包丁のトギノン ブログ

トギノン販売有限会社 包丁の製造販売店のブログです

包丁の取り扱いでしてほしくないこと1-2

2017-08-28 | 道具のありかた
包丁の取り扱いでしてほしくないこと1-2

前回の続きです。
前回は刀身について記しました。
今回は柄についてです。



漂泊漬け置き洗いでは柄の部分も注意が必要です。
包丁の柄に使われる材質を考察してみます。
1.木製
2.プラスチック樹脂
3.金属
通常大きく分けて上記の3つが考えられます。

1.の木製柄
漂白剤で消毒は出来ますが、ついでに漂白されて柄の色が落ちてゆきます。
この状態が進むとどうなるのでしょう?
そうです、木の成分が酸化されボソボソになってゆき強度が落ちます。
その結果、柄の破損につながります。

2.のプラスチック樹脂柄
消毒は出来ます。しかしこちらも漂白されてゆきますので表面の色が木製よりは緩やかですが、経年使用で色が落ちて白っぽくなります。
また、樹脂に含まれる油脂が脱脂され新品の段階より硬くもろくなってゆきます。
一言でプラスチック樹脂と言いますが、それこそ数え切れないほどの様々な種類があります。
全てがそうだとは言いませんが、漂白剤などの薬品によって「加水分解」などの劣化が起きることがあるのでなるべく漂白剤の使用は避けたほうが良いと思います。

3.金属の柄
金属製の柄は問題ありません。
概ね金属製のハンドル(業界ではホォローハンドルなどと呼ばれている)はスプーンやフォークなどと同じ材質でできている場合が多いので。
でも、肝心要の刀身は刃物鋼材で作られていますので、刀身の錆を注意する必要があります。

さらに「1.の木製柄」「2.のプラスチック樹脂柄」についてですが、追加注意事項があります。
それは何かというと、柄の内部(茎子:なかご)が錆びること。
水分が入り込めない隙間はますありません。なぜなら水分は液体、気体と変質することのできるものなので。(個体はこの場合除く)
水気をとばしても、濡らして乾燥のたびに漂白剤の成分が蓄積されてゆきます。だから、錆を誘発させるのです。

それに木製柄、プラスチック樹脂柄は漂白剤だけでなく水気が入りますので「野菜や肉・魚の汁や知」なども隙間に入り込んでゆきます。
この異物も腐敗のガスを発生させ錆びの原因となっています。
あまり刃物業者は見せたがりませんが、ちゃんと手入れしてないと茎子の様子はひどいものです。
その一部をお見せしましよう。
■木製柄の茎子汚れと錆


■プラスチック柄の茎子汚れと錆


どちらも刀身は綺麗なものですが、茎子汚れと錆はひどいものです。
漬け置き洗いをしたり食洗器で洗ったりすると上記の問題が起きますので、洗い方を考えましょう。
茎子を濡らさないようにするとか。
柄の内部が洗えないのが問題とお考えの方は「茎子が洗える包丁・トギノン包丁シリーズ」にするか?対策を考える必要がありますね。
●トギノンキープ シリーズ
http://www.toginon.com/SHOP/61249/61251/list.html
●トギノンエコフレンドリー シリーズ
http://www.toginon.com/SHOP/61249/61250/list.html

一般的な包丁の手入れというか洗い方は以前このブログでも記しました。
具体的な方法は以下をご参照ください。
●日々の包丁お手入れ方法
http://blog.goo.ne.jp/toginon/e/71591ee92716969dac122e70c64765bc

とりあえず、洗浄方法に於いて記しました。
他にもありますがまた次回に。
それではまた。


この記事をはてなブックマークに追加

包丁の取り扱いでしてほしくないこと1

2017-07-20 | 包丁について(総合)
包丁の取り扱いでしてほしくないこと1

包丁の取り扱いでしてほしくないことを記したいと思います。
今回は洗浄について記します。

基本、包丁は洗わないでください。

???

と思われた方も多いかと思います。
厳密にいうと洗ってもいいのですが、「丸洗い」はしないでほしいのです。
その理由は以下のようなものがあります。

■漂白剤に漬け置き洗いは好ましくない。

お客様の中には漂白剤に漬け置き洗いをされる方がいらっしゃいます。
そんな人いないよと思われるかと思いますが、弊社での包丁修理などの依頼経験からいっても実は結構いらっしゃるんです。
おそらく、消毒効果を狙ってそうされる方が多いのですが基本NGです。
洗剤メーカーの商品の裏書きにも消毒効果を狙ってそのようなことを記載されている商品がございますが、はっきり言って作り手としてはやめていただきたい。

まず、漂白剤の成分から考えてみましょう。
漂白剤は「塩素系」「酸素系」と大きく分けて2つの種類があります。
2つとも強い消毒・漂白の作用がありますが、これは薬品による酸化するものだとお考えください。
では、その酸化の何がまずいのでしょうか?
包丁は概ね金属でできています。(セラミック製もありますが)
ハガネの物は酸化を防ぐ保護膜が無いのですぐ錆びてしまいます。
ステンレスの物でも刃物に使われる鋼材は錆が発生することがあります。(保護膜による抑制で錆びにくいだけ)
これはスプーンやフォークなどと違い、熱処理加工によって硬度が増す刃物鋼材は高炭素。だから漂白剤の酸化作用で錆が発生するのです。
ステンレスの刃物は通常錆びにくいです。これはステンレスは空気に触れることで「不動態」という保護膜を形成しているに他なりません。
この不動態があることで酸化しにくくなり錆の発生を抑え込んでいます。
しかし、漂白剤はこの不動態を破壊してしまいます。僅かならよいのですが、漬け置き洗いとなると話は変わります。
錆を抑制する不動態が破壊され、そこから錆を誘発させてしまいます。
良く切れる高級ステンレス刃物(高炭素)のものほどこの傾向は強いので注意が必要です。
シンクやスプーン、フォークなどは高炭素ではないので通常濃度であれば問題ありません。洗剤メーカーの商品の裏書きのとおりお使いいただいてOKです。

しかし、漂白剤を使用した場合水で洗い流してから乾拭きしてくださいね。
なぜなら、漂白剤が付いたまま乾燥すると最後に乾いたところの漂白剤濃度が非常に高くなっていますので大丈夫と思っていても思わぬ不具合が起きる可能性がありますので。

まだまだ続きがあります。
続きは次回に記します。
それではまた。

この記事をはてなブックマークに追加

和三徳・和牛刀

2017-06-02 | 道具のありかた
和三徳・和牛刀

厚い日が続きますが、時折すごい豪雨が来たりと体調を崩しやすい日々が続いていますね。

前回の続きです。
今回は和三徳・和牛刀です。


和三徳です。
左はオール金属の物です。
この和三徳は3種とも65層のダマスカス鋼を使用しています。
同じ鋼材ですが、仕上げ方法、加工方法によって刀身の表情は様々です。



お次は8寸和牛刀。
こちらはステンレスモリブデン鋼の刀身です。
このステンレスモリブデン鋼はプロにも好まれる研ぎやすく、切れ味のよい、錆びにくいの3拍子揃った鋼材です。
一言でステンレスモリブデン鋼と言ってしまっていますが、この鋼材には幾つも種類やグレードがあるんですよ。
その中でも弊社が厳選したステンレスモリブデン鋼を使っていますので、プロユースに十分対応でき満足頂けるものとなっています。
また、柄にも特殊な加工を施しています。一部お見せしますが...。

詳しくは語りません。
この手間が良い包丁である証の一つとなっています。
解ります?

それではまた。

この記事をはてなブックマークに追加

和ペティナイフ

2017-04-26 | 道具のありかた
和ペティナイフ

桜も散り、皆さん新生活を送られていることと思います。
さて、今回は和ペティナイフのご紹介です。

和ペティナイフ?

と思われる方も多いのではないかと思います。
まぁ、ペティナイフの「和」スタイルとお考えください。
和スタイルの牛刀である「和牛刀」はご存知お方もおられるかもしれません。
和牛刀については次回にでもご紹介したいと思います。

とりあえず、和ペティナイフの画像をご覧ください。


どうです?なかなかカッコいいでしょ。



刃に使用する鋼材は芯材がZA18の65層ニッケルダマスカス鋼です。
ZA18はHRC硬度で62くらいあります。
すごく硬いです。でもニッケルダマスカスで包みこんでいるので割れにくい仕様になっています。

実はこの和スタイル包丁は最近欧米諸国からかなりの人気があるんですよ。
この包丁はお客様の御依頼で特注で製造しました。
どうです?なかなか雰囲気あるでしょ?

それではまた。

この記事をはてなブックマークに追加

第83回東京インタ-ナショナル・ギフトショ-の報告

2017-03-29 | お知らせ等
第83回東京インタ-ナショナル・ギフトショ-の報告

会場:東京ビックサイト
会期:平成29年2月8日~10日
入場者数:20万867人 (前年比103.14%)

関の刃物は、刃物のまち関市の刃物企業15社が出展しています。(本年度)


会期中はたくさんのお客様が来訪されました。
また、TV局のレポ-トとして取材も受けていました。
今は、刀ブ-ムらしく今までにないほど女性もノ本刀に興味を示していたのが、印象的な展示会でした。

会場では、一時ですが注目された「もしものハナシ」のPVもモニタ-に映し出され注目を浴びていました。
興味のある方は、「もしものハナシ」、関、でyoutube検索」してみてください。
それでは、また。

この記事をはてなブックマークに追加