TOEIC(R)TEST専門校 完全個別トレーニングEYE Englishの 新着情報

TOEIC(R)テスト専門校 完全個別トレーニングEYE Englishの 新着情報をアップしています。

【是非とも知っておきたい】TOEICテスト新形式問題対策その5(リーディングテスト全般、Part 5)

2016-05-17 | イベント情報
みなさま、こんにちは。

今回はリーディングテスト全般とPart5についてです。

1 リーディングテスト全般
  75分間で100問に解答しなければならないため、テンポよく進めていく必要があります。
 そのためには、解答の順番を工夫したり、問題を捨てたりする勇気も必要でしょう。
 特に、新形式ではPart 7の設問が半分以上になりましたので、
 タイムマネジメントをしっかり行っていかなくてはなりません。
  理想的にはPart 5を10分、6を8分以内に終え、残りをPart 7に向けることです。
 それでもPart 7は相当忙しくなりますが、少しずつこの時間内での解答を目指していただきたいと思います。

2 Part 5対策
  選択肢を最初に見て、「全文を読まずに解く問題か」,「全文を読んで解く問題か」を判断する。
(1)全文を読まずに解く問題
   品詞 ⇒ 空所の前後のみを見て解答する。
       副詞、形容詞、名詞が入るパターンを確認しておくこと。
       例えば、空所の前後に動詞があれば副詞、空所の後ろに副詞・形容詞があれば副詞、
       空所の後ろに名詞があれば形容詞が入るといった基本を押さえておくこと。
   前置詞 ⇒ イディオムなど知識がなければ解答できないものが多いが、
       例えば、空所の前に「会議を開く」とあり、後ろに場所があればinやatが入るなど、
       空所の前後にある語句のつながりを考えれば答えられるものもある。
   接続詞 ⇒ both A and B、either A or B、neither A nor B、
       between A and B、not only A but also Bといった組み合わせに注目する。
       選択肢にこれらがあれば、まずはそれが当てはまるかどうかをチェックする。
   動詞の形 ⇒ 主語を特定して、それが単数か複数か、動詞との関係から受動態か能動態かを考える。
       選択肢の時制が異なっていれば、時を示す副詞から判断する。
       ただし、未来の話をするときでも、by the time、assoon as、when、ifなどで
       始まる副詞節は現在時制になるので、文章中に未来を示す語句がある場合は注意を要する。
   格 ⇒ 空所の後ろに名詞があれば所有格(最も出題が多い)、空所の後ろに動詞があれば主格、
       空所の前に動詞があれば目的格といった文章の基本的な構成を確認しておくこと。

(2)全文を読んで解く問題
     語彙 ⇒ 全文の意味から判断するが、選択肢に知っている語句が全くなければ適当にマークする。
       ひとつ知っていればそれを選択。2つ以上あれば文章を読む。時間を無駄にかけないこと。
     接続詞 ⇒ since、because、although、ifなどの節(S+V)をつなぐものは全体の意味から判断する。
       カンマがない場合もあるので要注意。
       選択肢に前置詞during、despite、because ofなどがあれば空所の後ろは名詞(句)となる。
     代名詞 ⇒ it、that、themなど、その代名詞が「何を指しているか」、指す名詞が「人かものか」、
      「単数か複数か」を全文を読んで確認する。
  (3)文法知識が必要な問題
      TOEICの文法に特化した問題集をひととおりこなしておくと良い。
     特に、関係詞、分詞構文の知識があればぐっと得点力が上がる。
     関係詞はwhich、who、whose、when、whereの使い方の基本、
     分詞構文は文頭が過去分詞で始まるパターンを確認しておこう。
     また、「要求、提案、主張、希望」を意味する言葉ask、demand、request、desire、propose、
     suggest、require、insistなどの後に文章を続けるとき、「その文章の動詞は原形を使う」という
     問題が出題されるので、文法書があれば、「仮定法現在」の項を確認しておくこと。
  (4)問題を解いた後で
      普段の練習でも、このパートは解答後に正解数だけが気になってしまう傾向がある。
     正解した問題も、間違えた問題も、すべてしっかりと解説を読んだり辞書で単語の意味を
     調べるなどした上で文章全体を読み、一度読んだだけで意味が理解できるようになるまで、
     繰り返し読む練習をすること。それがこれに続くパートの大きな力になる。

いかがでしたか?
スコアアップに是非ご活用ください。

****************************************************
EYE English 
●レッスンの特徴
・マンツーマン
(先生に対し、必ず生徒が1名です)

・講師:実績抜群の日本人講師
※実績抜群の日本人講師とは?
TOEIC(R)TESTハイスコアで、
豊富な指導経験があり、
ネイティブ並みの英語力をもつ日本人講師のことです。

・担任制
(最初から最後まで原則として同じ先生が担当させていただきます)

・レッスンのスケジュール:フリースケジュール
※平日土日祝10:00~22:00終了分まで
(早朝レッスン7:30~も実施可能です。ご相談下さい)
・校舎の乗り入れ:日程により無料で変更可能です。
※担当先生とご相談の上、決まります。

・レッスン難易度:お客様のレベルに合わせてフルカスタマイズ致します。


●お申込みいただく前のお願い●
一度必ず体験レッスンにご参加いただいています。
・体験レッスンのお申込は
こちらです
※校舎:渋谷校新宿校・・東京本校(神保町)池袋校大阪本校京都校

のうちご希望の校舎にて


●お問合せ先
EYE English 事務局
→ お問い合わせフォームはこちらです
→ フリーダイヤル:0120-65-1019(携帯からも通話料無料です)

・電話受付
平日 10:00~19:00
土日祝 休み
ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 【是非とも知っておきたい】T... | トップ | 【是非とも知っておきたい】T... »