♪銀蝿ブンブン♪日本の危機ニダ♪

ヨン様と一緒♪で韓流ブログしてた通名トド子ニダ♪韓流の終焉であっちは放置したけれど♪新ブログはノンジャンルでやるニダ

詩織へのトド子の疑問ニダ♪

2017-11-13 21:24:56 | 日記

詩織がまたまたゾンビのように這い出てきて、皿婆セブンが取り上げているので、俎上に乗せておくニダ♪ 記事は黒い文字、トド子のツッコミは赤い文字で分けておくニダよ♪

伊藤詩織さん「山口氏と闘うつもりない。仕組みを変えたい」

「私は相手の男性を告発したいのではありません。性犯罪の被害者が泣き寝入りせざるを得ない日本の司法システムや捜査方法、そして被害者に対して不寛容な社会のあり方を少しでも改善したくて、声を上げたのです」

あれ?山口氏を名指しで「レイプ魔」呼ばわりしていたのは詩織では無いニカ?しかも2年も前の出来事で、しかも不起訴になったのをまるでデタラメな捜査で変な権力が山口氏を助けたと言っていなかったニカ?何で当初の話からズレてきているニカ?詩織はニューヨークでピアノバーという日本人向けのキャバ嬢してたニダね?留学生ビザでそういう店で働けないのに、何で働けたニカ?不法就労?

力を込めて語るのは、ジャーナリストの伊藤詩織さん(28才)。詩織さんは2015年4月3日、レイプ被害を受けたという。国際的なジャーナリストを目指し、希望に満ちていた彼女の人生は、この晩の出来事で一変してしまった。

2015年4月って詩織は何歳?22で日大文理学部卒業したとして、アメリカの大学に本当に通って卒業していないニダよね?そもそも詩織がジャーナリストという肩書も奇妙ニダ♪ 自称ジャーナリストの風俗嬢では無いニカ?どこのアメリカの大学のどこの学部のどこに在籍していたニカ?詩織の駄本を拝読したけれど、何故か詳しく書かれていないのがトド子は物凄く気になったニダ♪

 10月18日に著書『Black Box』(文藝春秋)を上梓した彼女は、そこで初めてフルネームを明らかにした。

率直に言うニダ♪伊藤詩織すら本名では無い「通名」ニダ♪ 著書出すから、日本で使っている通名で出しただけニダよ?何で自分の国籍を明らかにしないニカ?

「世間からは『すごく勇気のある女性』と思われているけど、私は特別強い人間ではありません。レイプ被害は誰にでも起こることです。真実についてふたをしていたら自分のなかで苦しくなるだけなので、顔と名前を出して伝えようと決めました」(詩織さん)

美人局みたいな事をやらかして、ニューヨークで風俗嬢してて、26歳でレイプ被害ねえ♪ 随分頭もお股もゆるい女性ニダね♪そもそも山口氏を嵌める気満々で近づいて、思い通りにならなかったから、顔出しして、山口氏を「レイプ魔」呼ばわり♪真実など詩織は全く語っていないニダ♪ 大嘘つき♪

〈「警視庁刑事部長」が握り潰した「安倍総理」ベッタリ記者の「準強姦逮捕状」〉

 今年5月、『週刊新潮』(5月18日号)にこんなタイトルの記事が掲載された。記事中で「被害女性」とされたのが詩織さんだった。

安倍総理べったりって山口氏は安倍首相の本を数冊出しただけでしょう?安倍首相に性的スキャンダルが皆無だから、廻りにいた人で山口氏に狙い定めたのよね?違うニカ?

 ニューヨークの大学でジャーナリズムと写真を専攻していた詩織さんは2013年秋頃、仕事で同地を訪れた元TBSテレビ報道局ワシントン支局長の山口敬之氏(51才)と知り合った。

出会った場所が、山口氏がニューヨークで接待で連れて行かれた「ピアノバー」♪ でそこのキャバ嬢していた詩織が名刺をゲットした♪ それでがんがんメールを送って、営業してた♪ それが真相なのに、何で「ニューヨークの大学でジャーナリズムと写真を専攻していた」事に置き換わるニカ???

 2015年3月、一時帰国して就職活動をしていた詩織さんが山口氏に仕事の斡旋を問い合わせるメールを送り、山口氏がTBSワシントン支局での採用を約束して以降、2人はメールをやり取りするようになる。

ここも当初の説明と偉く異なる箇所ニダね♪ 山口氏にメール攻撃して、ワシントン支局の無給インターンならって話だったはず♪ 詩織に学歴なんか無いのだし、英語も堪能では無いのだから♪ 2人はメールのやりとりじゃなく、詩織が10通、山口さんが嫌々返事1通くらいの割合だったはずニダ♪詩織のようなオンナを歌舞伎町のキャバ嬢だと想定して、キャバ嬢に就職斡旋頼まれたらどうするニカ?適当に口を濁すのが普通の感覚ニダ♪

 同年4月3日、「就労ビザについて話したい」と山口氏から連絡を受け、2人は東京・恵比寿の串焼き店で会食する。山口氏はその場では仕事の話をせず、「予約してる店がある」と言って2軒目に誘った。

ここも詩織の嘘♪ 不法就労だった詩織はワークパーミットビザなんて取れないニダね♪単に山口氏が所用で日本に帰国したので、義理で会っただけニダ♪仕事斡旋は詩織の願望だけで、空回りしていたのでは無いニカ?

 しかし、串焼き店から徒歩数分の寿司店で日本酒を2合ほど飲み、気分が悪くなってトイレに入ってから、詩織さんの記憶はプツリと途絶えた。

詩織に聞きたいのだけど、串焼き店で何を飲んだニカ?トド子も相当酒が強いと言われるけれど、ビール飲んでしまうと、日本酒、ワインの類は苦手ニダ♪飲み合わせと体質の問題なのだろうけれど♪ 寿司屋のトイレで記憶が途切れるって相当なバカ女♪ マズい!と思ったら「酔ったのでお先に失礼致します」って言えば良かったはず♪ 詩織なんてキャバ嬢してたのだからシャンパン一気飲みくらい出来たはずニダよ?店でそういう飲み方しているもん♪ピアノバーのキャバ嬢は♪

「その後、下腹部に激しい痛みを感じて意識を取り戻すと、ホテルの一室で山口氏が私の体の上に乗っている状態でした。避妊具はつけていませんでした。私はお酒に強く、酔って記憶をなくした経験は一度もありません。記憶障害の症状が出たことからも、お酒にデートレイプドラッグ(効き目の強い睡眠薬)を入れられたことを疑いました」(詩織さん)

ここも大嘘♪ 詩織が言うレイプドラッグってほぼ間違いなく「ロヒプノール」と言う中長期型の無味無臭の睡眠薬♪ 飲んだことが無ければ効果も解らないと思うけれど、もし大量に飲まされていたなら記憶欠損でレイプされても全く起きないはず♪ アメリカでは禁止薬物だけど、不眠症によく効くので日本では処方して貰えるニダ♪アメリカに住んでいて、一時帰国の山口氏が何故そんな睡眠薬を持っているニカ?アメリカでは絶対に処方も持ち込みも出来ない睡眠薬ニダよ?それに避妊具を付けていないとか何故はっきり詩織に解ったニカ?そこがまず詩織がついている一番の嘘♪

 パニックに陥った詩織さんはトイレに駆け込み、自分の体を確認すると、ところどころ赤くなり、血がにじんでいた。はい出るように服を着て、ホテルを出た際の心境を彼女は著書でこう記す。

ゲロ吐きまくって、自分の服を汚すようなオンナがあちこちぶつかってアザが出来るなんて普通では無いニカ?トド子が山口氏の立場ならゲロ吐きオンナにうんざりして放置して帰ると思うニダ♪そのゲロを始末して貰って、服まで借りて帰るオンナってどんなオンナよ?だいたいゲロ臭いオンナに性欲湧くオトコなんていないと思うニダ♪ しかもツインルームのホテルでゲロ吐いた詩織は手前に寝かせて、山口氏は奥のベッドに寝ていたはず♪ 詩織が素っ裸で山口氏のベッドに行ったと言うのが真実でしょうに♪

〈私は自分が被害者になるまで、性犯罪がどれほど暴力的かを理解していなかった。頭ではわかったつもりでいても、それがどれほど破壊的な行為であるか、知らなかった〉

性犯罪が暴力的では無く、詩織のハニトラが稚拙なだけで、暴れまくるゲロ吐き悪臭オンナを介護した山口氏の親切に感謝するべきニダね♪どうせ串焼き屋も寿司屋もタクシー代もホテル代も全部山口氏に出させたんでしょう?どういう図々しいオンナニカ?詩織は♪

 その後、詩織さんは警察に被害届を提出。山口氏を準強姦容疑で告発し、裁判所から逮捕状も出た。だが、逮捕当日になり、刑事部長の判断で突然執行が中止に。結果、2016年7月に「嫌疑不十分」として不起訴になった。

ここも明らかにおかしい部分♪ 本当にレイプ被害にあっていたら、まずフロントに電話して病院に駆け込み、血液検査をして貰い、膣の内液を採取して貰うのが先決のはず♪ 妊娠したらとかパニックになっていても、まともな女性なら取れる行動ニダ♪ 血液検査で違法な薬物が出てきたら、それを証拠に山口氏は現行犯逮捕出来たはずニダ♪ それをせずのんきにメールのやり取りしていた詩織に「レイプ被害者」である資格など無いニダ♪ セックスしてても合意だったはず。ただし詩織のアホなところは山口氏が詩織に思いを寄せる事の無い方だった事ニダね♪

 これを不服とした彼女は独自に証拠を集め、今年5月、検察審査会に審査を申請。同時に東京・霞が関の司法クラブで会見をし、「レイプは魂の殺人です。レイプという行為は私を内側から殺しました」と訴えた。当時の心境について、詩織さんはこう語る。

「会見前には『リクルートスーツを着るように』との助言もありましたが、普段着の麻のシャツを選びました。『被害者なら白いシャツのボタンを首元まで留めて泣くだろう』という声もありましたが、このようなイメージに当てはまらなければ信じてもらえない。このステレオタイプを打ち壊したかったんです」

充分詩織の会見の格好で「ああ、このアマは大嘘つきだ♪」とピンときたニダよ♪ 顔も整形お化け、格好も風俗嬢の私服らしくて♪

 一方、山口氏は雑誌『月刊Hanada』12月号に寄せた手記『私を訴えた伊藤詩織さんへ』のなかで、性行為があったことは認めながらもデートレイプドラッグの使用は否定。詩織さんは自らの飲酒で泥酔した後、「大人の女性」として行動したと主張した。この見解について、詩織さんは短く述べる。

「私が確認した事実は、山口氏がこの手記で“私が意図的に隠している”と指摘したことも含めて、すべて本に書きました。これを読んでいただければわかると思います」

大嘘つき♪ トド子はBlacKBoX読んだけど、肝心な事は全て隠して、どこがノンフィクションニカ?元キャバ嬢が熟睡して朝立ちしている男性にまたがって射精させた♪ これが真実でしょうに♪ 自分をマスメディアに売り込むための手段で♪ 

 山口氏は安倍晋三首相(63才)と親しく、「総理に最も食い込む男」と呼ばれる。

 前述の通り、逮捕状を取った警察が当日に山口氏の逮捕を取りやめたことや、当時の刑事部長が自ら逮捕取りやめを指示したことを認めたことを『週刊新潮』が報じたことから、この事件は政治的な側面ばかり注目されるようになった。

話自体はシンプル過ぎるほどシンプルニダ♪ 風俗嬢の詩織が客のコネでのし上がろうとしたら、その客は男色家だった♪それだけニダ♪ 男色家がゲロ吐き整形オンナに逆レイプされたけれど、カミングアウト出来ないし、詩織の正体がバレたから逮捕なんて無かったという事でしょうに♪

 だが、詩織さんが素性を明かしてまで訴えたかったのは、シンプルなことだ。

「私は山口氏と闘うつもりはありません。日本の司法、捜査、社会のシステムを問うために会見をしました。この全てがきちんと機能していれば、思い出したくないような話を公然の場ですることはなかったでしょう。このような経験を、妹や周囲の大事な人には絶対にしてほしくなかった。今の仕組みを変えていきたい。それが私の望みです」(詩織さん)

民事裁判で戦うとまでつい先日言ってた詩織が全面的に撤回?ふ~ん、要するに詩織は山口氏に逆告訴されたら完全に負けると解っているからよね?だってあり得ないんだもん♪ 山口氏が詩織をレイプだなんて初めから♪ もしセックスしてたとしたら「逆レイプ」されたのは山口氏ね♪とトド子は思っていたニダよ♪「闘うつもりがない」って当たり前ニダね♪ そもそもレイプ被害も無いのだから♪ 売名して暴露本出して、サンデーモーニングのコメンテーターになれれば良いのだし♪ 整形と言うのも大々的に公表して、オンナを使いのし上がるHow to本でも出せば?トド子が買ってやるニダよ♪

※女性セブン2017年11月23日号

今日の一言

痴漢冤罪の国際版をリアルタイムで見たニダねえ♪ 詩織はいつまでマスゴミに押されるニカ?

ジャンル:
ウェブログ
コメント (7)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 銀蝿天皇教にお仕置きニダ♪ | トップ | 11月13日(月)のつぶやき »
最近の画像もっと見る

7 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
言うことが、突然変わる人は信用できない (美しい日本)
2017-11-14 00:39:47
トド子様  こんばんは

平然と途中で証言(説明)を変える詩織さんは、
トランプ大統領に恥知らずにも抱きつきにいった、自称慰安婦の李容洙(イ・ヨンス)さんと相通ずるものがありますね。

李容洙さんも、コロコロ証言が変わる事で知られています。

そうなるのは、“証言が虚偽”だからなのでしょうが、
詩織さんも、重要なはずの証言が途中で変わるのは、トド子様ご指摘のように虚偽だからなのでしょう。


そういえば、伏見容疑者も言っている事が、いつの間にか変わっています(初期は落伍者→いつの間にか、優雅な生活を送る元エリートサラリーマン設定に…)。
また、ブログを削除して言ってない事(なかった事)にしたり…。

《注》容疑者:マスコミが生み出した言葉で、事件の捜査対象者の総称として用いている。
外国人特派員協会 (吉川広家)
2017-11-14 08:59:31
詩織さんの記者会見がひらかれた外国人特派員協会って、2015年にISに処刑された後藤健二さんのおかあさん(石堂順子さん)が記者会見を開いた場所ですよね。

あのときも「なぜ今になって?」「なぜここでいう?」「唐突に政権批判ですか?」と思ったのですね。脈絡がなくて結局何を言いたかったのか意味不明だった点も共通しています。

偶然の一致かもしれませんが、ひどい既視感です。もしかしてバックにいる人が同じなのでは?と勘ぐっちゃった次第です。
Unknown (つむぎ)
2017-11-14 09:41:18
露骨に目を大きく整形すると・・・・・

三白眼になってしまうのですね。
美しいというよりも、不気味で気持ち悪いですわ!

あ、やっていることも限りなくキモチワルイんでしたね。
情報発信基地とのリンク (伊藤知昭)
2017-11-14 10:11:57
トド子姫様

御多忙中、お邪魔致します。

場所が場所。
情報統制で日本を貶める情報機関の現代版。

詩織事案は安倍政権への超法規攻撃兵器。
ある意味好都合な脳内回路とサイボーグ。


文仁親王と悠仁親王の御代を目指して。

今後とも、宜しくお願い致します。
記者会見 (はれ)
2017-11-14 11:23:46
滔々と捏造を垂れる人は目立ちたがりの虚言癖劇場版人格障害。被害者になれば憐れみと同情を受ける。自分の意のままに操れるとこういう席に出てくるのでしょうか。
なんだかあの民族の性格みたいですね。
記者会見をセットする人は詩織さんと打ち合わせして、よし、これでいける!なんて考えた人達ですよね。ははは。
誰なんでしょうか。なんだか中・北南朝鮮人の工作員にみえてきました。最近朝日毎日中日神奈川新聞も中・北南朝鮮人工作員に見えてきて困っています。
(笑)内容はすべてあちらを持ち上げた記事ばかり。
朝日の知っ特、なっ特の欄に何気に「僕も大好きなk-POPグループ2pmの・離れていても・を最後に歌って旅立ちたいなあ。」「寒流好きだもんね」
在宅医療の話にまで織り交ぜる!あ、同胞だもんね。
女豹 (くるりんゆず)
2017-11-14 13:54:46
トド子さまこんにちは。

普通レイプされたからと言ってここまで
ガンガン メディアに出たり本書いたりしないですよね。
従軍慰安婦で騒ぐ方たちとと重なってしまう。

そして執念深く山口さんを追いかけている感があります。女豹のように。あの目に現れている。
一晩過ごして惚れてしまい、でも冷たくされて
復讐の鬼になったのでは?と思います。


山口さんのご家族が今回の件で
体調を悪くされて本当に気の毒です。

事件当時、待ち合わせた店に山口さんが着いたとき
すでに彼女は相当飲んでいて
更に自分からガンガン飲んで
山口さんが止めるのも聞かなかった…。
あまりの豪快な飲みっぷりに
お店の方が写真を撮ったという話もあります。

そして入った店の一つは
山口さんの身内も通う行きつけの店。
そんなところで酒に薬なんか入れないでしょう。
飲み過ぎた彼女はトイレでゲロゲロ
ずっと出てこないし
一つしかないトイレだから周りに迷惑かけまくり。

山口さんが最近仕事を再開されたようで
これ以上彼女に邪魔されないことを祈ります。



戦略と戦術 (神田川の向かい側)
2017-11-15 21:51:56
彼女は自らを売り出すにあたって、選択すべき基本的グランドデザインを違えたと感じます。オシイと思います。.....皮肉では無く本当に惜しい。表通りの国際ジャーナリストなぞ、帝大か早慶、あるいは上智かICU出のお上品な皆さんに任せて、日大OGにふさわしい「肉弾戦」に活路を見いたすべきだったと思慮します。ニューヨークに渡ってピアノバーで体を張る・・・・。凄い!流石は日大工兵隊の後輩。余人に真似はできかねます。体を張っている!ならばその体験を武器に「イエローキャブ」の先例に習い、壮絶体験ルポルタージュをものにしてジャーナリストととして世に出る術を模索するべきでした。惜しいと思います。世の中には、女湯盗撮記事で日銭を稼ぎ、いつの間にやら東宮御用記者の地位を確保した強者も居るのです。惜しい・・・・本当に惜しいとおもいます。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

日記」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL