番外編(その2) 思考力養成

 ”歩く”効用は、脂肪燃焼もあるが、思考力養成もある。古来、大思想家の多くは”歩く”ことに熱心であった。JJルソー(孤独な散歩者の夢想)、Iカント(時計より正確な散歩)等有名だが、古くはプラトンやアリストテレス(逍遥学派)なんかも歩き回ってたようだ。思考力養成では、”歩く”に加え囲碁・将棋のゲームも欠かせない。小生は将棋を指すが、効用は並みでなく、将棋指しで呆けたもんいたとは、聞かない。かって高校時代には将棋をよく指したが、その連中で東京地区へ出てきてる者が将棋サークル作り、毎月一回集まり腕を競ってる。当初は新宿将棋センターが例会場であったが、ここ数年は学士会館娯楽室を会場としている。会員に東大・京大等OBが多く、その縁で使わして貰っている。会員の高校卒業年次はバラバラで、旧制前中昭22年卒の打越氏を筆頭に、平成以後の卒業年次の者も増えつつある。会員職業もバラエテーに富み、大学教授・医者・キャリア官僚・企業重役・ジャーナリスト・弁護士・会計士・税理士等多様である。画像は8月20日の例会風景だが、右から小生、菊池氏(総務省キャリア)、平沢氏(大手新聞カメラマン)、丸山氏(税理士、横市大将棋部キャプテン)である。平沢氏は大山全盛時代のタイトル戦をよく取材したとか、裏話をよく知ってる。菊池氏の自慢は、三村明夫氏(日商会頭)との対局で、高校時代以来通算で勝ち越してるそうである。最近は、将棋道場の師範代を務めてるとか、手が付けらない強さである。昼から例会を始めて、夕方には閉めて、近隣で飲会となる。将棋センター時代は”天狗”が常連だったが、神田に移ってからは中華料理青蓮ときめてる。会員職業が多様なだけに、実業界・官界・政界その他表には出てこない情報が聞け、又実益上も大変助かってる。

 

 

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )
この記事をはてなブックマークに追加


« トレーンング... トレーンング... »


 
コメント
 
コメントはありません。
コメントを投稿する
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。
 
この記事のトラックバック Ping-URL
 
 
・30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております
・送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております
・このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております
※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。