東北本線、全線全駅歩き旅のブログ

旧東北本線に沿って歩きました。
青森駅-東京駅間と盛岡駅ー秋田駅間を線路沿いに歩きながら、全ての駅に立ち寄りました。

JR花輪線沿線を歩く旅 その7

2016年10月11日 | 歩く旅、番外編
JR花輪線沿線を歩く旅 続き

手の炎症はだんだん悪くなってきている。
どうやら医者の選択を間違えたようだ。
1年以上も同じ医者に診てもらっていて症状が全く改善しなかったのだ、やはり手の専門医に診てもらうのがよいだろう。
お隣の青森県の弘前市には手の外科クリニックはあるが岩手県には手の外科専門クリニックは無い。
だがインターネットで調べてみると盛岡市に手の外科学会会員の医師がいるではないか。

しかも私が19歳の時に盲腸の手術を受けた病院である。
さっそく病院へ行き診察をしてもらう。

まず看護婦さんによる聞き取りがあった。
今までの病歴や現在受けている治療、薬などについて聞かれた。
薬の記録である”お薬手帳”を見て看護婦が「え、この薬を2年も飲み続けているの!」と驚いている。
私は処方されたステロイド剤をずっと飲み続けていたのだ。
危険な量ではないだろうが飲み続けてはいけない薬だったようだ。

さらに医師も「これだけ検査して薬も飲んで症状が改善しないのなら手術しかないでしょう」と結論が早い。
ばね指は手術すれば治ることは自分自身で体験しているから、私も「手術してください」と答える。
「じゃあ、手術しましょう。明日は都合どうですか」
わたしは迷うことなく「そうして下さい」と返事をした。

という訳であっさりと手術決定。

日帰りの手術だったが、手の甲をLの字型に切ったので6針も縫った。



やはり加齢によるものだろう手術からの回復はさほど思わしくなかった。
それでも2週間ほどすると腫れも引いてきて痛みもすくなくなった。


手が治ったら花輪線沿線を歩く旅を再開したいと思っていた。
10月に入ると北東北の季節は冬に向かって加速していく。
朝夕はフリースのジャケットが必要になってくるほどである。


2016年10月2日(日曜日)

横間駅ー>田山駅 歩いた距離約13.7Km

早起きするつもりだったのに寝過ごしてしまった。

パンとジュースを持って車で横間駅まで向かう。
天候は気持ちの良い快晴で予想最高気温は21度ほどである。



横間駅に着いたのは午前9時ちょうどだった。



駅前(と言っても山の中にポツンとあるプラットホームだけの駅で回りに人家などない)に車を停めてさっそく歩きだす。

この駅から国道へ出るには2キロメートルほど逆行しなければならないが、わたしは駅から駅までを歩くことにこだわっているのだ。

国道282号線へ出て北へと歩く。
ここは貝梨峠がある山道である。鉄道はトンネルで山をくぐるが道路は山を越えるのだ。

熊油販売の看板があった。



熊の油は火傷や肌荒れなどに効くのだそうだ。
岩手、秋田はマタギと呼ばれる猟師がいる。
わたしの実家の隣が漁師から毛皮を買いなめす仕事をしていたっけなぁと、60年以上も昔のことを思い出す。

このあたりは地区名をこのような看板で表している。風情があって好きだな。



少し歩くと「学校の宿、希望の丘」という看板があった。



廃校になった小学校を宿泊施設にしたものだという。
わたしは学校嫌いだったので学校に泊まりたいとは思わない。
それにしても食事のメニューが給食そのままの雰囲気だ。



大人の給食が880円とは少々お高いような気がするなあ、これでビール1本付いてくるなら良いんだが。
給食にビールがついたら楽しいだろうな、とアホなことを考えてしまった。

ぽつぽつと農家がある道を黙々と歩く。



国道なのに思いのほか交通量が少ない、日曜日だからだろうか。







人家が途切れるあたりにポツンとあった庚申塚。周りには栗がたくさん落ちていた。



途中で見かけた観光案内板は汚れて字が読めなくなっていた。



ここが貝梨峠の最高地点になる。標高430メートルだそうだ。





分水嶺公園というのがあってトイレも整備されていて休憩出来るようになっている。



東屋のベンチに腰掛けて10分ほど休憩する。
坂道を登ってきたので汗びっしょりだが、ひんやりとした風が心地よい。

休憩を終えたら歩き出す。ここからはずーっと下り坂だから歩く速度もスピードアップ。



すぐ隣に東北道高速道路がある。線路は左手の山のトンネルを通っているのだ。

畑や農家があるところまで行くと花輪線と交差する地点に差し掛かる。



道路から藁ぶき屋根の農家が見えた。



屋根の一部は朽ち果てている、どうやら人は住んでいないようだ。
自然と一体化してしまったような農家をみてちょっとだけ感傷的になった。
このような藁ぶき屋根の農家はほとんど残っていない。





鹿角市への距離がだんだん少なくなっていく、とうとう30キロメートルを切った。

田山町内へと入っていくと「だんぶり長者跡」の看板があった。



”だんぶり”とはとんぼのことだそうだ。
その近くには「だんぶり茶屋」というのもある。



「たやまはし」を渡ると田山駅はもうすぐだ。



と、ガソリンスタンドの跡があった。



廃業したガソリンスタンドを店舗にして雑貨の販売をしていたらしく、ウィンドウに洗剤やシャンプーが見えている。
その商品もそのままに完全に廃業してしまったものらしい。



ESSOの上にモービル石油を上書きしたようである。
懐かしいというか寂しいというか「ああ、時代の流れなんだな」としみじみ。





田山駅に着いた。



ちいさな待合室と片面プラットホームのこじんまりした駅である。





ここまで約3時間半歩いたことになる。


『国内旅行』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« JR花輪線に沿って歩く旅 ... | トップ | JR花輪線沿線を歩く旅 その8 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。