老猿のオットット人生

石橋を叩いて渡れずオットットと転んで渡って七転び八起きならぬ七転八倒の人生

no.1523

2016年10月13日 13時22分03秒 | Weblog
・警棒組手。

・警棒組手の投げはなかなか極まらない。警棒の分だけ伸びしろがあるから。

・そこで崩しを目的に投技を行い、その後で何等かの技で極めるようにする。

・午前中にupしようと思っていたのだが、水を飲んだら気管支が閉じて呼吸困難に。

・意識を失う直前に僅かに息をすることができて何とか復活。午後からのupになってしまった。






強引に体落とし



警棒の分だけ伸びしろが有るので極まらない



掛けた足を



外して逃げた



一応振り回して



正面に来た所で



狙いすましてアッパーカット

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« no.1522 | トップ | no.1524 »

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL