♪銀蝿ブンブン♪日本の危機ニダ♪

ヨン様と一緒♪で韓流ブログしてた通名トド子ニダ♪韓流の終焉であっちは放置したけれど♪新ブログはノンジャンルでやるニダ

1月11日(木)のつぶやき

2018-01-12 03:03:47 | 日記
ジャンル:
ウェブログ
コメント (1)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 相撲協会は一度潰したら? | トップ |   
最近の画像もっと見る

1 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
国益を損ねる相撲協会 (伊藤知昭)
2018-01-12 12:01:00
トド子姫様

御多忙中、お邪魔致します。

今問題の相撲協会には、法曹界関係者が理事や監事の名目で関与しています。
実質的には機能していませんから、御手盛りで利益山分けだけの人員なのでしょうか。

[ 日本相撲協会 ] ウィキペディアより
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%97%A5%E6%9C%AC%E7%9B%B8%E6%92%B2%E5%8D%94%E4%BC%9A
[ Japan Sumo Association ] From Wikipedia
https://en.wikipedia.org/wiki/Japan_Sumo_Association

手っ取り早いのでウィキペディアを貼らさせていただきました。

評議員会には池坊保子議長。
そして高円宮家に利用された千家尊祐出雲大社宮司。

理事には高野利雄元名古屋高等検察庁検事長。
監事では元広島高等検察庁検事長。

責任ある立場で、しかも法律の専門家。
それが昨今の体たらくを助長する存在。


ところで尖閣接続水域。
国土防衛の肝ですが、ヤメ検は中国共産党に呼応する売国の徒でしょうか。

[  尖閣接続水域に潜水艦 = 中国軍艦も進入 ― 防衛省  -  ( 時事通信 )  -  Yahoo ! ニュース  ]  2018年01月11日(木) 14時02分 配信  JIJI . COM 時事通信社
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180111-00000063-jij-soci

自衛隊が手をこまねいて傍観していたら、日本の領土は強制的に雲散霧消させられます。
あたかも某ヤメ検が意図する狙い通りに。


          ・・・・・〔 ここから 〕

 防衛省は11日、沖縄県尖閣諸島の大正島周辺の接続水域内に、それぞれ 1隻の潜水艦と中国海軍フリゲート艦が入ったと発表した。

 潜水艦は中国籍と見られる。 尖閣接続水域で潜行した外国潜水艦が確認、公表されるのは初めて。 領海への侵入や海上警備行動の発令はなかった。

 潜水艦の国籍について防衛省は、判明したかどうかも含め明らかにしていない。 フリゲート艦側に対しては海上自衛隊の護衛艦が、接続水域である旨を無線で呼び掛けたという。

 防衛省によると、護衛艦「 おおなみ 」と哨戒機 P 3 C が 10日午後、宮古島の東北東側の接続水域内を北西方向へ潜行する潜水艦を確認した。 潜水艦は 11日午前にいったん接続水域を出たが、尖閣諸島の大正島北東で再び同水域に入った。

 同じ大正島北東の接続水域では同日午前 11日時ごろ、中国海軍のジャンカイ Ⅱ 級フリゲート艦が潜水艦の移動ルートと並び航行するのが確認された。 2隻は同日午後、ほぼ同日に接続水域を出た。

       ・・・・・〔 以上、ここまで 〕


某ヤメ検の言い掛かりは敵を利する行為。
自宅の周辺を、不審者が身を隠して外から屋内の様子を窺っていたらどう思うか。

[  潜水艦と中国海軍の艦艇、尖閣周辺の接続水域に進入  -  ( 朝日新聞デジタル )  -  Yahoo ! ニュース  ]  2018年01月11日(木) 16時32分 配信  朝日新聞社  朝日新聞 DIGITAL
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180111-00000057-asahi-pol

国際関係に於いて盗人猛々しい典型。
中国共産党にこそ核武装廃棄と専守防衛に徹するように言うのが筋。


          ・・・・・〔 ここから 〕

 政府は 11日、潜水艦と中国海軍の艦艇が同日午前、尖閣諸島( 沖縄県 )周辺の日本の接続水域に入ったと発表した。 これを受け、外務省の杉山晋輔外務次官は同日午後、中国の程永華( チョンヨンホワ )駐日大使を同省に呼び、「 重大な懸念 」を表明して抗議するとともに、中国側が日中関係改善の流れを阻害しないよう強く求めた。

 政府は情報連絡室を中心に情報収集・分析中だが、防衛省によると、中国海軍のジャンカイ
2級フリゲート艦 1隻が尖閣諸島・大正島の北東の接続水域に進入するのを、海上自衛隊の護衛艦「 おおよど 」と「 おおなみ 」が確認したという。

 安倍晋三首相は、関係省庁が緊密に連携する
▽ 米国を始めとする関係国と緊密な連携を図る ▽ 警戒監視に全力を尽くす ――― の 3点を指示した。

 尖閣周辺の接続水域に中国軍艦が入るのは2016年 6月以来、2回目。 潜水艦については、04年11月に中国の原子力潜水艦が石垣島周辺の領海内に侵入した事例がある。

朝日新聞社

       ・・・・・〔 以上、ここまで 〕

以前、女性の報道官にパンダと間違われた事務次官でしたが、日本は毅然と対応する必要があります。
そうでなければ、共産主義者は忍び込まれた方が悪いと言わんばかり。

[  日本に「 強烈な不満 」 = 接続水域航行を正当化 ――― 中国国防省  -  ( 時事通信 )  -  Yahoo ! ニュース  ]  2018年01月11日(木) 17時14分 配信  JIJI . COM 時事通信社
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180111-00000091-jij-cn

中国は尖閣諸島を自国領と主張しています。
そんな状況下で御花畑が中国に返せと言っている段階。


          ・・・・・〔 ここから 〕

 【 北京時事 】 中国国防省は 11日、沖縄県・尖閣諸島周辺の接続水域内に中国海軍艦艇が入ったことについて、「 釣魚島( 尖閣諸島の中国名 )は中国固有の領土だ。 中国艦艇の活動は完全に正当で合法的だ 」とする立場を明らかにした。

 同省は日本に対して「 事実を歪曲( わいきょく )している 」と非難し、「 強烈な不満と断固とした反対 」を表明した。

 国防省は、自衛隊の 2隻の艦艇が接続水域に入ったため、中国海軍のフリゲート艦が追跡し監視活動を行ったと説明した。 さらに同省は「 領土主権を断固として守る 」と主張した。 習近平指導部は、日本との関係改善の姿勢を見せているものの、領土をめぐる問題では譲歩しない構えだ。

       ・・・・・〔 以上、ここまで 〕


巷間では屋敷の境界線が近所トラブルに発展する事例が報道されます。
訴訟合戦が辺境の国家レベルならどうなるでしょうか。

さらに言えば南シナ海。
本来なら大半が旧大日本帝国の領海。


文仁親王と悠仁親王の御代を目指して。

今後とも、宜しくお願い致します。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

日記」カテゴリの最新記事