老猿のオットット人生

石橋を叩いて渡れずオットットと転んで渡って七転び八起きならぬ七転八倒の人生

no.1547

2016年11月08日 10時10分21秒 | Weblog
・組手。

・腕を取られたら、顔面パンチで攻めて逃げるのがよい。

・投技で崩して逃げても良いが、崩し方を間違えると便乗して腕を余計極めてくる場合がある。

・この場合は、腕を取られた瞬間に相手の意図が分かったので、回り込んでパンチを打つのが早かった。





腕を取られた



取った腕を極めにきた



腰のあたりに肘関節がきて極められそう



極められる前に動いて



相手の正面に回り込み



右のパンチを



顔面に叩き込んだ
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« no.1546 | トップ | no.1548 »

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL