うつ病さんの就労日記

うつ病男が就労していくさま&雑記

しねしね団のテーマ

2017-05-31 22:16:01 | 日記



しねしねしねしねしねしねしんじまえ

黄色い豚めをやっつけろ

金で心を汚してしまえ

しねしねしねしね

日本人は邪魔っ気だ 黄色い日本ぶっ潰せ

世界の地図から消しちまえ...



私が幼少の頃放送していた、特撮ドラマ

「愛の戦士 レインボーマン」

に登場する悪の組織「しねしね団」

そのしねしね団のテーマソングの歌詞を

表記してみた。

今聴いてもイカした歌詞

よくもまあ子供番組でこんなこと

やってたもんだ。

昭和...ってより1970年代は凄いな。


黄色い猿めをやっつけろ

夢も希望も奪ってしまえ 地球の外に放り出せ

黄色い日本ぶっ潰せ

世界の地図から消しちまえ...


本来は100回以上「しね」って言ってる歌らしい

あんまり表記すると日記が削除されるのでは?

と思い、回数を減らし、平仮名にする。

なぜか最近、この歌を鼻歌で口遊むようになる。

シャワーを浴びている時自覚したのだけど。

やはり何か鬱憤が溜まっているのだろうか?

はい、溜まってます。




コメント
この記事をはてなブックマークに追加

S&BなのかSONYなのか

2017-05-29 23:54:10 | 日記
亡き父が生前よく言っていた

「SONYの宣伝カー」の話

昭和30年代、SONYが宣伝のために

フランス製乗用車

「ルノー 4cv」を100台懸賞品にしたのだそうで

イエローボディのサイドにSONYのロゴ

大変格好よく、入手した人が羨ましかった...

よほど悔やまれたのか

事あるごとに、この話をしていた。

急にこのエピソードを思い出したので

検索してみた

結果、



SONYではなくS&Bだった

しかも、営業車みたい

羨ましくないなぁ、これ

どこでどう話が違ってきたのか?

それとも私の記憶違いなのか?

あと、SONYが格好いいってのも

もはや、高齢者の嗜好なのか?

いろんな疑問が残ったままだが

放置して床につく

おやすみなさい

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

難ありルイヴィトン

2017-05-28 23:04:01 | 日記
今使っている財布はデカい。11㎝×20㎝くらいある。財布というよりもはやポーチだ。

亡き母が所有していたらしきもの。押入れを整理していたら出て来た。

ファスナーも含め黒。よく見るとグッチだったりする。

お金だけでなく、ポイントカードなんかもじゃかすか入るので重宝している。

しかしながら、夏場は不便だ。

特に思うのが通勤時。上着がないと財布を入れる場所がない。ズボンのポケットには入りきらない。

なので何回か財布の購入を試みたのだけれど、帯に短し襷に長し。

そんな中、ふと思ったのがルイヴィトン。

今までの人生を振り返ってルイヴィトンとは縁がない人生を送ってきた。

幾らぐらいするのかと思って検索したら、なるほど私には縁のない価格。

でも、ヤフオクなら安いのではないか?ぐずぐず閲覧する。

欲しいと思っている2つ折り財布が¥3千円位から出品されている。ただし「難あり」

なにかしら、痛みがあったりキズがあったり。

まあ、私自体が「難あり」なので別に構わないかな、と。

そしてなぜそんなにルイヴィトンに思いを馳せるのかというと、

深い意味は無かったりする。



コメント
この記事をはてなブックマークに追加

安く買うのが男の贅沢

2017-05-27 23:32:38 | 日記
月末近くになるとクレジットカードの明細書が送付されてくる。

明細書を見ていつも思うのが、「こんなに使ったかなあ?」

私は常日頃、往年の三浦友和のように

「安く買うのが男の贅沢」とつぶやきながら生活している。それなのに想定外の請求がくる。

とはいえ、明細をよく見ても、不正請求などなく全部自分で利用した代金なのですね。

無職の頃は、きちんとレシートを受け取り、首っ引きで出納帳をつけておりましたけど

今はそんな時間的余裕はございません。

私は普段酒を飲まないし、ギャンブルもしない。人付き合いも悪い。

外食も勿体なくて、出社時のランチ以外はしない。

これといった趣味もなく、交際している女性もいない。休みの日はほぼ睡眠。

なのにお金が貯まらないとはどういうわけか?薄給だからか?

けちけちしないでどか~んとつかってしまおう…って衝動に駆られる時がある。

でも将来のことを考えると1円でも多く貯蓄が欲しいところ。

とはいっても長生きするかもわからんし。

なんて悩んでもしょうがないけど、ぢっと手を見る。


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

披露宴に参加したい

2017-05-26 23:17:10 | 日記
うちの職場の青年が次の日曜日に友人の披露宴に参加するといっている。

当事者でもないのに、うきうきしている。初めて披露宴に参加するらしい。

私もそうだったけど、最初のうちは何かうれしい。

しかしながら20代後半ともなると、やたら増えてくるので鬱陶しくなる。

手ぶらで行くわけにもいかず、出費が重なる。

それでも持ちつ持たれつだからしょうがない…と思っていたけど

私は結局独身のままなので、出費しただけ。いただけない。

とはいえ、最近華やかな場に無縁なので披露宴に参加してみたい。

一昨年、同じ歳の男がまさかの入籍を果たしたのだけれど、披露宴はやらないらしい。

中年ともなると、離婚するやつはいても結婚するやつはあんまりいない。

せっかくのチャンスだったのに残念至極。

だったら自分が披露宴をすれば?って声もあるけど

今の収入ではとてもじゃないが、女房・子供を養っていくことはできない。

背伸びして仕事したら、また精神疾患が悪化するかもだし。

なので、地味に生きていきます。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加