うつ病さんの就労日記

うつ病男が就労していくさま&雑記

おせち・ボルシチ・宝満山

2017-01-03 23:59:40 | 日記
予定通り、おじおばが住む田舎の公団へ行ってきた次第であります。

最後に行ったのが、30年くらい前なので、当たりの様子が一変していた。

駅前は再開発され賑わいを奏し、道路も整備され、ショッピングモールや大型スーパーが出店。

とても便利になっていた。

おじもおばもとても喜んでくれて、こちらが恥ずかしいくらいでしたよ。

ただ危惧していた「腹いっぱい食え」攻撃は休むところを知らなかった。

まずおせち。三段重。おばが作ったものではなく購入ものという。

これに野菜の煮物と、いかと大根の煮物と、スモークサーモンサラダと、白菜の炒め物が

卓を賑わす。こちらはおばお手製の料理。

老夫婦だけでは食べきれないから食べて行ってくれと、にこにこ顔で言う。

もう中年なんだから量は食えねえと伝えているのだが

たくさん料理を出すのがもてなすこと、って考え方があるようで私の話など聞き入れてはもらえません。

とりあえず一通りつまんでいると

「あなたのお父さんが生前好物だったから作ってみた」ロシアの煮こみ料理のボルシチ登場。

牛のすね肉を使った本格的なもの。それをシチュー皿になみなみ注いでくれる。

そんなボルシチをずるずるすすっていると

「珍しいものを頂いたから」宝満山なるものを出してきた。お菓子だ。

羊羹のような形状で食感は厚焼きだし巻き卵、というか固焼きカスタードプリンというか。

味は不二家のミルキーっぽい、っていうかものすごく甘い。

ここで私の満腹中枢はMAXを指す。

その他、雑煮、ハム、ラスク、煎餅、ビール、「コーラもあるわよ」

やはりおじおばは、私を中高生くらいに思っている。

いろんな意味で限界に達し、おいとますることを告げると

「えっ、晩御飯食べて行かないの?」行かないよ。

煎餅などのお土産を持たされ、私は帰宅したのであった。

恩返しもなかなか大変なのです。





ジャンル:
ウェブログ
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 寺からのビールからの神社 | トップ | まだ働かない »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
大変でしたね・・・ (うつ病うつ子)
2017-01-06 18:29:28
私もお正月、親戚の家で同じような攻撃を受けました(;´∀`)。

小さい時から遊びにいってるので、まだまだ子供だと思われてるのでしょうねえ。


おせち料理がテーブルに山ほどあって食べてけ、食べてけと言われ、それこそフードファイターのようになってしまいました。

最後にはもう限外です(´艸`*)、って言ってお土産にしてもらいましたけど。

またダイエットしなきゃいけない
なあ、(;´Д`)って思う今日この頃です。
Re:大変でしたね・・・ (togapajermini)
2017-01-06 21:11:48
うつ病うつ子様

あけましておめでとうございます。

同じような攻撃受けましたか(笑)

もてなしてくれているのはわかりますけど

キツいですよね。

おせち系の料理ってカロリー高そうだから

いろいろ気になります。

うつ子様はお酒をたしなみますか?

私はほぼ下戸なので回避できるけど

プラス酒だったら大変なことに...

とはいえ、お世話になってますから

仕方ないですね...

うつ病うつ子様

またのコメントお待ちしてます。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。