東北本線、全線全駅歩き旅のブログ

旧東北本線、田沢湖線、花輪線に沿って歩きました。
青森駅-東京駅間を線路沿いに歩きながら全ての駅に立ち寄りました。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

JR釜石線沿線歩き旅(15)

2017年08月09日 | JR 釜石線沿線 歩き旅
JR釜石線沿線歩き旅 (15)

青笹駅ー>岩手上郷 3.5 Km 2017年08月03日(木)


釜石街道に出ないで線路わきの細い道を行く。



さっきまでうす曇りだったが晴れて来た。



バックパックから日焼け止めクリームを取り出して腕や首、顔になすりつける。
汗をかけば流れてしまうだろうがなにもしないよりはましだろう。

しばらく歩き国道へと戻る。





線路の向こうに放牧された牛が見えた。



ここでは牧畜も盛んなのであちらこちらで牛を見かけた。



濃い緑の田んぼと青い空。よい風景だ。



赤川橋の付近では気温が24度に上昇していた。







赤川橋を渡ったところから駒形神社が見えている。



その神社前には馬の石像も見える。足場が組まれているから工事中のようである。



テレビの旅番組なら「おや? あそこに馬の石像が見えますよ、行ってみましょうか」
とリポーター役の人が発見して近くに行くと、”偶然”に地元の有志の方が作業をしている場面になるところだ。
わたしの歩き旅は「駅から次の駅へ」と歩くだけなので名所旧跡も立ち寄らない。
花巻駅からここまで歩いてきたけれどきっぷや飲み物は自動販売機で買ったし、誰かと会話するということも無かった。
そもそも人気のない道を選んで歩いているようなものだから他人と話す機会などありゃしないのだ。


岩手上郷駅方面へと国道を左に折れて入っていくと神社があった。





その前の側溝を澄んだ水が流れていた。



昔はこの小川の水で炊事洗濯などしたのだろう、庭から水辺へ降りていけるようになっている。







文字がかすれて読めなくなっている踏切。



おや、この踏切は黒と黄色の縞模様だ。
別のところでみた灰色と白の縞模様は最近のバージョンなのだろうか。

人も車もいない駅前の通りを進んでいくと、



岩手上郷駅に到着だ。





しーんと静かなところだった。







ここでも写真を撮っただけで次の駅へと進む。




『国内旅行』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« JR釜石線沿線歩き旅 (14) | トップ | JR釜石線沿線歩き旅(16) »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。