TOEIC(R)TEST専門校 完全個別トレーニングEYE Englishの 新着情報

TOEIC(R)テスト専門校 完全個別トレーニングEYE Englishの 新着情報をアップしています。

【是非とも知っておきたい】TOEICテスト新形式問題対策その6(Part 6)

2016-05-27 | イベント情報
みなさま、こんにちは。
今回はPart6についてです。

 Part 6では、一つの文書に含まれる空欄が4つになりました。
また、そのうちの一つは文章を入れる問題です。これまで以上に文脈を取る力が必要となります。

1 基本は文書全体を読むこと
  設問のタイプとしては、空所の前後を見るだけで解答できるものと、
 空所が含まれる文とそれ以外の文を参照する必要のあるものに分けられる。
 品詞を問う設問であれば空所の前後を見れば解答は可能だが、
 基本は文書全体を読むことを念頭に解答していくこと。

2 タイムマネジメントを確実に
  全体を8分以内で終わらせることを目指す。
 そのためには、1文書当たり2分以内で解答していく。
 この時間だとかなり焦るかもしれないが、読む力がついてくれば決して無理ではないので、
 まずは全体を10分程度で終わらせるところから始めよう。
 焦るあまり、文字だけを追って内容が理解できていないということがないようにすること。

3 一文を選ぶ設問
  文書の書き出しに一文を入れる設問の場合は、選択肢の文章をすべて読み、
 空所の次の文章とのつながりを考えれば良いが、文書の途中に入れる場合には、
 空所の前の内容を把握した上で選択肢を読んで、自然な流れになるものを選ぶこと。
 場合によっては後の文書も読む必要がある。
 なお、手紙やEメールの場合、作成日が書かれていれば確認しておくこと。
4 文書を読む力をつける
  普段の練習では、一度解答して正誤確認が済んだら文書全体を読み、知らない単語
 を覚えながら繰り返し読むこと。一度読んだだけですべてが理解できたと納得できる
 まで繰り返し読む練習をすることが重要となる。
  また、日ごろから英語の素材に触れて文脈をとらえる力をつけていくことが何より
 の対策となるので、自分の好きなジャンルの本を読んだり、上級者ならば新聞を読ん
 だりすることが効果的な練習になる。

いかがでしたか?
スコアアップに是非ご活用ください。

****************************************************
EYE English 
●レッスンの特徴
・マンツーマン
(先生に対し、必ず生徒が1名です)

・講師:実績抜群の日本人講師
※実績抜群の日本人講師とは?
TOEIC(R)TESTハイスコアで、
豊富な指導経験があり、
ネイティブ並みの英語力をもつ日本人講師のことです。

・担任制
(最初から最後まで原則として同じ先生が担当させていただきます)

・レッスンのスケジュール:フリースケジュール
※平日土日祝10:00~22:00終了分まで
(早朝レッスン7:30~も実施可能です。ご相談下さい)
・校舎の乗り入れ:日程により無料で変更可能です。
※担当先生とご相談の上、決まります。

・レッスン難易度:お客様のレベルに合わせてフルカスタマイズ致します。


●お申込みいただく前のお願い●
一度必ず体験レッスンにご参加いただいています。
・体験レッスンのお申込は
こちらです
※校舎:渋谷校新宿校・・東京本校(神保町)池袋校大阪本校京都校

のうちご希望の校舎にて


●お問合せ先
EYE English 事務局
→ お問い合わせフォームはこちらです
→ フリーダイヤル:0120-65-1019(携帯からも通話料無料です)

・電話受付
平日 10:00~19:00
土日祝 休み
ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 【是非とも知っておきたい】T... | トップ | 【是非とも知っておきたい】T... »