うつ病さんの就労日記

うつ病男が就労していくさま&雑記

お盆は雑誌を立読み

2017-08-12 21:40:29 | 日記
今日は早めに会社から解放された。

いつもなら一目散に家路に向かうのですが、いつもそれではつまらないので寄り道を企む。

そうはいっても無駄銭は使いたくないので、思案の結果、久しぶりに書店に行くことにした。

駅ビルの大型書店をうろうろする。お盆のせいか人影もまばら。

仕事の後なので、集中力低下、眼精疲労、それに加えて老眼なので

こましゃくれた小説や、独りよがりの自己啓発本などは手に取る気がしない。

ここはさらっと雑誌をななめ読みしちまおう。男性誌のコーナーへ向かう。

心身共に疲労したときは、

綺麗なお姉さんや可愛いお嬢さんの水着やそれ以上のグラビアを掲載している雑誌がありがたい。

駅ビルって立地から取り扱い無しかと思ったらしっかり店頭に並んでいた。

しかしながら業務用サランラップみたいなのでぐるぐる巻きにされていた。

全く中身を確認できない。

仕方なく、お姉さんの次に興味のある、クルマの雑誌にシフトする。

でも残念なことにここは駅ビル。鉄道のは充実しているけど、クルマ系はちょっとだけ。

不完全燃焼のまま書店を立ち去る。

そういえば駅前の老舗百貨店には当該地区最大級の書店があるはず。踵を返す。

百貨店に入店するのも久しぶりだ。最近百貨店で買物など全くしない。

こちらも立地的に取り扱い無しかと思ったらしっかり店頭に並んでいた。

しかしながら業務用サランラップみたいのでぐるぐる巻きにされていた。

なんだ同じか…肩を落とす。そしてクルマコーナーへ。百貨店だけあって、こちらはクルマ系の在庫が豊富。

ただ、売ってるのがどれもこれも昭和のクルマを扱ったもので

死んだ子の歳を数えるような雑誌ばかり。

結局、昭和を懐かしむような世代じゃないと、クルマの雑誌なんて買わないってことだな。

とはいえ、私もそんな世代。

80年代の刑事ドラマに出てくる車両を特集した雑誌を発見。欲しかったけど買わなかった。

いずれアマゾンのマーケットプレイスで安く販売されるだろうから、その時を待つ。

2軒の大型書店をぶらついて、結局手ぶら。

迷惑な客だこと。おほほ。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 私は特殊で浮いた存在 | トップ | お中元のあんみつ »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事