東北本線、全線全駅歩き旅のブログ

旧東北本線、田沢湖線、花輪線に沿って歩きました。
青森駅-東京駅間を線路沿いに歩きながら全ての駅に立ち寄りました。

JR釜石線沿線歩き旅 (5)

2017年07月16日 | JR 釜石線沿線 歩き旅
JR釜石線沿線歩き旅 (5)
土沢駅ー>晴山駅 距離 3.2Km 2017年06月25日(日)

マンホールの蓋を見つけては写真を撮り、踏切を見かけると写真を撮る、神社の鳥居を見かけると写真を撮る。



別にコレクションしているわけではないのだがクセになってしまった。

ときどき霧雨のような雨が降ってくる。傘をさすほどでもないが濡れるとうっとうしい。
農道を歩いていくと後ろから「こんにちわ!」と女の子の声がした。
振り返ると自転車で小学5年生くらいの子がわたしを追い越そうとしていた。
「や、こんにちわ」と返事をして道をゆずる。

駅へと向かう小道を進む。



いまは釜石街道の国道283号線があり人も車もそちらを通るのだが昔の道はこのような狭いものだった。
日本の交通手段は徒歩が基本だった。馬に乗るということは贅沢なことだったのだ。しかも馬に乗っても人が馬を曳いていくので速度は歩くのと同じである。
山がちで起伏の多い日本では馬車も普及しなかったので、道は人が通れれば十分だったからこのように狭いのだ。

その昔はこの細い道がメインストリートだったのではないだろうか。

物音のしない静かな通りを進んでいくと左手に晴山駅が見えてきた。
時刻は午後2時20分過ぎだ。
”SL銀河”はあと30分ほどでこの駅を通過するはずである。

SLの撮影はこの駅でするとしよう。





ときどきパラパラと雨が落ちてくるのでカメラを濡らさないよう直前までバッグにしまっておく。

15分ほど前になると誰もいなかった駅にカメラを持った人が現れだした。



さすがは人気のSL撮影である。プラットホームに陣取る人もいるし、田んぼの向こうからカメラを構える人もいる。

さてそろそろSLが来る頃だとバッグの中のカメラに手をかけたら突然SLが見えた。
あわててカメラを構えシャッターを押す。

構図を考える余裕などなかった。

SLは見えてからたった5秒で目の前を通過して行った。

「あああ・観光SLなんだからもっとゆっくり走ってくれよ!」と言うのは無理な注文で、ちゃんとカメラを構えて待っていなかったわたしが悪いのだ。

それでもなんとか2枚だけは写っていた。





写真を撮り終えたら駅に用はないのでカメラを仕舞って歩き出す。



『国内旅行』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« JR釜石線沿線歩き旅 (4) | トップ | JR釜石線沿線歩き旅 (6) »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。