老猿のオットット人生

石橋を叩いて渡れずオットットと転んで渡って七転び八起きならぬ七転八倒の人生

no.1565

2016年12月10日 10時00分33秒 | Weblog
・組手。

・マットを使っていたので安心して刈ることができた。

・床でこの様な刈り方をしたら、後頭部を打って事故につながる可能性がある。






相手の左足が極端に前に出ているのを見極めパンチで牽制しながら接近



接近しながら小外刈を狙う



小外刈



小内刈りが効果的に極まった



前足にかなりの重心がかかっていた分大きく引っ繰り返る



刈った足がこんなに上がるとは予想していなかった



ほとんど垂直に上がっている
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« no.1564 | トップ | no.1566 »

コメントを投稿

Weblog」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL