♪銀蝿ブンブン♪日本の危機ニダ♪

ヨン様と一緒♪で韓流ブログしてた通名トド子ニダ♪韓流の終焉であっちは放置したけれど♪新ブログはノンジャンルでやるニダ

虐めで苦しんでいるあなたへ

2017-08-12 23:04:58 | 日記

コメント欄で非公開で複数の方から「虐め」について様々な意見を頂きましたので、いつものニダ♪ニカ?は使わずに、素で返事に替えさせて頂きます。

まず現在苛めにあっているあなた、決して自分を責めてはいけません。どんな学校でも、どんな会社でも、対人関係のきしみで虐めは起こります。虐めのきっかけなど様々な要因が絡み合って起こります。そして虐めている側は苛められている側の反応を見て楽しんでいます。要するに遊びの延長なんですよ。

虐めをする子自体が自分に自信が持てないとか、変なコンプレックスを感じている場合が多いですね。

自分より立場が弱いもの、おとなしい子を目掛けて虐めの標的にします。それは大人の世界でも変わりません。皆が皆同じような感性を持っている訳ではありませんから、集団で合わせられないとか、そういう人が虐めに逢いやすいと、私は個人的には思っています。

私の場合は教師には「優秀な子」扱いされていて、リーダーシップがある子だと思われていました。でもそれは私の虚像です。実際の私は、同級生に合わせることが苦痛で、同性でつるむとかも本当に嫌でした。仲良しグループに入らないと変わった子扱いされるので、嫌々ながら適当に話を合わせていたに過ぎません。おそらく当時の同級生は私がこんな感想を持っていた事も知らないと思います。

ちょうど私が小学校高学年の頃にさとう宗幸さん主演の「仙八先生」というドラマが放送されていて、その挿入歌になっていたこの歌を聞いたとき、まさにこれは私の気持ちだなと思いました。

榊原まさとし 不良少女白書

私は不良になるほど、尖ってもいませんでした。当時の私は、今から考えると変に大人びていたのでしょうね。廻りの同級生が子供っぽすぎて嫌だと考えていましたし。虐めをしている子に「馬鹿馬鹿しい事は止めなさい」と言った事から、私自身が虐めの標的になりました。でも私は何をされようと動じませんでした。具体的に言うと「筆箱に虫の死骸を詰められる」とか「教科書にマジックでいたずら書き」とか「上履きを捨てられる」とかですね。

通常なら泣いてしまうような事ですよね。私はそういう苛めをされても何も傷つきませんでした。教師に言っても無駄だと冷めていましたし、虐めをする相手は、ストレス解消になれば何でも良いのですから。同級生は皆知っていて見てみぬふりをしていました。自分に降りかかる事に怯えていたのだと思います。

私は親にも相談しませんでした。私の親ならどういう反応を示すかが解っていたからです。だから私は別のクラスで友人だった人に「こういう状況でこういう対処をしてるのだけど、どう思う?」と客観的な意見を聞いてみました。その友人は「君が好きなようにしたら良いと思うよ。君が選ぶことだし」と答えてくれました。その友人は本当に私から見て素直に天才だと思える子でしたが、さすが見抜いているなと思いました。

そのとき、もし同情的な事を言われていたら、私は壊れていたと思っています。私にその時必要だったのは「私への肯定」だったのです。

私への虐めのターゲットは3ヶ月ほどで消えました。そもそもが私は苛められる側でも、虐める側でも無い子供でしたから。

虐めを汚水と考えたら、汚水に混ぜられても、汚れない強さがあれば良いのです。

社会に出てからも様々な虐めはありました。協調性を求められるのに合わせられない「私という個性」が許せないと思われたのでしょうね。いくら仕事が出来ても能力より、詰まらない事で文句を言われる。私は常に冷めていたというのもいけなかった理由ではあるとも思います。

ただし「私という個性」を最大限に認めてくれる友人も多々出来ました。一流の大学に入って、一流の会社に入って、自分が楽しいか?充実しているか?と自問自答したときに、「自分には向いてないな」と思ったのも事実です。

私が他人の学歴だの職歴だの、地位や名誉だのに興味も関心も無いのは事実です。それらは単なる箔付けであって、その人個人が優秀だと思える判断基準にならないと、私は思っています。

努力、根性という言葉も私は嫌いです。人に押し付ける事では無いと思ってます。自分のペースで自分なりに進めば良いだけの事です。

苛めで今苦しんでいる人に、これだけは私が経験上から伝えたい事です。

泣きたいときは泣いてください。少しでも感情が治まるのであれば。

逃げたいと思ったら逃げてください。あなた自身が選ぶ事であれば。

人の人生が80年だとしても、色々な困難は次々と襲いかかってきます。

そのときに自分が主体になって考えてください。対処方法を。介護で途方に暮れていたら行政に相談してみてください。

何事も最良の方法など存在しません。しかし知恵を絞ればなんとかなるものです。

まず自分自身に深く問いかけけてください。何が自分にとっての良い方法なのか。

そうすれば答えが出てきます。

今日の一言

自分に自信を持って、前を見てください。あなたは一人ではありません。

ジャンル:
ウェブログ
コメント (11)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 悠仁様の近影写真集ニダ♪ | トップ | 8月12日(土)のつぶやき »
最近の画像もっと見る

11 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
吹っ切れました (姐さん)
2017-08-12 23:37:44
全文拝見いたしました。
どうもありがとうございます。
自分を信じ、自分を見つめ、自分を持ちながら、人生歩んでいきます。
私の対処法 (ドリーミーアロマ)
2017-08-13 01:11:13
初めまして。トド子様と同じgooブログを使用している、いちブロガーです。
私はもともと韓流ブームに乗れなかった上に現皇太子妃に対する疑問も多く、時折お邪魔しておりました。
トド子様の今回の某占い師からの一方的な攻撃に対するいち早い対処に感心していましたが、そんな折、今回『虐めで苦しんでいるあなたへ』との記事。息が止まる思いで拝読しました。

実は私の娘がちょうど1年前、高2で不登校になりました。原因は教師による過度な指導。娘は誰にも相談しないまま彼女なりに我慢を続けた末、ある日突然私に『もう学校には行きません』とLINEで言ってきました(LINEと言うのがいかにも現代っ子ですが)。話を聞いてみると1年近く特定の教師からある事ない事言われて、挙句の果てに全校生徒の前で暴力を受けた、と。
私は、善処する為に私が親として行くべき場所を、3つの中から娘に選択させました。つまり、学校、警察、新聞社(orテレビ)のどれに行くべきか。娘は迷いつつ、とりあえず担任と話してほしいと言い、私は早速学校に行きましたが、最初の段階から担任の他に主任クラスの教師の同席を要望しました。すると、実際には担任、生徒指導主任、教頭が対応してくれました。件の特定の教師との面会は拒否でした。(数度の話し合いの中、特定の教師に会えたのは1度きりでした)
同時に、私は私の周囲の人(職場の先輩、友人、知り合いの教師)、娘がお世話になった人(中学時代に慕った先生、塾の先生)に状況をオープンにし包み隠さず話しました。

かなり初期の段階から娘は通信制の学校に変わりたいと希望しておりましたが私は《世間の目》を気にしたり、何より正直学費の工面が大変ですから、すんなり分かったとは言えませんでした。
そんな中で、娘の生活は昼夜逆転傾向になりつつあり、ストレスからの過食で体重は信じられないほど増加。そんな姿を見ると私も悲しかったりイライラしたり……。

でも。一つの事をきっかけに私が通信制で良いや、と気持ちを切り変えたら、そんな変化が娘に伝わったのか、娘自身が昼間散歩に行ってLINEで写真を送ってきたり、夕食を作ってくれたりするようになりました。
結局娘は転校という形を取ったのですが、この間、3か月。世の中から見ればスピード解決に見えるかもしれませんが、この3か月は娘も私も悩み考えさせられました。

