪魔にならない

そんな針山。

おひとつ いかがですか?!

 

 

 

 

 

 

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« しつけ糸の保存?方法 | トップ |   
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。