東北本線、全線全駅歩き旅のブログ

旧東北本線、田沢湖線、花輪線に沿って歩きました。
青森駅-東京駅間を線路沿いに歩きながら全ての駅に立ち寄りました。

JR釜石線沿線を歩く旅 (2)

2017年07月13日 | JR 釜石線沿線 歩き旅
似内駅ー>新花巻駅 距離2.9Km 2017年06月25日(日)

似内駅を後にして歩き出す。
いまのところ雨は降っていない。



農家が点在する小道を進んで行き花巻大橋を渡る。



さらに行くと右手にセブン・イレブンが見えてくる。



このセブン・イレブンの駐車場には宮沢賢治の童話ゆかりの像が立っているのだ。



「グスコーブドリの伝記」のネリとブドリである。



ここは東北新幹線の新花巻駅と宮沢賢治記念館の中間にある。
駅方面から歩いてきた人が写真を撮っていた、これから宮沢賢治記念館へと行くのだろう。



そのすぐ脇にある踏切からは新花巻駅が見えている。



新花巻駅方面への道路わきにはこんなものある。



銀河鉄道をイメージしたものだろう、パネルには小中学生の描いた絵が入れてあるのだ。



このような写真だと背景に生活感が漂いすぎてメルヘンのかけらもないけれど、



看板が映り込まないように撮ればなんとなくロマンが・・



新幹線の新花巻駅と交差するところに在来線の新花巻駅がある。



この駅には地下道を通って行くようになっている。





変哲のない片面ホームの駅だが「銀河鉄道の夜」をイメージさせる工夫がしてあるのだ。







ついでに新幹線の駅も見ていくことにする。
いつもは車で来るので駅に立ち寄ることはなかった。駅舎を見るのは今日が初めてである。



中には観光案内所や神輿などの展示もあって観光客への対応は万全である。





さらに駅前には駅に設置が義務付けられている銅像・・ではない石像まであるし、



駅前広場には「セロ弾きのゴーシュ」のパネルなどもあるのだった。



そして駅前にはちょっとレトロな土産店兼レストランもある、名前は「山猫軒」だ。



わたしは、ほぼ地元の人間だがつい観光客の気分で見て回ったので時間がかかってしまった。



『国内旅行』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« JR釜石線沿線歩き旅 (1) | トップ | JR釜石線沿線歩き旅 (3) »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。