銅相場 鉄スクラップ買取 大阪USJ前と高槻市 中国向け船積直輸出&廃棄物処分のトーナイ 吉備の国 備前美作・古代史 

リサイクル買取 お電話はゴミゴミ行くの0120535319 中国向雑品高価買取 東内誠ブログ 金属の歴史含む

鉄は 1800年前に 滋賀県彦根市にも来た 鉄・銅相場トーナイ 中国貿易

2016-10-18 06:58:28 | 経済と古代史 金属の歴史の含有した物
先日 出航した トーナイ チャーター船 大阪港41番 




原油
49.81 -0.54 -1.07%

2.108 -0.003 -0.12%

1,996.50 -10.50 -0.52%
ニッケル
10,320.00 -165.00 -1.57%
アルミニウム
1,664.50 -8.75 -0.52%

4,681.75 +3.50 +0.07%
ドル/円
103.93 -0.23 -0.22%
鉄鉱石62%
56.14 +0.00 +0.00%


魏志倭人伝の時代に鉄は日本でも製造されたことが発掘から示された 
勿論 銅は ずっと それよりも以前に渡来していたのですが。
3世紀前半 西暦では200年代に 国内でも鉄が加工され始め矢じりみたいなモノが大量に発掘されました
場所は 琵琶湖の東 滋賀県彦根市 
報道でも昨日は これが大きく出まして 鉄の製品のようなモノも写真ででていた
ワシの里の岡山県(元は 吉備の国)でも その時代では 鉄が加工されたと思うのだが
滋賀県 周辺の彦根付近は その昔から 鉄が採れたことは知られてはいたが 住居跡から 多くの鉄片が出土した
報道では、
鉄器製造が始まった直後に大型の建物が現れた他、鉄器製造が終了した3世紀後半には、一辺十数メートル規模の大型の建物2棟が相次ぎ出現。

首長の居館や巨大な倉庫として利用され、他の国との物流拠点だった可能性があるとしている。
邪馬台国畿内説の有力候補地とされる纒向(まきむく)遺跡(奈良県桜井市)では、より大規模な同時代の建物跡が確認されている。
とある
纏向には 岡山県のキビから 人が行ったとトーナイは考えている それは円筒埴輪などをみても それは解るが
ここ滋賀県の古代の人も どうも その時代に 纏向周辺(奈良県)に移動したみたいだ
その時代 鉄は最新兵器なので 鉄を制したら その土地を制することも出来たのです
今から1820年ほども 前の時代
大陸から 徐福の一行が 日本一円に 姿を見せたのが 今からでは2200年ほども前の時代で
その後 400年程が経過した頃か・・・
西暦200年には 岡山県一帯には かなり大きな国があった
吉備の国は 東は姫路と神戸の間の加古川市から
西は 広島県までであり 四国の一部も制していたのですが
その時代に 滋賀県にも 鉄の加工する工房を持つ 国があったみたいだ

琵琶湖の 一番 北 地図では上から 日本海までは 歩いても 一日あれば 日本海にも出られたと思う
1820年前の 日本に馬が 居たら それはもっと早くに移動できたが
ウマは その時代は 居なかった可能性が高い
ウマの土器や 馬具などが 出てくるのは それから 2百年ほども後の時代になりましょうか
(これは 石上神宮 周辺などを歩き 確認済み)

トーナイの 奉る 吉備津の宮の神様の示現場面では 馬に乗って 神様が示現されるので
馬が日本に現れるのは
おそらく 西暦で400年前後 以降 から

馬に乗った神様が 農業をしていた 信心深い 美作の里の百姓 藤内(東内)の家に示現した
その季節は 五月の午の時刻とされている ので トーナイは 馬の古代史もけっこう 追っていますので詳しい

そうか 琵琶湖周辺にも 大きな勢力がいたか 住居跡も 規模が大きいねぇ
ここの勢力は 日本海側から 揚がってきた連中になるか
それとも 瀬戸内から 淀川を遡り 琵琶湖に達した 連中か 
初代は 大陸(海外)から 来た人たちには違いない

現代の天皇家が その時代に 来られた一族なのか どうかも それは言えない
西暦500年前後の 大阪府三島 高槻市 茨木市に御陵(王の墓)が ある 26代継体天皇からは 確実に繋がっているみたいだ
継体天皇は その時代は オホド大王 は 福井県の出の人とも 言われているので 福井県から 琵琶湖 淀川の水系には深い関わりがある

継体天皇の御陵から 出た物は それは 凄い鉄製品が出ている
そして 継体は 船を操ったことは 確か 阿蘇のピンク石の石棺・・・
大きな石を 九州から移動させる海運力があった

中国向け 国内向け 各種金属を関西一 高く 売る 大阪港の屑商トーナイ
http://tohnai.com/top_main.html


ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 昨年同時期より 為替にもヤ... | トップ | 天智 白村江 不比等 石器... »
最近の画像もっと見る

あわせて読む