♪銀蝿ブンブン♪日本の危機ニダ♪

ヨン様と一緒♪で韓流ブログしてた通名トド子ニダ♪韓流の終焉であっちは放置したけれど♪新ブログはノンジャンルでやるニダ

12月5日(火)のつぶやき

2017-12-06 03:17:51 | 日記
ジャンル:
ウェブログ
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 12月4日(月)のつぶやき | トップ | ブルーギルと妖怪ひじつかみ... »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
噂の刀 先月展示会に出展 (らむ子)
2017-12-06 15:33:59
先月11月17〜19日、大刀剣市(新橋 東京美術倶楽部にて)で、例の流出した昭和天皇即位式使用の刀が展示されました。

大事な証拠品。宮内庁に返してやるものか!って⁉︎

安倍さん、しれっと国民に「皇室の物が流出している訝しさ。誰が売ったんだろうね?」と知らせているのかも。

特に刀剣専門家、愛好家の集まる展示会に出展したところが渋い。彼らの間で話題になればいろいろ話も聞こえて来る。是非、愛好家の薀蓄おじちゃん達騒いで欲しい。


画像 :プーチンが安倍さんに贈った皇室から流出した刀。大刀剣市展示室での撮影。
http://www.sankei.com/life/photos/171116/lif1711160051-p1.html
画像 :「昭和三年 月日 大阪住 高橋信秀八十四歳 謹鍛 」昭和天皇即位の年に作られている。
http://www.sankei.com/life/photos/171116/lif1711160051-p2.html

記事本文 :プーチン大統領から安倍首相に贈られた日本刀を17日から初公開 大刀剣市で
http://www.sankei.com/life/news/171116/lif1711160051-n1.html
(一部抜粋)
 ロシアのプーチン大統領が安倍晋三首相に昨秋、贈った日本刀が、17日に開幕する「第30回大刀剣市2017」(全国刀剣商業協同組合主催、産経新聞社ほか後援)で初めて一般に公開される。16日には、東京・新橋にある東京美術倶楽部の会場に太刀の搬入作業が行われた。19日まで展示される。
 公開されるのは、安倍首相が昨年9月、ロシア極東ウラジオストクでの首脳会談の際、プーチン氏から手渡された日本刀。1928年の昭和天皇の即位の礼で用いた12本のうち、海外流出していたものをロシア側が入手した。



ナルイニ氏が借りて売ってしまった物を所有者である某家が買い戻した品や、ヤフオク流出品等も一同に集めて……是非、東京国立博物館の「平成館」で

「売られた皇室の宝展〜皇室の闇 平成の売却プロジェクト」展覧会してもらいたいわ〜
関連記事 (伊藤知昭)
2017-12-07 14:18:55
トド子姫様

御多忙中、お邪魔致します。

こちらは米国のオークション。
即位後の雅子妃は世界で競売に嵌まる可能性。

[ 「 昭和天皇独白録 」原本3000万円 = 高須クリニック院長が落札 ― NY  -  ( 時事通信 )  -  Yahoo ! ニュース  ]  2017年12月07日(木) 07時36分 配信  JIJI . COM 時事通信社
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171207-00000026-jij-n_ame


記事本文を極力書き写させていただきます。
雅子妃夫妻は、両親の記録等をゴミ捨て気分で競売に回しそうではないでしょうか。

          ・・・・・〔 ここから 〕

 【 ニューヨーク時事 】 昭和天皇が終戦直後、戦前・戦中の出来事を振り返り側近に語った談話をまとめた「 昭和天皇独白録 」の原本とされる文書が 6日、米ニューヨークで競売商ボナムズのオークションに掛けられ、27万5000ドル( 手数料込み、約3080万円 )で落札された。

 美容外科「 高須クリニック 」の高須克弥院長はブログで、自身が落札したと公表した上で「 皇室にお返しする 」と述べた。

 昭和天皇独白録は、宮内省御用掛だった元外交官の寺崎英成氏が作成し、1990年に「 文芸春秋 」で公表された。 ボナムズによると、出品された文書は独白録の原本で、寺崎氏の死後、米国の親族が保管していた。

 ボナムズの担当者は文書を「 20世紀の世界史を理解する上で極めて重要な文書 」としている。 173ページの文書は手書きで、計 2巻で構成されている。

       ・・・・・〔 以上、ここまで 〕


寺崎氏の遺族がこれで金儲け。
となると、創価学会上がりの女帝と皿婆は、神社の名簿を盗み出して競売に流しかねません。


文仁親王と悠仁親王の御代を目指して。

今後とも、宜しくお願い致します。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

日記」カテゴリの最新記事