スーパーももちゃんはミスうちゅうかん

サザンファンの介護福祉士です。阪神の糸井選手と同じ誕生日なのでこのタイトルになりました。

天使のような悪魔の笑顔。

2017年03月07日 23時10分24秒 | スパももちゃんソングブック

この話はブログに書きたくて書きたくてうずうずしていましたが、試験勉強優先で今日になりました。

 

きっかけはこの話。

http://blog.livedoor.jp/nanjstu/archives/50786100.html

 

元千葉ロッテの里崎智也さんが順位予想で中日を最下位にしていたので「これじゃあ『大天使じゃなくて悪魔!!』」と思ったら近藤真彦さんの「ミッドナイトシャッフル」を思い出した。

https://www.youtube.com/watch?v=8MFCLQzOcsI

 

里崎智也さんが大天使と言われる理由はこちらに書かれています。

http://dic.nicovideo.jp/a/%E9%87%8C%E5%B4%8E%E6%99%BA%E4%B9%9F

 

余談ですが例の騒動でブラック企業呼ばわりされた芸能プロダクションレブロとタレント契約を結んでいます。

 

改めて「ミッドナイトシャッフル」を聴いたら奥の深い曲であることに気が付きました。

 

「ミッドナイトシャッフル」はジャニーズの後輩でもあるKinkiKidsの堂本光一君が主演を務めた日テレのドラマ「銀狼怪奇ファイル」のオープニングとして使われ、(エンディングは堂本光一君の曲でKinkiのファーストアルバムにも収録)久々の大ヒットということもあって昭和63年ぶりに紅白歌合戦に出演し、野村義男さんと共演しました。

 

作曲が武富士のCMでおなじみのジョー・イリノエということもあって、スピード感とロック色が強い曲です。

 

16年前に結婚で当時勤務していた会社を退職したときの送別会で苦し紛れに歌ったのもこの曲。

 

「ミッドナイトシャッフル」が出る前年の暮れに6年間勤めていた会社を退職して悶々とした生活を送っていた時で、その時にウルフルズの「ガッツだぜ!!」に励まされました。

 

でもこの曲がリリースした当時は前年が阪神大震災とオウムの事件で不穏が漂った年ということや、薬害エイズの事件や官僚の不祥事や私利私欲に走る女子高生と言った問題も出ていました。

 

サザンの「汚れた台所」に出てくる政治家や女子高生を真面目にぼこぼこにしてやりたいと憎しみの感情を抱きました。

 

私は根っからの田原俊彦さん派ですが「ミッドナイトシャッフル」は歌詞の世界が共感できます。

 

オウムの事件が起きたときに関わった人間が俗にいうスクールカーストの上でいう「優等生」や一流大学に通う「エリート」だったことと中学時代に陰湿な先生やヤンキーが多く、スクールカーストのひどい環境にいたことや女子高で父親とうまくいかないクラスメートを見ていたせいもあってそういった人たちを憎しみの感情で見ていました。

 

それを引きずったまま大人になって会社を辞めたのも精神的に疲れたというのもありました。

 

改めて聴くと「天使と悪魔」の歌詞に人間のエゴや二面性が出ていることが歌われています。

 

マッチもこの曲の歌詞同様にあの件でジャニーズと中森明菜さんとの関係で「天使と悪魔」の感情に苦しんでいたのかもしれない。

 

このご時世配信(iTunes)でDL出来ると思ったらありませんでした。11年前にリリースされたベストアルバムに収録されているので会ったら借りてきます。

 

最後に「ミッドナイトシャッフル」の歌詞ではありませんが「うたばん」のアントニオ猪木カルトクイズで負けた罰ゲームで「経験2」を作った時に「これはタカさんと中居君に対するいやがらせです。」と挑発した時の桑田佳祐さんも「天使と悪魔」が入っていた。


ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 続こんなにハードになるとは... | トップ | ヤマト運輸のセキュリティパ... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。