ときの備忘録

美貌録、としたいところだがあまりに顰蹙をかいそうなので、物忘れがひどくなってきた現状にあわせてこのタイトル。

気になるトング

2016-11-02 | 砂時計
11月に入ると、さすがに寒さを感じずにはおられない気温となってきた。
そうなると流行るのが風邪ひき。
周りでも、咳こんだり、鼻をすすったり・・

そこで、私が以前より気になっていることが一点ある。
それは、「パン屋さんのトング」問題。
ほとんどのパン屋さんでは、自分でトングとトレイを店先で取って、店内に進む。
そしてお目当てのパンをトレイに取り込んで、レジに進む。
レジでは、受け取ったトングで、そのパンを袋詰めし、お金を受け取り清算する。
お客さんからは、お札なり、小銭なりを受け取って、レジスターのおつりを返したりして終わる。
そして、そのときにつかったトレイとトングは、別の店員さんが、トレイと、トングの「先」を拭って
所定の場所に戻される。
ここで気になるのが、手が触れる場所。
トレイは、パンが乗せられただけなので、そう汚れを気にすることはないと思う。
しかし、トングは違う。
車のハンドル、電車のつり革、はたまたトイレのドアの取っ手を触ったあとの手かもしれない。
また、最後に触ったのは、お金を触ったレジの人である。
なのに、トングの取っ手を拭うお店は見たことがない。
おおよそ、トレイの表面と、トングの先を拭うだけである。
取っ手の部分こそ念入りに拭うべきなのじゃないか?
と、私は思うのである。

そういうことを神経質にわめきたてるほど、私は神経質でも、極端な綺麗好きでもないのだけれど。
いつも買い物に行くパン屋さんで、大急ぎで用意されるトレイとトングの準備を見るたび思うのだ。
風邪や、私が一番恐れるノロウィルス、などなど細菌やウィルスの跋扈するこれからの季節
パン屋さんは是非ご一考を・・・・・
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 気になるCM | トップ | ドラマのスパイス »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

砂時計」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。