♪銀蝿ブンブン♪日本の危機ニダ♪

ヨン様と一緒♪で韓流ブログしてた通名トド子ニダ♪韓流の終焉であっちは放置したけれど♪新ブログはノンジャンルでやるニダ

12月13日(水)のつぶやき

2017-12-14 03:18:03 | 日記
ジャンル:
ウェブログ
コメント (3)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« たかり屋気質のキムコムロ一... | トップ | 小室圭氏に感じる生理的な拒否感 »
最近の画像もっと見る

3 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
皿婆に侵食される自民党 (伊藤知昭)
2017-12-14 04:54:53
トド子姫様

御多忙中、お邪魔致します。

福岡の講演会。
山崎拓元自民党幹事長と辻元清美議員。

YKK と言われた実力者とのコンタクトで講演会なら、背後には皿婆の思惑。
安倍政権の次と徳仁親王の時代を狙ったエージェントの暗躍で多数派工作。

秋篠宮御一家を潰して似非保守を掌握中。
脳内では辻元政権を皿婆が紡ぐ政界絵図。


文仁親王と悠仁親王の御代を目指して。

今後とも、宜しくお願い致します。
皇室典範10条について (コノハナサクヤ)
2017-12-14 09:39:11
はじめに断わっておきますが、私は美智子さんを擁護する気はないですし、思想的にはトドコ様と同方向です。
ただ、誤った解釈でトドコ様の理論武装がほころんで外部からの攻撃対象になってはいけないと思い、コメントさせていただきます。

以前にBB様のところでもコメントしたのですが、皇室典範を含め法律の文章の読み方はクセがありますね。
美智子さんが立后会議を経ていない、とおっしゃるのは「第10条 立后及び皇族男子の婚姻は、皇室会議の議を経ることを要する。」が根拠だと思いますが、
美智子さんの場合は立后に際して会議は不要なのです。
なぜなら、立后のとき既に皇太子妃=皇族だったから。
第10条は、皇室典範の「第二章 皇族」内の規定で、ここ(第5~15条)では皇族の範囲を定義しています。
男系男子とその子孫は生まれたときから皇族ですが、一般の女は天皇又は皇族と結婚したら皇族になります。
その際に、その女を皇族の範囲に入れてよいのかを審議するのが皇族会議です。
美智子さんの場合は、民間人から皇太子妃になるとき(皇族男子である明仁皇太子の婚姻)に、形式的とはいえ皇族会議を経て皇族入りしているので、
今上の即位の際に改めて「皇族に入れていいかどうか」を第10条で定めるところに則って審理する必要はなかったのです。
分かりにくいのですが、第10条の立后云々は、未婚の天皇が結婚するときに、その相手(皇后になる女)を皇族に含めていいかを審理することを定めているのです。
天皇は皇族ではないため、「立后(=天皇の婚姻)及び皇族男子の婚姻は」という書き方になっています。
Unknown (Unknown)
2017-12-14 12:10:38
コノハナサクヤさま

皇室典範第十条の「立后~」が天皇の結婚を意味するなら、はっきり「天皇の結婚」
と表記するのでは?
それに、美智子妃が皇后になるとき、
「皇太子妃のときの実績を鑑み立后会議は開催せずとも立后できる......」
なんちゃら発表させたとか。
ということは、すでに皇太子妃であっても立后会議は必要と認識されていて、美智子妃は特例ということですよね?

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

日記」カテゴリの最新記事