果たしてこの選択が正しかったかどうか今はまだわかりません。
受験生と言う葵のご紋を振りかざしながらも勉強せず、今日もテレビを見てゲラゲラ笑っている彼女を見て、また別の不安が生じておりますが……。

ものすごく辛い事があったら、とりあえずその場から逃げるというのも、ものすごく勇気がいる事だと思います。
トド子様おっしゃる通り、見方はきっといますものね。

長々と失礼致しました。
みぃは団体行動が取れないタイプ (みぃ)
2017-08-13 01:16:12
なので、小さい頃からよくいじめっ子に目をつけられ虐められました。


その原因は、みぃには、感覚的に個性的なものがあったり、また幼児期から身体が弱く精神的にも弱かったからだと思います。


だけどある時気がつきました。虐めた子は、家庭的にその子自身がフラストレーションを抱える環境にある子供であったということ。


大人の虐めも構図は基本的に同じです。集団からちょっと外れやすい弱い立場の人間が、外罰的で攻撃的な内面になんらかの葛藤を持つ人間の不満の捌け口にされる。


虐める人間の一種の自己防衛です。

自分自身のフラストレーションや自己矛盾の心の闇に向き合うことを恐れ、物理的にそれらを外に向け、弱い対象に転化することで自己の心の安定を一時的に保とうとする。

彼らを変えることは出来ないです。


だから虐められる側もある意味逃げる知恵をつけることは大切ですね。

うまく距離をとるか、または虐められる隙をつくらないよう自分を変えていく努力も必要だと思います。


加害者 (かな花)
2017-08-13 02:22:23
虐められた被害者の話はよく出て来るのに、加害者の経験談はほとんど出てこないですね。
私が子ども同士の人間関係を観察して思いましたのは、加害者側には家庭の問題を抱えている場合が多いです。
離婚や死別で父親が不在、それだけなら良いのですが、母親の彼氏や継父が同居して、生活にストレスを感じているであろう子どもが、目を吊り上げて学校に来て、常に先制攻撃を周囲に加えて自分を守ったり、ストレスを発散させている状況を見ました。
会社にもいますね、毎日に残業に、上司への媚びへつらいに疲れたサラリーマンが、弱い中年女性や出来ない男性をいびっていたり。
まあ、こういう輩は何処にでもいるので、弱みを見せないようにして距離をとるしか方法はないですね。

ただ、トド子さんのお言葉に「教師に話しても無駄だと冷めていた」には驚きました。よくその若さで見抜いていらっしゃいましたね。
本当にそうなんですよ。
教師に話しても無駄です。
最近の教師は残業続きで随分疲弊している模様ですが、本当に、なあんにも期待できません。
子どもの状態がまずいと思ったら、引っ越しか転校しか方法はありません。
逃げてもいいですし、スルー出来る強さを身につけたら褒めてやる、人生は学校だけでは無い事を教え、その子に向いている習い事や塾で自信をつけさせる。
親としてはそうやって見守るしかないのです。
追加 (みぃ)
2017-08-13 04:47:07
先に『自分を変えていく努力も必要だと思います』と言いましたが、この努力とは、虐められ易い行動パターンを変えていく試行錯誤の試みのことです。


一番いけないのは、虐められることによって、自分で自分の存在価値の評価を下げてしまうこと。


どんな嫌がらせや惨めになるようなことをされても、それは虐める側の心の問題であって、虐めを受ける側の存在価値とは関係ないということ。


虐められている時こそ自分で自分の価値を信じる、もしくは、信頼できる人との関係や得意な事柄で自分自身に自信を持つ。そのような自分への肯定や信頼感を回復することが虐めを受ける立場からの脱出になると思います。


あとは、虐める側との物理的距離をできるだけとり、虐める隙やネタを与えないことだと思います。
いじめの構造 (清岡)
2017-08-13 13:30:21
今日は、ニダ文体も外して自らの小学校のいじめ体験を語られ、心に届きました。
また読者さんたちの、痛切な体験も。

>加害者側には家庭の問題を抱えている場合が多いです。
離婚や死別で父親が不在、それだけなら良いのですが、母親の彼氏や継父が同居して、生活にストレスを感じているであろう子どもが、目を吊り上げて学校に来て、常に先制攻撃を周囲に加えて自分を守ったり、ストレスを発散させている状況を見ました。

いじめる側も家庭で「いじめられている」ケースが多いという内容が非常に納得出来ました。
そして、今度の某占い師、スピ系ヒーラーの心理状態を重ね合わせました。プライドに比して、世の中の下積み状態。(こんなに私は素晴らしいのに、なぜこんな目に遭うんだ)占い師は生活保護寸前・・・・
「世の中にいじめられている」鬱屈を、何の正当な理由もないのに、5つか6つのブロガーさんたちを罵ることではけ口としているのでしょう。
熊●という男もその同類のようです。

逃げるという選択、無視という選択もあります。それも正解です。放置していれば、次のターゲットに移るであろうことは目に見えているから。

でも嘘も100回言い続けられると、本当のことであるかのように錯覚する人たちが出るので、闘うとしたトド子さんの選択もまた正しいと思います。応援しています。
小池は真面目に取り組め (フェルナンデス)
2017-08-13 13:35:50
小池は真面目にいじめ問題や待機児童問題に取り組め!
さっさと豊洲に市場を移転しろ!
在日への生活保護を打ち切れ!
いくら都民の税金を浪費させるつもりか!


と大人げなく言いたいものです。
泣きそうになった (ちとせ)
2017-08-13 13:43:28
子どもの問題には、
親の問題が潜んでいます。

子どもは子どもですから
本当は、大人が解決の手助けをしてやる
必要があります。
それが義務教育ですから。

しかし
子どもは、周囲の大人のふらふらさなど
見抜いています。

自分の問題をないことにして、
ただ大人になった程度の大人ばかり。
大人が、自分の生き方を持っていないのに
子どもの将来の心配など、
子どもから見て大きなお世話でしかないでしょう。

日本は壊され、
価値観を揺さぶられ続け、
芯のない育ち方をしてそれに気づかず
生き方を自分でつかめない
属国日本の属国日本人ばかりです。
ここ、親も教師も、大きく見れば同レベル。

子どもが子どもらしくいられるためには
大人が大人らしく育っていることが必要です。

大人が、子どもに向き合うときには
自分の生き方がさらけ出されていることを
自覚すべきです。
親は、子どもに背中を見られている。
子どもの持っている考え方なんて大方ほとんど親から得ている。
子どもの世界観をつくるのは親の生き方そのもので
いじめっこでもないし教師でもない。

反面教師となっている部分も含めて
子どもの生き方にそれほど
オリジナリティなんてないから。
想像を絶する破壊力 (伊藤知昭)
2017-08-13 17:14:58
トド子姫様

御多忙中、お邪魔致します。

事は、私的な問題ではありません。

今回の騒動で明らかになりました。
国を滅ぼす非正規戦。

プライベートな責めを装って、どうなったか。
嘘八百を広範に吹聴し、被害者に自殺を強要。

貴重な人財。
根刮ぎ破壊。

これは、国家の損失。
教育勅語の苛め対応現代版が望まれます。


文仁親王と悠仁親王の御代を目指して。

今後とも、宜しくお願い致します。
やはり (かな花)
2017-08-14 11:33:49
イジメにあって、教師に相談しても無駄だとよくわかるトピです。
学校は密室ですから、教師も責任を問われやすい。
教師自身責任の一端を感じているのです。
だからいじめが発覚した時、全力で学校が行うのは「保身」なのです。

いじめっ子を作るのが親である可能性は私も認めますが、その被害を学校に話しても無駄です。
親に相談しても、転校などの措置を取ってもらえないいじめられっ子は、寄る辺が無くなります。
いい友達でも、いたら良いのですが。

強くなるしかないのか、死ぬしかないのか。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

日記」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL