東北大学柔道部-部ログ

部内での出来事を徒然なるままに

お世話になりました

2017年07月13日 | 日記
こんばんは。

四年生の伊藤です。


とうとう最後のブログになりました。


まずは、これまで多くのご支援ご指導を頂きました師範、大久先生、監督、後援会の皆様、OBOGの皆様に御礼申し上げたく思います。
ありがとうございました。


その上で、七大戦が終わった後祝勝会に参加できず申し訳ありませんでした。

後援会の皆様が用意してくださった晴れ舞台で、もし行けるのなら本当に楽しかっただろうなと思いつつも、試合後自分は帰仙しなければなりませんでした。

そこから今日まではずっと勉強漬けであまり余韻に浸る間もありませんでしたが、ようやく今日で一つ試験が終わったので、試合の日のことを思い出しつつ、今こうしてブログを書いております。




思い返してみてもなんだか全部夢だったような気もしますし、不思議な感じですが、どうやら僕たちのチームは優勝できたようです。


東大戦、北大戦、そして決勝の阪大戦までどの試合も辛く厳しいもので、勝つか負けるかのギリギリのところで皆の力が合わさって勝ちを掴み取ることができたのだと思います。

現役のみんな、本当にどうもありがとう。





壮行会でも言ったことになりますが、自分は七帝の選手としては落ちこぼれでした。
スタート地点から既に出遅れていて、目指していた先輩方のレベルには近づくこともできず、気づけば同期も遥か彼方に見えて、最後には後輩にも抜かされていきました。

そんな3年間はただただ辛く、なぜ自分は大学に入ってこんなことをしているんだろうと自問する日々でした。

色々言い訳をしては逃げようとして、そんな自分がどうしようもなく格好悪くて嫌いでした。



でも、柔道部の人たちはそんな自分でも仲間として扱ってくれました。

先輩方はこんなに弱かった自分も見捨てないで育ててくれました。

後輩たちは自分よりずっと強かったけど、自分たち幹部のチームについてきてくれました。

そして一番長い時間を一緒に過ごした同期は、何度も折れそうになった自分を支えてくれました。
この同期でなければ僕はやめていました。


落ちこぼれの自分がそれでも最後までやりきることができたのは、全てこの道場で出会った人たちのおかげです。


言葉に尽くせないですが、本当にお世話になりました。
ありがとうございました。





最後の自分の試合を振り返ると、なんだかぼんやりしていてあまり実感がわきません。
幹部の試合としてはあまりぱっとしないですが、自分にしては割りといい出来だったのではないかと思って、そこは満足しています。
昔大岡先輩にちゃんと練習していれば「考えなくても体が勝手に動くようになる」と教わりましたが、それがようやくできたような気がしました。

試合後に色々な先輩から褒めて頂いて、今まで柔道をしていてあまり褒められたことがなかったので、何だか恥ずかしかったですが、嬉しかったです。



思いついたことを色々書いていたら長くなってしまいましたので、そろそろ終わりにしたいと思います。



最後に後輩たちへ

今まで一緒に柔道をしてくれてありがとう。
そして最後にはこんな素晴らしい勝利を経験させてもらって、本当に嬉しいです。

これから新チームがスタートしますが、角田を中心にみんなで一致団結して、来年の連覇に向けて突き進んでください。
一緒に柔道してて思ってたのは、みんな強いです。
だからきっと勝てると信じています。

あと、一年生はここからが本当の始まりです。
辛いこともいっぱいあるかと思いますが、中村のだけでなくHDの伊藤が一年生の時の動画も見てみてください。

信じられないくらい取られていて、こんな弱いやつでも最後までやれるんだ、って思うと少し元気が出ると思うよ。




あと、ついでに同期に

3年3ヶ月の間ずっと一緒に頑張ってきて、二人ともすごく強くて頼もしかったです。
この同期で本当に良かった。
ありがとう。





それでは、さようなら
ジャンル:
ウェブログ
コメント (3)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 今までありがとうございました | トップ | 七大戦結果・詳細 »
最近の画像もっと見る

3 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
お疲れ様でした (OB母)
2017-07-14 23:05:42
息子が伊藤君は立派なお医者様になると言っていました
これからも頑張ってください
Unknown (Oおか)
2017-07-15 10:14:15
伊藤たちは同期が少ない中(当時の新歓隊長のせい)よく頑張ってきたよね...

特に伊藤は医学部だから勉強も忙しいし、体も弱いからそのうち壊れんじゃないかと心配だった笑

でも最後は別人のように落ち着いた試合を見せてくれて、追い込まれながらもしっかり練習してきたんだなってのが伝わった❕

お疲れ様!
あとは勉強と後輩のフォロー...も大事だけど医学部生という最強のステータス活かして遊びまくってください
優勝おめでとう! (優勝おめでとう!)
2017-07-15 10:35:54
今年の七大戦、相手が強豪でもきっちり分けられる伊藤君の試合は安心して見ていられました。

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL