銅相場 鉄スクラップ買取 大阪USJ前と高槻市 中国向け船積直輸出&廃棄物処分のトーナイ 吉備の国 備前美作・古代史 

リサイクル買取 お電話はゴミゴミ行くの0120535319 中国向雑品高価買取 東内誠ブログ 金属の歴史含む

人間の屑バタ屋トーナイ 屑まみれ人間というほうがエエか 22歳以降死ぬまで屑に埋もれ この屑どうして仕分けしちゃろうかと過ごすモノ

2017-05-20 05:26:27 | Weblog

この週の銅相場は $ベースでは若干上昇して終えたが、

円高の影響で日本の銅相場は20円/kg下落した

 
3%ダウンであり、海外仕向けの銅率高い物・その関連も同じく3%売値は下げた
 
上海銅先物相場も少しだが 週末戻してきている 
 
このところ船もトーナイの巣食う大阪港や トーナイすぐ西5kmの尼崎港でも結構雑品船が出航した
 
一刻も早く 中国の港での速やかな通関が再開して欲しい期待を持っていますが、・・・
 
 
 
金曜日夕方に、尼港 外航船が入港していなくてよかった
 
 
 
職員が騒ぐので向かいの港は 3月から雑品の受け入れ止めているから
 
事故は向かいではないだろう とは思ったが
 
尼が止まれば
 
おそらく関西のミックスメタル出口1万トン以上が彷徨う
 
 
 
神戸税関もますます厳しくなるねえ・・・
 
関西の税関の管轄がUSJのすぐ 西側から兵庫県になり神戸税関管轄になる
 
ワシの居る大阪港は 大阪駅からUSJのところの海に向いて歩き2時間で港の地先に達する場所や
 
そんで そこの海の橋を渡れば この度のIR計画、カジノ誘致の島になる位置で
 
西にすぐで 尼崎港になる
 
もう少し西へ進むと 西宮浜の小さなワシが10年前まで借りていた港
 
 
 
ヨゴレ仕事の許可されている港は限られているから
 
そんで 外航船が入るには港の水深の問題もある
 
関西ではトーナイの岸壁は かなり恵まれた岸壁に位置している
 
でもな
IRや万博がくれば規制は強く受ける可能性は高い
 
 
 
ああ、問題発生が多くて 心配事は多い・・・
 
 
 
一蓮托生なので、雑品屋・業界で事故が多発すると 
 
スクラップ輸出の将来が危ぶまれる事になる
 
 
 
金属スクラップ屑輸出は 岐路に立っているように思う
 
どないしたら 生き残っていけるか・・・
 
中国との貿易を始めてから おおかた25年ほどになるか
 
中国も岐路にたっているとも言えなくもない様な気がする
 
世界中から 金属製造過剰設備に対しての批判をうけるし、
 
その工場から でる汚染物質でも 煙ってしまって いよいよ 厳しい規制に取り組まざる得ない
 
 
 
報道では アルミ精錬工場に環境規制がかけられて
 
中国より輸出されるアルミが減り 製品価格は上昇するみたいな
 
ことも 書かれていた
 
 
 
アルミの製品価格が上がれば LMEのアルミ相場もあがるだろうが、
 
しかしなあ
 
屑のアルミの 製錬の荷受 検収がますます 厳しくなり 付きものが多いアルミが売り辛くなる
 
とにかく ビス付きサッシにも 塩ビなども除去するようにしなければ ならん
 
 
 
網戸を止めている 塩ビがたまに付いていますやろ 
あれは取り除こう
 
塩ビは売り難いねえ
 
 
 
トーナイも 水道の塩ビは 破砕し その後に粉砕し 
粉にして売れてはいるが
 
その他の塩ビは 売れんなあ
 
 
 
そんでも 土が付着したような塩ビの管は 洗ってから持って来て欲しい
 
限りなく できるだけ100%は無理でも 集めた屑を再生したいと 
 
けっこうに努力はしているが
 
国際再生物流が滞ると 売りも厳しい
 
 
 
あてに していた 中国向けが 規制が厳しく 
余計やり辛い
 
 
 
もう この年は 売り上げ目標は立てずに 
 
総利益額目標だけに絞り込んでやるしかないなあ
 
さあ 今朝は片道200kmほどトラックに乗って出かけるので このへんにしとこう
 
 
 
5/20 4時
価格
前日比
比率
ドル/円
人民元/円
111.41
16.2
-0.07
-0.06%
鉄鉱石62%
61.51
-0.53
-0.85%
原油 WTI
50.34
+0.99
+2.01%
2,115.00
+44.75
+2.16%
ニッケル
9,357.50
+190.00
+2.07%
アルミニウム
1,943.50
+18.50
+0.96%
5,687.25
+106.50
+1.91%
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
㈱トーナイ
ジャンル:
経済
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« リサイクル死ね 熱処理工場... | トップ | 日本で戸籍を獲る手法の一つ... »
最近の画像もっと見る

あわせて読む